2005-09-10 14:53:42

韓国旅行雑記③

テーマ:

るるぶ韓国―ソウル・釜山・済州島 (’05~’06)


 ソウル3日目、日本に戻る日。空港には出発時間の2時間前に行くのが鉄則です。すべての仕度が整いホテルをチェックアウト。タクシーに乗り込み金浦空港へと向かいます。

 「明日から会社かぁ~」と車中ぼっーとしていたら、金浦空港の国際線に到着。手続きのためアシアナ航空のカウンターへ。


 ところが、様子がおかしい! カウンターにスッタフが誰もいないのです。そんなバナナ!(寒~)

 キョロキョロ、あたりを見回して、アシアナ航空職員を発見、私の乗る飛行機のチケットを見せました。すると「もう飛行機は出発した」とのこと。

 なぜだ! なぜなんだ、ジョー! 頭が真っ白に。。。 壊れていました(笑)。

 

 ぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ~。

 

 そうです……。なんと私は、飛行機の出発時間を間違えていたのでした(トホホ。。。) 

  

 50回以上、訪韓して、こんな初歩的な間違いをおかすなんて初めてのことでした。また他の海外旅行でもありません。チケットはFIXで変更できません。

 とにかく、明日は仕事なので絶対、帰らなければいけません。しかし不安が。。。

 「チケット買えるんだろうか?」。 この路線は人気路線、もしかしたらウエイティングしても取れないかも……。

 とにかく、次の飛行機を調べました。JAL(日本航空)があります。発券カウンターに行ったら、後にしてくださいとのこと。約束時間まで待ちました。

 時間と同時に発券カウンターへ。


 やったー!!! 席とれました!! よかったー!


 金浦から羽田まで片道38万ウォン(3万8千円)。とんだ出費になりましたが帰れます。会社の会議に出れます。安堵しました。


*教訓 : 飛行機の時間は確認しましょう(^^;

05JAL機

 

 気持ちを切り替え、搭乗手続きを済ませ、金浦の免税店でショッピング。洋酒・タバコ、また冬のソナタのチョコを見つけ購入。その他諸々のお土産を買っていたら、ある女性店員と立ち話に。

 

店員:韓国語じょうずですね~

:在日で、ソウルにも仕事で3年いましたから。

店員:在日でも、韓国語ができる人とできない人がいますね。

:在日は、もう3世、4世の時代だから韓国語を知らない人がほとんどです。

店員:韓国人なのに、言葉ができないのって障害者のようですね。

:(えっ??? そして、怒! 在日にも障害者にも伝わらない心無い言葉。本国の韓国人には平気ででこういうことを言う人がたまにいるんです)  

:3世、4世になると言葉をしゃべれないのは普通です。どこの国でもそうですよ。アメリカに移民した日系人も3世、4世になると日本語を知らない。他の国も似たり寄ったりです。もちろん、言葉を話せるにこしたことはないでしょうが、あなたは発言は人の心を傷つける無神経な言葉です。この商品は返します。

 

 といって、その女性の扱うコーナーの品物、購入しませんでした。


 私事ですが、私は元々、韓国語がしゃべれませんでした。幸運にも仕事の関係でソウルに駐在する機会があり、韓国語を学ぶことができました。もし、このような機会がなかったら韓国語を勉強することもなかったと思うのです。
 

 私には、トラウマがありました。大学生のときに日本人の友達と初めて韓国を旅行したとき、入国審査で係員から「韓国人なのに韓国語も話せないなんて」とバカにされたように言われたのです。

 私は、その言葉を発奮材料とし、後に韓国語を学べばよかったのですが、ネガティブに考えてしまいました。

 そして、その時のソウル滞在中に、追い討ちをかけるような体験が……。
 

 私と一緒に旅行した日本人の友達は、大学で韓国語を学んでおり、少し言葉ができました。宿舎や行く先々で、その日本人の友達は「外国人なのに韓国語が話せるのは立派だ」と韓国人から賞賛を受けましたが、一方私は、韓国人なのに韓国語ができない、として惨めな体験をしたのです。私は初めての母国訪問で傷つき「韓国語を絶対、学ばない」と心に誓ったのでした。


 しかし、奇遇にも前述した通り、機会に恵まれ言葉を学習することができました。言葉ができるようになると世界観が広がるのは事実です。

 

 もし今後、南北が統一されれば、北東アジアのコリアンネットワーク創出も可能かも知れません。南北に7千万、日本に60数万、中国に200万以上、旧ソ連地域にも数十万のコリアンが在住し、太平洋を挟んでアメリカには200万以上のコリアンが暮らしています。


 韓国語ができることが将来、自分の活躍のフィールドを広げることに繋がります。


 現在、韓国語を学ぶ日本人が非常に増えています。一方、このブログを見ている在日の中で言葉を学習したことのない方がいたら、是非、学んでみることを勧めます。

 言葉ができなくても、全然、恥ずかしいことでも引け目を感じる必要はありません。ですが、言葉ができることで自分の可能性が広がります。

 私はそれを実感しました。


 脇道にそれましたが、以上で韓国旅行雑記を終わります。

 韓国は、食べ物、ショッピング、エステ、文化・歴史、お酒(笑)など楽しさで溢れています☆

マーティン・ロビンソン, アンドリュー・ベンダー, ロブ・ホワイト韓国
誰でも話せる海外旅行韓国語会話 会話集
るるぶ社海外ガイドブック編集部ソウル
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
2005-09-08 15:45:36

韓国旅行雑記②

テーマ:
韓流スターに近づきたい!
スターに逢えるかもしれないショップガイド―韓流スター御用達!

 2日目。実質、フル活動できるのは、この2日目しかありません。もう普通の観光客と化しています(笑)。

 朝、起きて部屋のカーテンを開くと目の前にモダンに衣替えしたソウル駅が見えます。

 ソウル駅

 しかし、モヤがかかっています。ソウルは盆地なので空気の流れが悪いのか、朝方はスッモグがかかったようになることがしばしばです。

 ホテルを出て目指すは明洞(ミョンドン)。途中、南大門市場(ナンデムンシ ジャン)を抜けて行きます。


  チュンムキムパップ

 朝食は「チュンム キムパップ」。私はこれが大好物です。「チュンム」は漢字で書くと「忠武」、「キムパップ」はノリ巻のことですが、この中に何も具の入っていないノリ巻とイカのキムチの組み合わせが絶妙の味なんです。ちょっと辛いけど……(笑)。

 

 そして食事後、明洞を散策。

  明洞聖堂 メトロホテル

 (写真左)韓国カトリックの総本山といえる明洞聖堂

 (写真右)あのメトロホテル(カビくさいが趣のあった 笑)が、お洒落なホテルに変貌!


  明洞から鍾路(チョンノ)へ向かう途中には、6月10日にブログで紹介した清溪川(チョンゲチョン) が流れていました。都市の真ん中で「道路」から「川」へと変貌を遂げた姿にちょっと感動しました。あとは川の両岸の舗道工事が少し残っているだけです。青々と草も生えていますね。

 チョンゲチョン  

 

 そして↓普信閣(ポシンガク)、鍾路タワービルを遠目に教保文庫へ。

 普信閣

 鍾路タワービル

 

 教保文庫はソウルの巨大な本屋さんです。雑誌やベストセラーなどをチェックし数冊購入。また友人の子供から頼まれていたゴムで出来ている韓国のメンコを購入しようと探したのですがありません。文房具屋にあると聞いたのですが……。店員に聞いてもわからず。

 ところが、私の話を小耳にした主婦が、そのメンコは 「チャン タッチ」 といって、小学校の近くの小さな文房具屋じゃないと売ってないことを教えてくれました。「チャン」は最高という意味だそうです。よってメンコ購入はあきらめました(ごめんね)。


 インサドン

 本屋での用事は済んだので、仁寺洞(インサドン)へと歩きます。仁寺洞は韓国の伝統的な小物や陶器、韓紙や筆・硯(すずり)など、色んなお土産がいっぱい安く売っているところです。ここで日本の知り合いへのお土産を幾つかゲットし、ロッテワールドへと向かいました。


 ロッテワールドには、もう5回ぐらい行っているのですが、韓国の知人の家族(子供連れ)とそこで落ち合うことになっていたのでした。(本当は行きたくなかった^^;)

 取りあえず、行ったからには楽しまなきゃ損です。子供主導で、ぐるぐると歩き回りました(ぐったり)。ここは韓国ドラマ「天国の階段」の舞台にもなったところなので、あのメリーゴーランドをパチリと写真に撮りました。テファが描いた壁画もメリーゴーランドの横にあります。

 また、ロッテワールドに行かれる方は、3Fの民俗博物館もタダで入れますから是非、立ち寄ってみてください。

 メリーゴーランド


 一通り、ロッテワールドで遊び倒して、知人の家の近くにある「ナクサンガーデン」という焼き肉屋で夕食。大学路(テハンノ)にあるのですが、ここは随分と変貌していますね。もともと画廊や劇場、カフェなどの多い文化発信の場所でしたが、今はビアホールやレストランまたカフェも、すごく増えていて若者向け歓楽街と化しています。

 焼肉

 そして饗宴は夜遅くまで続くのでした。

 

 ホテルに戻ると、暴飲暴食によって胃腸が痛み出しベッドの上でうずくまってしまいました。マジに死ぬかと思ったー! やばかったです(笑)。

 もともと辛いもの好きなので、調子にのってパクパクと際限なく食べていたのが原因でした。韓国では1日4食でした。教訓として①暴飲暴食は慎むこと②胃腸薬持参などを学びました^^ 


 翌日、悪夢の3日目を迎えます。。。(韓国旅行雑記③に続きます~)

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
2005-09-04 23:59:17

韓国旅行雑記①

テーマ:

地球の歩き方編集室ソウル―よくばり完全ガイド (2005-06)

 

 皆さん、ソウルから戻りました! 今回は2泊3日という短い旅でしたが、最後にとんでもないアクシデントに見舞われ、ちょっと反省の旅でもありました。


 では、初日から。

 韓国に仁川国際空港ができてから、ずっと成田⇔仁川空港を利用してきましたが、この度、初めて羽田⇔金浦空港を利用しました。やはり市内へのアクセスを考えると羽田⇔金浦間がとても便利です。しかし、羽田、金浦とも国内線がメインなので、国際線は小さい!

 羽田の国際線に入ったときこんなにも小さいのかって思いましたが、以前、台湾に行くときも羽田の国際線、利用したことがありました。忘れていました(^^;


 航空会社は、アシアナ航空。日本でいえばANA(全日空)のような立場の航空会社です。ちなみに大韓航空が、日本でいえばJAL(日本航空)です。乗客は、やはり女性が多かったですね。

 アシアナ

 飛行機に乗り、先ずは機内誌のチェック。ありましたよ、韓流スターの記事が……。

 「ASIANA culture」という機内誌の2005年8月号(vol.17)にクォン・サンウのインタビュー記事が4ページ、写真入り。クォン・サンウのファンの方でアシアナ航空を利用される方はお見逃しなく。機内誌は持ち帰り自由です。

 また「OZ entertainment」2005年8月(vol.11)には、パク・ヨンハの記事(写真入り)があり、韓国語・日本語・中国語で同じ内容が3ページずつ(合計9ページ)で構成されていました。


 ところで、今回、機内食で驚いたことがありました。キムチがドカーンと一品、出ていたんです。ご飯の横にちょこっと付いているんじゃなくて……。

 私は、キムチは発酵食品で臭うため、密室である機内の食事のおかずには向かないんじゃないかと思っていたのですが、乗客からの要望でもあったのでしょうか? せっかく韓国の航空会社に乗ってるのにキムチがないなんて……とか(笑)。

 

 出発が遅かったので、金浦空港には夜、到着。

 金浦は、現在、国内線メインとなっているので、仁川国際空港のように、無料のガイドブックや地図などの旅行資料を入手できませんでした。ツーリストインフォメーションもなかったような……。金浦は市内へのアクセスはいいのですが、個人で初めて行くには夜着便は避けた方がよさそうです。バスの路線もよくわかりませんでした。(あまり遅い時間でなければ、空港前の地下鉄で市内へアクセスも可能です)

 とくかく、一般タクシー(他に模範タクシーというのがあるのですが料金が割高)を捕まえて、宿泊先のミレニアム・ソウル・ヒルトンホテルまで行きました。一般タクシー代は2万~3万ウォン前後(2~3千円)です。これが仁川国際空港からだったら、遠いからメチャクチャ高いでしょうね(タクシーで行く人もあまりいないと思いますが)。

ヒルトン玄関② ヒルトンデスク

 ソウルのヒルトンホテルは初めて利用したのですが、写真下のタンスのようなモノ。これ観音開きになっていて、開くとテレビが出てきました。このホテル、ロケーション的には結構いいかもしれません。ホテルの坂を下れば南大門市場(ナンデムン シジャン)、明洞(ミョンドン)にも歩いて行けます。


 韓国旅行雑記②に続きます~。

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
2005-07-10 23:55:51

長野「善光寺」

テーマ:
碧水社, 児玉 幸多
中山道の歩き方 信濃路をゆく〈上〉軽井沢宿~望月宿 付・善光寺街道
児玉 幸多
中山道の歩き方 信濃路をゆく〈下〉―芦田宿~本山宿 付善光寺西街道

 長野県長野市にある善光寺に行って来ました。寺巡りが結構好きな私は、有名な善光寺に一度行ってみたかったのです。

 東京からだと京王バスで約3時間半、善光寺前までダイレクトに行くことができます。

 

善光寺の御本尊である一光三尊阿弥陀如来(いっこうさんぞんあみだにょらい)は、朝鮮半島の百済からもたらされたものだと聞いていたので、特に見てみたかったのですが……。


 500円を払うと「諸堂参拝券」と「善光寺ご参拝のしおり」をもらえるのですが、その「しおり」には次のように記載されています。


「善光寺御本尊の一光三尊阿弥陀如来(いっこうさんぞんあみだにょらい)さまは、欽明天皇の13年に百済から日本へお渡りになった日本最古の仏像です。御開山本田善光卿によって皇極天皇の元年(642)、当地に祀られましたが、その後絶対の秘仏となられました。善光寺信仰は、日本仏教の根本ともいうべきこの御本尊に対する信仰で、そのため、宗派超えてすべての人々を受け入れることを旨としてまいりました」


 ということで、秘仏となっている御本尊を拝顔することはできなかったのですが、国宝の善光寺本堂ほか見学することができ満足でした(現在、一部工事中)。


特に善光寺はすべての宗派を超え、すべての人々を受け入れており、その寛容さは感慨深いものがありました。その寛容さを当地の人に聞くと「善光寺は、日本最古のもので、日本に各宗派ができるずっと以前からあるから当然」といった感でした。確かにそうですね。


もし皆さん中で、善光寺に行く機会があれば「お戒壇(かいだん)めぐり」と「経蔵(きょうぞう)」にはチャレンジしてくださいね。


宮坂 勝彦善光寺いろはにほへと―善光寺あれこれ講座初級編
善光寺御開帳奉賛会善光寺事務局, 信濃毎日新聞社広告局
善光寺御開帳公式ガイドブック
信濃毎日新聞社善光寺さん―信仰の「ふるさと」への旅
上野 滋数善光寺の四季―悠久のシンフォニー
下平 正樹, 柳沢 京子善光寺物語
チクマ秀版社, 千曲秀版社=, 善光寺事務局よくわかる善光寺参り
チクマ秀版社, 千曲秀版社=, 善光寺事務局よくわかる善光寺参り〈Part2〉御開帳
滝沢 恒夫, 米山 一政堂童子―信濃・善光寺秘儀
オフィスエム心に残るとっておきの善光寺散策案内
小林 由美子ロマンティック善光寺     
いいね!した人  |  リブログ(0)
2005-06-20 20:02:50

愛知万博「韓国館」行ってきました!

テーマ:

著者: NoData
タイトル: 万博MAPミニ

 この度、神戸・大阪・京都の「三都物語」を旅し、締め括りに、愛知万博に行ってきました。「四都物語」になるのでしょうか?(笑)。ハードな日程でした。

 私は1993年、韓国の大田(テジョン)で開催された「大田エクスポ」に行ったことがあり、国際万博は、この愛知万博で二度目となります。

 

 5月14日のブログでも紹介しているように、お目当ての「韓国館」と「冷凍マンモス」はそれぞれ、20分、30分と炎天下の中、列に並びました。

 

 まず「韓国館」、思ったよりパビリオンが小ぶり。何を見せてくれるやらと期待しましたが、内容的に驚くものはなかったような……。ただし、少年とソーラーロボットを主人公とした心温まる3Dのアニメーション上映があり(上映会場は思ったより広い)、これを見て満足。これを見なかったら、「20分も待たせやがって~」と文句言っていたかもしれません(笑)。

 そして、「冷凍マンモス」。平日だったので、30分待ちで済みましたが、休みの日だったらどれだけ待つのでしょうね? 動く歩道に乗って、まるで回転ずしのように(もちろん人が回転ずしです)ガラス張りの中のマンモスを見るのですが、頭と片足しかありません。頭には毛が残っていました。ガラスの中はマイナス15度に保たれています。マンモスは思ったより小さく、また、あっという間に人は流されていきます^^;。


 取りあえず、この二つを制覇したので、後は自由に色んなパビリオンを見て回りましたが、とにかく広い、疲れます。これから行くかたは、事前にどこを回るかシュミレーションしてから出かけられることをお勧めします。


 名古屋駅から万博会場までは、地下鉄「東山線」で「藤が丘駅」下車、そしてリニモ(モノレールのようなモノ)に乗り換え「万博八草駅」下車が、料金も安く早く着きます。


 ※印象的だったこと : 愛知万博とはまったく関係ありませんが……(^^;

 地下鉄東山線「名古屋駅」にヨン様の「七色亜茶」の大きな広告があったのですが、ご婦人が、その広告に足を奪われていたこと。

 新幹線の中の電光掲示板ニュースで、ヨン様が入院したことが流されていたこと。映画「四月の雪」撮りの過労が原因だったそうですね。早く回復するといいですね^^

 

著者: 山根 一真
タイトル: 愛知県館総合プロデューサー山根一真の愛知万博愛知県館でらガイド
いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。