{D0B18C4D-A7D0-4EFC-B1E7-0F9396F4F6AF:01}


{5AC36C15-53FE-4871-AD9E-E363D2CD9695:01}

{5F16691C-BBF5-48D0-91EF-CCB8C22EF6DD:01}

{B7B01173-7C2F-445D-A8F7-98F1AC698334:01}
3/20(日)モノマネ(コラボ)イベントinそっくり館キサラ

(限定100人、1時間半を2回、飲み放題つきで4500円)

3/27(日)misoNosukenbow feat.まちゅ with 赤崎夏実

inたむけんの奈良のカフェの下のシロちゃんハウス

(限定100人、2時間を2回、ワンドリンクつきで4000円)

↑2つの詳細は、misono official LINEでも、アップしますが、

3/27のセットリストも、3/20の内容も、事前に公式ラインで、バラすパターンにします(笑)

“先に公開した方が、沢山の人に集まってもらえる”という結果が出てるので!

~3/27について~

ツアーもやらないし“ワンマン”は、サンリオピューロランドだけしかやらないし、

地方のミモラには、いつも関東まで見に来てもらってるから、

関西ミモラの為にも“久々に珍しく”ライブをやります(笑)

前回、常に“キャンセル待ち”だったので、今回は当日券も出します!

たむけんは、ツイッターで「僕は何もしてませんよ。

ファンの事が大好きなmisonoが皆の為に考えたんですよ」ってツイートしてましたが…

たむけんが、ライブハウスをかしてくれたから、成立したので!

たむけんがいなきゃ、関西では出来なかったという事になるので!

あとは“会いに来てくれたミモラ”のおかげです!

第1回目が、ちゃんと完売して、結果を残せたから、

第2回目を開催できるので“足を運んでくれたファン”に感謝です!

それと“おはよう朝日”なっちゃん(エレクトーン)とのコラボ&

(山田親太朗がボーカルをつとめるバンド“HighsidE”のベース&ドラム)

kenbow(ギター)Nosuke(カホン)との、アコースティックversionが、大成功&大好評で、

2/20、2/27のライブイベント(30分)のみじゃ、もったいなくて!

「関西の人達にも、お披露目したくなった」っていう想いもあって!

プライベートで、仕事(仲間)を決めたり、友達と仕事が出来るだなんて、

幸せ者で、素敵な事だから、素晴らしい時間&場所になるんだと思う!

何より“下積み&地道な活動”の方が面白いし、楽しめてる!

2015/12/25の“涙と笑顔”や、2016/2/20の“感動と面白さ”を再現&表現したい(笑)

~3/20について~

モノマネ番組に出始めた頃も「何がやりたいんだろう」

「何処に向かってるんだろう」と批判されたけど、

「misonoには“音楽だけ”じゃなく、モノマネ“も”ある」

今misonoにモノマネがなかったら、こんなイベントは、開催できなかったし、

“歌が唄える”TVにも出演させてもらえない訳で…

(有り難い事に、4月にも、モノマネ番組の収録があります!)

モノマネ番組も、オーディションがあるし、実力のある人だけしか出れないから、

まず!モノマネのプロの方々と一緒に、出演できた時点で、奇跡なのです!

だって本業の方々は、毎日のように、店や営業で、経験をつんでらっしゃるのだから!

本来なら…2016年は6月まで“会える機会”はなかったので、

(2、3月のライブだけで言うと)HighsidE、ジーニー堤さん、IZAMさん、

あとは「たむらけんじ、田村淳の言葉があるから」でしかないのです!

(中川翔子ちゃん、鈴木奈々ちゃん、misonoのモノマネをする)まちゅ、

(里田まいちゃんのソックリさん)徳永なおの“夢が叶った日”でもあるんだって!

叶えてもらう立場だった自分が、誰かの夢を叶えてあげられて、良かった!

~2/28大阪、3/6名古屋~

ミニオンズ ラン フェスだって、あんなに沢山、エイベックスの人が出るというのに、

misonoは断られてて(笑)1月にスタッフさんと知り合って、直談判して決まったし!

aーnationでは、毎回10分だけしかもらえない中…40分も時間をくださったし!

レギュラー番組“音ボケPOPS”がなければ、misonoが毎週、世に出る事はないから、

「misono消えたね」ってなってたはずだから、頭あがらない!

さらに!ホストのイベントで、お世話になってるスタッフさんからも、

またまた直接オファーをしてきて下さり…雑誌&看板のオファーが!?

とにかく!こうして↑結局は“人との繋がり&気持ち”なんだよね…

“仕事を優先してきた自分”ではありますが、残ったのは、

“恋愛”でも“仕事”でも“音楽”でもなく“友情”であるという事。

よって“遠くにいるLOVEな人”より“近くにいるlikeな人”

~抱負~

自分の出る番組が、放送される前から、話題になる事は嬉しいし、

2015年12月に出た番組も、数少ないのに、3つともネットニュースになってた。

自分が出ていなくても、名前を出していただける事は、有り難いんだけど、

アメブロまでニュースになるから、記事がありすぎて、自分も、ついていけてない(笑)

何かをする度に、Yahoo!に登場する事は、嫌だった…けど、

misonoの名前が、毎回、トレンド入りする事は、良い事!

“旬”なら1回は、誰だって呼ばれるから、色んな番組に出る事も、凄いし必要だけど、

出た事がある番組に“何回も出れる”方が、大事で、素敵な事だと感じてる。

“売れてたら出れる”けど“売れてるから”であって…

ただ、現在misonoに関わって下さってるスタッフさん達は、

そんなの関係なく「また&まだmisonoを使いたい!と思ってくれたから」だし、

バッシングされない、好感度の高い人の事を「いいな」って思った時もあったけど、

「誰の頭、心の中にも、残らない」「誰かの耳、目にも止まらない」よりかは、いいかな?と!

ツイッターで、misonoの事を、ツイートされるのも、怖くなってしまってるけど…

出演してなくても、思い出してもらえる位“嫌われてる”なら、むしろ救われます。

“知る人ぞ知る有名人”ではなく“国民的な芸能人”になれたって事で、

存在価値があるし、理由になるし、意味をもつから。

「バラエティーに出れば、ファンが増える」と思ってたけど「どんどん嫌われていく」し、

「露出を増やせば、CDも売れる」と言われてたけど、違った。

「痩せれば&歌がうまければ&顔が良ければ、売れる」と言われたけど、そうじゃなかった。

「ライブイベントも沢山やった方がいい」と言う人もいるけど、

やればやる程&沢山ありすぎても「次あったら行きます」

「また今度あるから今回は諦めよう」ってなったりしたし。

難しい…けど“思い通り”にはならなくても“予想通り”ではありたい。

「最近misono見なくなったから、寂しい…もっと出て下さい」とも、言われますが、

今でも「休みが欲しい」って思うスケジュールだから、

年齢的にも&体力的にも、これ以上、忙しくする事は、不可能です(笑)

2007年~バラエティーに進出して、今でも芸能界にい続けてられてるけど、

エイベックスに所属してる人の中で“TVのみ”なら、1番、出てるはず(笑)

17歳でデビューして、day after tomorrowの3年間は、

忙しくはなかったけど、友達も少なかったし、お金もなかったから、遊べず…

1年間、休止して、ソロデビューしてからも、売れなかったから、暇だった。

でも、自分に余裕もなかったし「遊んでる場合じゃなかったから」遊ばず…

自分の事で、精一杯で、人の事まで考えられなかった。

2007年~2015年までは、申し訳ないけど、仕事がずっとある状況で、

(結婚式、お葬式にも参加できない位)仕事をしてきた。

2016年も、大きな仕事が2つもあるから、大切な仕事2つが、終わるまでは、

仕事に集中しつつも“misonoだけ”じゃなく“美苑”としても、充実した1年にしたい。

31歳になったんだから、友達との思い出も、沢山つくりたいし。

だから“お金&時間&愛の無駄遣い”は、もうしない。

皆から、反対された彼氏であっても“自分にとっては、最高の恋人&素敵な経験”だったから、

同じような人を好きになってきたけど、しょーもない男との、小さな恋愛も、もう必要ない。

別れてからも諦めずにいてくれて「よりを戻したい」と、

何度も連絡をしてきてくれてた元彼の嘘も、新年早々…発覚したばっかり(笑)

“周りにいる人”を大切にしなきゃ、ファンの事も、幸せに出来ないはずだから、

今、残ってる人の事は、大好きだから“広く浅く”は、やめて“狭く深く”にする。

もうコレ以上“仲間”を増やしたくなくて、最初から連絡先を交換しないよーにしてるため、

「misonoちゃん、好きだったから、話かけたんだけど、冷たかった」と言われたり、

misonoって、初対面の人には、印象が良くないから「気をつけて」って話もされるんだけど、

自分は「嫌い」「合わない」とかではないので、気を悪くしないでいただきたいです。

自分は、滅多に人と喧嘩しないし、1回、好きになったら、中々、嫌いになれないし、

元彼とも、仲良いくらいだから“疎遠”になる事は、滅多にない。

だから、あとにもさきにも“嫌いな芸能人1人、許せない(芸能)人4人”だけしか現れないと思うし。

ネットで、噂されてる人は「全員、違います」なんなら、好きな人ばっかりです!

クソと関わったおかげで、気付けた訳だから=こうなれたのだって、ヤな奴に感謝なのである。

“出会い、別れ、人との繋がり”を大事にしてる自分だから、

嫌いになった人の事も、大事に想ってきたし、アンチとも、向き合ってきたけど、

やっぱり、自分の家族、スタッフ、ファン、同性の友達、異性の友達を、

裏切るような奴とは、申し訳ないけど、付き合いきれない。

仕事でも、プライベートでも“嘘をつかれて→バレて”

被害にあったので、久々に珍しく、縁を切らせていただきました。

そしたら、周りの人達も、その人から離れてたし、

そーゆー人って、友達いないから、あながち間違ってなかったんだなって。

「人のフリみて我がフリなおせ」→「クソのクソみて我がクソなおせ」

「類は友を呼ぶ」→「クソはクソを呼ぶ」から、

「クソはクソと出会い→クソ同士、付き合う」ので、

あの人のせいで「もう恋したくない」「もう人を信じられない」とか、相手のせいにするのではなく、

“周りは「自分をうつしだす」鏡だから”責めるとしたら、自分が悪い。

素敵な人と出会って、素敵な人と付き合いたいなら、

まずは、自分が素敵な人になる事。そして裏側を見られても、素敵である事。

ただ「正直に生きるのは、難しい」世界でもあるから、大変だけど。

嘘も貫き通せば“本当”になるし「嘘つきに騙されて満たされたい」人も沢山いるけど、

偽者の愛は、必ずバレるっていう“真実”を信じてる。

偽物の夢に溺れても、泳ぎ疲れて、水面にあがってみたら、あとは、苦しむだけ。

確かに、ゴマすって、媚びをうってる奴の方が、世渡り上手で、成功しやすいけど、

自分の幸せだけしか考えられない人は、幸せにはなれないはず。長くは生き残れないはず。

「正直者はバカをみる」けど、嘘をつくバカも沢山いるし、バカほど、バレる嘘をつく。

だから、美苑はmisonoと同じく、包み隠さず、胸をはって、堂々と、

「自分に素直に、周りにバカ正直に生きていきます」

~P.S~

倖田來未さんが、TVにうつる度に、misonoの事まで、呟いて下さってたのは、嬉しい!

「歌はうまいのに」「あの曲は好きなのに」「喋らなきゃ可愛いのに」とか…

ホメられてるのかどうかさえ、分からないけど(笑)

“書いてくれた”事に、意味と理由があるから、内容はいいんです!

「何で、姉の事を好きだからって、妹の事まで応援しなきゃいけないの」

「倖田來未は好きだけど、misonoは嫌い」って人を、よく発見するんだけど、

姉妹、似てないし、違う事をやってるから“倖田組モラ”は「奇跡」だと分かってるので!

day after tomorrowのファンは、misonoのファンになる訳がないし、同様、

倖田組の人達が、ミモラにならないのは、普通&当たり前な事だと思う!

だからこそ、ミモラの次に“組員の方々”を、大切に想ってるので!


{2F8CBE2E-CDA0-4C6F-8300-019F9DD70301:01}
 {9218A904-1A20-47D6-ACDC-A61EFF7DFEA2:01}

{D3147FBE-9B20-49DD-A408-F598C02431A0:01}

{F89025C5-C319-4229-A4E3-B5D7A4F332F4:01}

{8486293C-9E84-465D-986C-870C2B8FE166:01}



AD