クロモジ蒸留会

{7E9040D5-FD02-4410-9826-D7076FE26905}
 
 
 
地元産のクロモジを使った蒸留会に参加しました。
 
といっても、テーマは精油のお話ではなくて、
 
地元の森林についての現状を知ること。
 
精油は森林組合さんが伐採してきた間伐材を使った副産物です。
 
 
日本の森林面積は、国土のおよそ67%(3分の2)だそう。
 
意外に多い?!
 
 
地球規模では、森林は陸地面積のおよそ30%。
 
世界では温暖化などで森林は年々減少傾向にありますが
 
日本の森林面積はほぼ変わらず なのだそう!
 
これも意外?!
 
 
逆に、森林蓄積(樹木の幹の体積)は増えてきているとのこと。
 
これは、樹木が伐採するサイズに成長しているのに
 
放置されている状態なのですって。
 
背景には、安価な輸入材ばかり使い、
 
国産の樹木を使わないことがあげられるそうです。
 
この状態が続くと、老木は次々と朽ちていき森は荒れ放題の危険が!
 
 
育った樹木は適切な時期に伐採して、また新しく木を植える、
 
若い木の方が老木より呼吸(成長)が盛んでCO2の蓄積も大きく
 
それが地球温暖化の貢献にもにつながっていく。
 
ということです。
 
木も地産地消がエコなのですね・・・・・
 
 
木は成長が遅く、寿命が長い植物です。
 
伐採して新しい木を植えることは
 
未来のこどもたちへの遺産として受け継がれていくんですね。
 
スケールの大きさを感じました。
 
 
 
 

 

 

{98C77FDC-BDC0-4984-B35B-FCC90DE52BD7}

 

 
 
そんなお話で感動しているうちにクロモジ蒸留が終了しました。
 
 
植樹林で育つ木の中で、クロモジは成長が早い方で、
 
放っておくと杉の成長を妨げることになるそうです。
 
なので、定期的は伐採が必要不可欠とのこと。
 
クロモジといえば、ローズウッドのような芳香が特徴ですよね~。
 
ローズウッドは絶滅危惧種で保護が必要ですが、
 
以外にも、身近なところで素晴らしい香りを持つ木が育っていて
 
伐採することが森の保護につながっていて・・・・・
 
これからはローズウッドよりクロモジを使おうっと照れ
 
 
クロモジと並んで香りのよい精油が取れる木に
 
ニオイコブシがありますが、こちらは成長が遅いので
 
たくさんは採れないそうです。
 
精油が採れる率も低い=高価になるのは仕方がないですね。
 
 
 
 

 

 

 

{3C699F6A-AC23-4271-88CD-369F2D86F208}

 

 
蒸留後のクロモジ。
 
ホカホカよい香りがあたりに充満~♡
 
最後にご担当者様から、
 
「電気を使って蒸留したり、
 
間伐材をガソリンを使って細かく粉砕したり、
 
エコの視点で考えると、こうした方法も今後は改善の余地があります」
 
と、お話があり、商業ベースでの採算性とどう折り合いをつけていくのか
 
考えさせられました。
 
 
 
長々とした記事にお付き合いいただき感謝です♡
 
暑い日が続きます。どうぞ皆様ご自愛くださいね。
 
 
 

 

AD

 

 

「魔女入門」というタイトルは、もともとはマーマーマガジンの服部みれいさんが

連載記事につけてくださったものです。

天然自然の背後の力を感じとり、魂の喜びとして生きていくための錬金術、

魔法的感受性を探る、という内容を目指したからです。(Amazonより抜粋)

 

 

服部みれいさんファンなワタシ。

 

こちらの本も読んでみたら・・・・・

 

日々の暮らしがちょっぴり楽しくなるエッセンスが

 

いっぱい詰まっていました♪

 

 

サブタイトルの七十二候について(ご存知の方はスルーしてね)

 

二十四節気は、1年を24の季節に分けますが、

 

七十二候はこれをさらに3つ(約5日)、72にわけた季節です。

 

今日、7月22日は二十四節気では大暑。

 

七十二候ではそれをさらに3つに分けて

 

7月22日~7月26日頃が、初候「きりはじめてはなをむすぶ 桐始結花」

 

7月27日~8月1日頃は、次候「つちうるおうてむしあつし 土潤溽暑」

 

8月2日~6日頃は、末候「たいうときどきふる 大雨時行」

 

となります。

 

 

七十二候は気候や季節の動植物の様子を短い文章で表しますが、

 

これが、発音してみるだけで、

 

なんだか楽しくなってくる「響き」があるんです♪

 

と、うきうきしておりましたら、あとがきで

 

「でも、言葉を知っただけで満足すると季節に触れた気になって

 

かえって自然が遠くなる危険もあります」と。

 

そうですよね、頭で知るだけではなくて、

 

身をもって体験しなくては!!!!!

 

桐の花は毎年(遠目で)見て、今年も桐の季節になったなぁと

 

気づきますが、そういえば実を見たことはなかったです。

 

 

 

 

 

そんな七十二の季節 折々で楽しみたい手仕事が上段に、

 

自然体な文章で綴られています♡

 

 

特に、御出汁についてのページではドキッ☆としました。

 

これまで、いい材料でいい御出汁をとって、、、

 

ということばかり気にかけていました。

 

ところが

 

「出汁なしで味わうと、その素材の新鮮さとか、生育の状況がよくわかって

とても面白いのです。出汁での味付けは、ここぞというときや、

一皿だけに絞ります」

 

へぇ~、そういうふうに考えることもできるんだ!!

 

お出汁が命!と思い込んでいた私の凝り固まった考えを

 

やさしくもみほぐしてくれました。

 

 

 

配達済みの封筒を裏返してとっておいて、また使う

 

 

母や祖母がやっていたようなことも出ていて、

 

なんだか嬉しくなり、、、

 

ふりかえって、断捨離=物を増やすまい!とこれまた頑なに

 

まだ使えるものまでポイポイ捨ててる自分ってどうなんだろう?と

 

反省してみたり。

 

 

野草や肩ひじ張らずに

 

毎日の暮らしのなかに少しだけでも手仕事をとりいれるだけで

 

心豊かに、楽しく暮らせる♪

 

 

そう思える 大好きな一冊となりました。

 

 

 

 

AD
{26CDDDFD-3784-4D21-8A8E-C6A1F4D37B05:01}



プリマヴェーラで、オーガニック精油の
3本セットを見つけました。


トライアルアロマ3本セットは

ラベンダー  ファイン(真正ラベンダー)
ペパーミント
ティートリー


シトラスアロマ3本セットは

レモン
スイートオレンジ
グレープフルーツ



ハンドケアのボランティアに行き始めた頃は、

某国内大手メーカーのものを使っていました。




ところがある時、

プリマヴェーラの精油を持って行ったところ、

みなさん、「いい香りねー、こっちがいい  !」と。

終わってみれば、プリマヴェーラの指名が90パーセント以上  
f^_^;)


香りはダイレクトに脳に届きますから、

いい香りのものを使う方が、

ハンドケア後のお顔の輝きも良いに決まってますよね。



施設利用者の皆様に大切なことを教えていただきました。



AD