12/5、どビギ最終戦‥

テーマ:
週刊!minivanが欲しい~
 今年最後のどビギも大勢のライダーでごった返す‥
2010年最後のどビギナートライアル大会はここ真壁で、一日好天に恵まれ、150名のライダーを向かえ賑やかに開催されました。
12セクション×2ラップ、10時スタート2時ゴール、当日受付でエントリーフィー三千円と景品多数とお財布にも嬉しいイベントでありながら、150名も集まると、老若男女、小さいお子様や女性から、上は多分70歳台はどうだろうか、でも60歳台の熟年ライダーも、入門したての初心者から上は国際A級のトップライダーまでが入り乱れて、それぞれのトライアルも観賞でき、我がトライアル道も満喫できる、見ても参加しても楽しい大会なのです。

駐車場を振り返って見ても、ご覧のように隙間なくトランポで埋め尽くされる‥まるで全日本選手権のような偉大なる草大会であります^^

$週刊!minivanが欲しい~
 今朝は四時半に起床‥当然目覚し時計に頼らず^^
静かに身支度を済ませ、予め準備を済ませたトランポを暖機運転させる。
ガレージから静かに発進させ、一路80km/hで常磐高速を巡航する。
このクーラーのない54年式TNアクティ、最初はサーモ不良でヒーターが利かず冬場は寒さに耐え、今夏のあの猛暑にも耐え抜いてはや一年、二回目の冬を迎えてヒーターの有難味をやっと味わった^^
会場の駐車場では、あちこちでライダー同士の談笑の中にも、暖機やら整備やらに余念がありません。吐く息白く寒い冬の朝、さぁこれから走るぞと秘めた闘志に、一種の緊張感をもたらすスタートの時間帯がとても好きです。
いや好きだった、12年も続けると最近はちょっとマンネリ気味かな‥あの始めた頃の大会の緊張感は今でも忘れられません^^
そんな緊張感も微塵も感じられない、和気あいあいと呑んびりしたスタート風景も、この偉大なる草大会のなせる技とでも云いましょうか、こんなボランティア精神溢れる大会が、きっと底辺を拡大させる一役を担っているのではないでしょうか。
ところで本日の成績ですが、減点35、クリーン数‥忘れました^^;
毎度のことですが、下から数えた方が早い位置を、ここのところキープしてるようです。

そんな中、我ら一緒に楽しんだベルドンS藤さんが減点5点と、見事いつもの粘り腰で優勝をかっさらった‥この画像はトライアル仲間が待つ世界に配信されるそうだ‥^^


AD

コメント(2)