4/3 伊豆山トレッキング!

テーマ:
週刊!minivanが欲しい~
 午前三時半、眠い目をこすり布団からようやく起きだす‥
家族の深い眠りにつく中をこっそりと準備し、暖気もそこそこにガレージを出発したのは、ジャスト午前四時。本日のルートは、東名高速から秦野中井を降りて、西湘バイパス二宮から135号線を一路伊東港へ。

$週刊!minivanが欲しい~
 午前六時半にはいつもの伊東港のデニーズへ‥
ここに集合してまずは朝デニを、本日のルートをおおかた決め、さっそく参加のトランポ四台でスタートしたのは八時を過ぎていた。
550ccの軽トラ、そこそこ慣れたとはいえ、ここまでのロングドライブでかなり腰に負担が、まだまだ軽トラ仕様の身体にはなっていないのか。
高低差の多い曲りくねった海岸線を、同じ調子でコンボイを組むには頻繁に行うシフトチェンジ、550ccとはいえ小気味のいい走りに、これはこれでまた楽しい^^

$週刊!minivanが欲しい~
 伊東から河津へ向かって、海沿いの駐車場にトランポを停め、愛車に跨る‥
135号の舗装道をツーリングし、無人の浜辺に到着。朝一にしては怖い岩場のセクションの出口に、恐れをなして見下ろす。
しかし、案外グリップの良い岩場よりも、海岸のゴロゴロと動く石の上の方がよっぽど怖くて辛い‥午前中のこのセクションをこなすだけで、すでに腕が上がってしまった^^;

$週刊!minivanが欲しい~
 稲取の漁港でお昼を済ませ、いよいよ山の中へと‥
林道という名の舗装路を駆け抜け、ここへ来たら必ず立ち寄る、トライアルには最適なフィールドへとやって来ました。
幾分水量が増え水没してるところもありますが、いつやって来ても、苔むした自然が残っている静かな森といった風情です。

$週刊!minivanが欲しい~
 さっそく辺りを走り回り、適当にセクションを設定して挑みます‥
もちろん設定してくれるのは、このトレッキングを主催してくれる〇山さん。
何処を走ってもバランスを崩さずスルスルっと走って行く。簡単なのかと思うとさにあらず。我々平民ライダーは幾度も幾度もつっかえては切替し、つっかえてはハンドルを持ち上げの繰り返し、ターンにしても際どいタイヤ一本のラインを糸も簡単に通してしまう。往年とはいえチャンピオンの走りは我々にとっては神がかり。
 
$週刊!minivanが欲しい~
 トライアルの醍醐味のひとつ、ドロドロのヌタヌタ‥
最近の大会は、この醍醐味のひとつが少なくなってきた、と嘆きながらこのセクションが出来てしまいました。しかし醍醐味とは云ってもやっぱり苦手ですな。この頃になると腕がパンパンに上がってくる。ドロドロヌタヌタを走る以前に、もうすでに指の握力がカラカラになってしまった^^;

$週刊!minivanが欲しい~
 お手本はこんな感じで‥
上の画像のドロドロのヌタヌタを左ターンで上がった後は、右にターンをして助走の少ない岩の登り。
もう少し助走があればすんなり登れてしまう岩ですが、それ以前にこのヌタヌタで悪戦苦闘し、ダラダラと岩の前まできた時には、もうすでにタイミングを逸しているのです‥トホホ^^;

$週刊!minivanが欲しい~
 さぁ今回の伊豆のトライアルも終わりが近づいてきた。
いつもは二日間の合宿ですが、今回は人数の都合で土曜日一日だけ。そのかわりに土曜日を目一杯走って、帰りに伊東港の銭湯にゆっくり浸かって、翌日の日曜日にはゆっくり身体を癒す‥
ところがとんでもない、日曜日になっても身体を休めるどころではなく、いたるところが筋肉痛でとてもまともに身体を動かすことができず、それでも土曜にできなかった買出しやら、娘の買い物で日曜日もフル稼働、家族三人を二人乗りの軽トラで何度往復したことか‥嬉しいやら辛いやらの週末でしたが、もう少しこんな土日が続きそうです^^



AD

コメント(6)