2005-10-12 21:38:46

ユンソナ

テーマ:俳優
ユンソナイージーハングル Vol.2
ユンソナ, 野間 秀樹イージーハングル―Japanese Korean
 
 タレントのユンソナが、今度、韓国で日本語のアルバム「song bird」を発売するそうです。
 ところで、皆さん知ってましたか? ユンソナはタレント活動の名前、歌の活動のときのネーミングはsonaとなるそうです。

 ユンソナは、2000年に韓国で歌手デビューしているそうですが、現在、日本で活動しているので、韓国では再デビュー。再デビューが日本語の歌というのは、随分、韓国も変わったなーと実感しますね。何年か前までは、日本語の歌が禁止だったのを考えると隔世の感があります。


 発売する「song bird」は、今年3月にリリースした日本でのデビューアルバム。フジテレビ系で放送された韓国ドラマ「天国の階段」に使われた第1弾シングル「会いたい」や第2弾「コエヲキカセテ」など計11曲。


 ユンソナは、もともと韓国では女優としてデビュー(大学では演劇科卒)。でも日本ではバラエティー番組でよく見かけるので、このブログのテーマのどこに振り分けようかと迷いましたが「俳優」にしておきます(^^)

 そういえば、韓国ドラマ「愛の群像」では、ペ・ヨンジュンと共演していましたね。

☆sona公式サイトhttp://www.sonamusic.net/
ユンソナの 韓国ドラマでLet's!ハングル
ユンソナ ユンソナの韓国にオレオ!
ユンソナ 2006年度 カレンダー
sona, YOON SA RA, YOON IL SANG, 小林夏海, 鎌田雅人, 大塚利恵会いたい
マクザムレディ・ゴー ! DVD-BOX
マクザム愛の群像 DVD-BOX 1
マクザム 愛の群像 DVD-BOX 2
竹書房雪花(ゆきはな) ~snow flower~ DVD-BOX
ジェネオン エンタテインメントタナカヒロシのすべて デラックス版
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
2005-08-18 05:53:42

李麗仙(り・れいせん)

テーマ:俳優
李 麗仙五つの名前―生みの親は韓国、育ての親は日本

 現在、フジテレビの昼ドラ「契約結婚」(毎週月曜~金曜の13時30分放送)に福田八重子役で出演している李麗仙。このブログで紹介した作品の中では、映画「夜を賭けて」やドラマ「東京湾景」などに出演していました。


 本名は、大鶴初子。両親は在日韓国人ですが、李麗仙は帰化しているので本名は大鶴初子となります。芸名が韓国名で本名が日本名というのもおもしろいですね。


 唐十郎(から じゅうろう)が1960年に旗揚げした劇団状況劇場の看板女優として活躍していた彼女は、1967年に唐十郎と結婚、1988年に離婚しています。

 状況劇場は当時、新宿の花園神社で紅テントをたて公演して話題となったようです。そういう形式の芝居は斬新だったのでしょうね。

 前夫の唐十郎は、1983年 『佐川君からの手紙』で芥川賞受賞、また1997年10月に横浜国立大学の教授となって話題を呼びました。今年、近畿大学の教授に就任したようです。


 この2人の息子が俳優の大鶴義丹(マルシアの前夫)なのは、みなさんご存知ですね。

 

 ところで、李麗仙は、1987年に「李礼仙」→「李麗仙」へと改名していたのですね。彼女の独特のスゴミというのでしょうか(笑)、存在感には際立つものがあります。映画・ドラマ・芝居などで活躍する彼女。今後も更なる活躍を期待したいです。


鶴木 遵 李麗仙という名の女優
李麗仙 ひとりぼっちの鎮魂歌
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
2005-08-14 07:58:05

伊原剛志のブログ

テーマ:俳優
伊原剛志  
 
 テレビ・映画などで活躍中の俳優、伊原剛志が、自身の運営するブログ「志して候う」(ココログ)で、ごく普通に在日であることを語っています。

 私は、以前、彼がテレビ番組で自分の育った大阪を紹介するときに「韓国籍から帰化した」ことを話すのを見たことがあるので、在日出身であることを知っていました。

 芸能界では徐々に、雑誌、テレビなどで在日であることを公にしている人が増えてきているかもしれませんね。


 現在彼は、俳優業とともに、お好み焼「ぼちぼち」を13店舗経営する事業家としても活躍しているようです。

 また伊原剛志が主演した映画「ヒナゴン」情報あり。 

 

 詳しくは彼のブログへどうぞ↓

 「志して候う」http://iharatsuyoshi.cocolog-nifty.com/


アミューズソフトエンタテインメントガメラ THE BOX 1995-1999

鋤田 正義, 伊原 剛志, 田中 麗奈, 北沢 杏里鋤田正義画像集『波』―好きという思いをひもとく数十篇の小文とともに
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
2005-04-15 00:04:40

安蘭けい(宝塚歌劇団)

テーマ:俳優
 宝塚歌劇団の男役スター、安蘭けいは1991年「ベルサイユのバラ」で初舞台を踏んで以来、歌・ダンス・演技に磨きをかけ、今では、宝塚歌劇団の主要なスターの一人としての立場にあるようです。

 私が、彼女を知ったのは、ある在日韓国人系の新聞からでした。彼女のお父さん(関西にある在日本大韓民国民団の団長)が、自分の娘がタカラジェンヌであることを語っていたのですが、その娘というのが、安蘭けいでした。

 今年、宝塚歌劇団は、初めての韓国公演を予定しています。彼女には、特に頑張ってもらって、宝塚歌劇団の韓国公演を成功させてほしいです。かなり気さくな人みたいです。

著者: NoData タイトル: 宝塚パーソナルカレンダー安蘭けい 2005年 (2005)

いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。