2005-05-30 21:02:39

映画「ホテルビーナス」

テーマ:日本映画
タイトル: ホテル ビーナス

 
あなたは生きていますか?


アネモネのように力強く生きること。

 

 舞台はロシアのウラジオストク、全編、韓国語で物語が進行して行くという異色の日本映画です。監督は、映画監督デビューのタカハタ秀太。映画の主人公に草なぎ剛(チョナン)。モスクワ国際映画祭最優秀作品賞受賞。

 

 ホテルビーナスという、うらびれたホテルには、人生を流れてきた人々が長期滞在している。それぞれが過去に心の傷を負っており、その痛みから抜け出せないでいる。

 映像は少し青みがかったモノクロで撮影されており、まるでホテルビーナスで暮らす人々の心の時は、止まっているかのようだった。

 無国籍といえる、この映画には、社会の弱者の姿、「生」に取り残された人々が映し出されており、その作品の主張は普遍的だ。

 

 見る者が自分の心の弱さを確認し、切なく、いとおしく思う。こういう作業を忘れていた人には、しみじみ感じ入るものがあると思う。どんなに強い人にも思い起こせば、心の痛みはあるだろう……。

 

 ホテルの世話係に草なぎ剛。何も語らない少女に、草なぎ剛が靴底を打ち鳴らしタップで言葉を交わしていくのが温かい。少女も靴底を鳴らし、少しずつ心を開いて行く。

 

 映画の終章で、映像がカラーになる。ホテルビーナスで暮らした人々にも、新しい時が刻まれる瞬間だった。

 

 極東のサンフランシスコといわれる坂の多いウラジオストクの街並みと、そよ吹く風が、どこか懐かしさを感じさせてくれる。

 ドラマティックな映画を期待する人には、お勧めしないが、静かに心の傷を確認し、再び一歩踏み出そうと願う人には勧めたい映画だ。他出演者に、中谷美紀・市村正親ほか韓国の俳優人も参加。


余談 : 旧ソ連時代、ウラジオストクは戦略的に重要な軍港として、その姿はベールに包まれていましたが、このように映画の撮影が出来るようになり、冷戦が過去の遺物となったことを改めて実感します。

著者: 若木 信吾タイトル: The Hotel Venus Starring Kusanagi Tsuyoshi 草庶ьハ真集

アーティスト: サントラ, 加羽沢美濃, LOVE PSYCHEDELICO, ブロッサム・ディアリー, イ・スヨン
タイトル: 映画「ホテル ビーナス」オリジナル・サウンドトラック
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
2005-05-24 10:06:10

映画「血と骨」

テーマ:日本映画
タイトル: 血と骨 コレクターズ・エディション
タイトル: 血と骨 通常版

 
 梁石日(ヤン・ソギル)原作の同名小説「血と骨」を映画化。ビートたけし演じる在日1世の金俊平が主人公で、妻役の李英姫に鈴木京香。監督は「月はどっちに出ている」の崔洋一監督。

 

 1920年代、済州島から大阪に渡ってきた金俊平の一生を描いているが、その激動の人生は、暴力とお金、セックスに満ちており、金俊平の人生に翻弄される家族と周りの人たち、そして、その時代に生きた在日の一遍が映し出されている。

 ちなみに在日の出身地は、韓国南部の慶尚道が一番多いのだが、戦前、済州島と大阪には船の航路があった関係で、大阪には済州島出身の在日が集中している。

 

 ビートたけしと鈴木京香の2人の熱演は素晴らしい。期待以上だった。またビートたけしとオダギリジョーの格闘シーンは、ビートたけしの並々ならぬ意気込みを感じさせるものだった。


 金俊平は、年老いて高利貸しで稼いだ財産を家族に渡さず、突如、思い立ったように北朝鮮(朝鮮民主主義人民共和国)に*「寄付」、北朝鮮に帰還するのだが、人生の終末は、北の酷寒の地で哀れに迎えるのだった。

 

 死の直前、金俊平が回想した若かりしころの希望に満ちた瞳が、なぜその後、家族にも心を閉ざした砂漠のような、孤独な人生になったのか? 思いをはせると金俊平の心の叫びが聞こえてくるようだった……。


 第28回日本アカデミー賞の最優秀監督賞作品。鈴木京香は最優秀主演女優賞を受賞している。


*「寄付」というか、北朝鮮に帰還する在日に対し、朝鮮総連は「北ではすべてが無料なので日本にある財産をすべて置いていくよう」にと帰還者に促していたそうです。

 その財産は、もちろん朝鮮総連に入る仕組みとなっていたようですが、どこに行ったのでしょうね? 疑問です。

著者: 梁 石日タイトル: 血と骨〈上〉
著者: 梁 石日タイトル: 血と骨〈下〉
著者: 梁 石日タイトル: 血と骨
著者: 崔 洋一, 鄭 義信, 梁 石日タイトル: 映画「血と骨」の世界
アーティスト: 岩代太郎, サントラタイトル: 血と骨 オリジナル・サウンド・トラック
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
2005-04-24 12:25:54

眠る男

テーマ:日本映画
タイトル: 小栗康平監督作品集 DVD-BOX

 1996年、小栗康平監督の「眠る男」は、行政(群馬県)が製作費の全額を税でまかなうという日本では前例のない取り組みで、社会的にも大きな関心を集めました。この取り組みがきっかけになって、他の多くの地方自治体による映画支援が実現したといいます。

 私は、東京・岩波ホールで見ましたが(半年間もの長期上映されたそうです)、古来よりの日本の自然観、宗教観とはこのようなものでなかったかという感じを持ちました。

 

 映画は、美しい山間の町を舞台とし、人々の日々の暮らしと自然、過ぎ行く時間がゆっくりと描かれ、人と自然のつながり、生と死が交感しあっているような感じです。

 ストーリーというものを特段感じない作りで、しみじみとして寓話的でもありますが、上映当時、これまでの映画表現を再考させるインパクトがあったのではないかと思います。なんといっても何も語らない、動かない、ずっと眠っている人が主人公ですから^^。

 

 山の事故によって眠ったままとなっている拓次=「眠る男」役を韓国の名優アン・ソンギ(安聖基)が演じ、拓次の幼なじみの上村役を役所広司、そしてスナックで働くティア役をインドネシアの国民的スターのクリスティン・ハキムが演じています。

 

 月が満ち欠け、雨風が強くなったある日、「眠る男」は……。

タイトル: 眠る男

------------------------------------------------------

モントリオール世界映画祭審査員特別大賞
キネマ旬報日本映画監督賞
毎日芸術賞
山路ふみ子文化賞

小寺弘之 藤本賞特別賞
役所広司 毎日映画コンクール・キネマ旬報 主演男優賞
安聖基(アン・ソンギ) スポニチ芸術大賞グランプリ
クリスティン・ハキム 山本安英の会記念基金顕彰

トロント・釜山・シカゴ・サンパウロ・ロンドン・ニューヨーク・ハワイ・インド・ベルリン・ポーランド・フリボルグ・シンガポール・パームビーチ・フィラデルフィア・エルサレム・ジャカルタ・モスクワ等の国際映画祭に招待

-----------------------------------------------------

★小栗康平監督の新作品、「埋もれ木」が第58回カンヌ映画祭の監督週間で上映されるそうです。上映日は5月13日(金)の夜。

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
2005-04-22 19:14:00

HARUKO

テーマ:日本映画
タイトル: HARUKO

  この作品は、在日1世の鄭秉春 (チョン・ビョンチュン)、日本名・金本春子という女性の激動の人生を追ったドキュメンタリー映画です。フジテレビの「ザ・ノンフィクション」で放送され、ギャラクシー賞を受賞し作品を拡大して映画化したそうです。春子は韓国・済州島生まれの87歳。

 

 春子は12歳の時に縫製工場の女工として来日、17歳のときに同じ済州島出身の人と結婚、7人の子供をもうけるが、夫は賭博と女にはしり家族を省みません。戦後、済州島に帰っても放蕩をやめない夫に失望し、長女・四女の二人を残し、他の子供と一緒に日本に渡ります。

 春子は子供を育てるため、日本で違法だったパチンコの景品買いをし、合計37回の逮捕歴。次女は家出し、三女は50年代に朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)へ帰国します。

 家族は日本・韓国・北朝鮮とバラバラになりましたが、春子は懸命に生きます。そんな母を20代の頃から長男、金性鶴(キム・ソンハ)はフィルムにおさめ続けていました。金性鶴(キム・ソンハ)は、かつて朝鮮総連に所属し、そこで映像の仕事をしていましたが、朝鮮総連に疑問を抱き、韓国籍へと切り替えます。

 

 春子が、北朝鮮から貰った数々の勲章を見せる場面がありますが、春子は、その勲章を見ながら、何の価値もないことを語ります。春子もまた韓国籍へ切り替えています。

 そのときの顔がどこか寂しげな気がしました。三女も北朝鮮に帰っているし、今まで北朝鮮を信じて多くの貢献をしたのだと思いますが、それが無駄だったという無念を感じます。

 

 しかし春子は、多くの孫にも囲まれ、歳をとっても元気。そのパワーに春子の人生の魂を感じます。

 

 一つ驚いたのは、映画のチラシのコメントの中に、中曽根康弘元首相のコメントがあり「これは偉大な母の物語である」 と結んでいたことです。確かに「偉大な母」の物語でしょうが、意図的なのか無意識なのかわかりませんが、春子の人生を読み違いしてるのではないか? と感じました。 

著者: 金本 春子, 金 性鶴
タイトル: HARUKO―母よ!引き裂かれた在日家族
いいね!した人  |  リブログ(0)
2005-04-21 19:41:09

青~chong~

テーマ:日本映画

 製作:2001年/製作国:日本/監督:李相日(リ・サンイル)/配給:ぴあ

 

 この作品は、「ぴあフィルムフェスティバル(PFF)/アワード2000」でグランプリを含めた4賞を受賞し、そのまま一般公開が決定したという映画です。李相日監督は、他に「BORDER  LINE(2002年)」「69 sixty nine(2004年)」などの映画を監督していますね。

 朝鮮学校に通う在日朝鮮人を主人公にした青春映画ですが、監督自身も朝鮮学校出身だと聞きます。

 

 この映画は、興味津々に見ました。在日韓国人で日本の学校に通っていた私にとっては、朝鮮学校に通う朝鮮総連系同胞とは、映画とはいえ、一体どんな学生生活をおくっているのかまったく知らない世界だったからです。

 

 ところで、このブログでは、朝鮮学校に通う在日朝鮮人学生をテーマにした映画」をこれまで2本紹介しています。「パッチギ!(2月3日紹介)」「GO(3月18日紹介)」そして、いま紹介している「青~chong~」を合わせると「3部作」となるのではないでしょうか(笑)。

 実際の公開順(見た順番)は「青~chong~」→「GO」→「パッチギ!」となり、映画が「進化^^」しているのがわかります(私のブログでの紹介では順序が逆になっています)。

 

 作品は、青春映画として、みずみずしいものを持っていて、主人公自身が「自分は何なんだ」というアイデンティティーを考える内容にもなっています。国籍や民族の違いにかかわらず、青春時代、通りすぎてきた感情が映画の中にあります。

 

↓作品ホームページ

http://www.pia.co.jp/pff/chong/

いいね!した人  |  リブログ(0)
2005-04-20 17:12:09

三たびの海峡

テーマ:日本映画
 製作年:1995年/製作国:日本/監督:神山征二郎/配給:松竹配給
 
 この映画の原作は、帚木蓬生(ははきぎ・ほうせい)の同名小説「三たびの海峡」 (吉川英治文学新人賞受賞)で、舞台は韓国・釜山(プサン)と日本の北九州。主演は三国連太郎です。
 
 今は、事業を成功させプサンで暮らす河時根(三国連太郎)のもとに、戦時中、徴用で連行された在日韓国人の同胞が訪ねてくる。そして、日本での過去を断ち切って生きてきた河時根(三国連太郎)に戦時中の過酷な過去が蘇る。徴用で北九州の炭鉱に連行され、日本人の労務監督、山本三次のもとで地獄のような日々を過ごした記憶だ。
 
 一度目は、徴用で日本に連行され海を渡り、二度目は日本の敗戦で解放され祖国へ戻るため海を渡り、三度目は、人生の終末をかけて海を渡り日本に来た河時根(三国連太郎)は、かつての軍属や同胞を訪ね、また炭坑の側で眠る仲間たちの墓を訪れる。 
 あのときの労務監督、山本三次は、現在、市長となって再選選挙に臨んでいた。河時根(三国連太郎)は山本を呼び出し、炭坑のそばにある墓へ彼を連れていき、墓に謝ってくれと叫ぶが、山本は、昔の話だと取り合わなかった……。
 
 この映画は、随分前に見たのですが、炭鉱などの危険な場所の死亡率は、事業所によっては50%近いところもあったそうです。
 
 振り返ってみると、非常に個人的な話になりますが、この映画、今は亡き私の父を思い出すものがあります。
 私の父は、戦時中、ある日本の大手鉄鋼関連企業(現在も会社はあります)に徴用されました。当初、日本語が分からず、作業中、労務監督の言っていることが理解できなかったため、随分、殴られたといいます。そして、ひどく何度も殴られたため障害が残ることになりました。戦後、日本国からも、その企業からも何も補償はありません。
 父は、そのことについては、生前、何も語りませんでしたが、ただ一つ、父の話を聞いてぞっとしたことがあります。
 日本が敗戦となって、その事業所で働いていたコリアン数名と、復讐のため、その労務監督を殺そうと会社に向かったそうです。すると会社はもぬけの殻になっていて、その労務監督は、いずこへと消え、消息はまったくつかめなかったようです。
 私は、その話を聞いて、父の恨みが、とても深かったのだと気づきました。
 
 しかし、復讐は復讐しか生みません。 
 
 例えば、日本は遅まきながらも、在韓被爆者(戦時中、日本で被爆し現在、韓国で暮らす被爆者)の医療支援や、ロシアのサハリンに置き去りにした在サハリンのコリアンに対する韓国定着支援などを行っていますが、このような戦争で傷ついた個人への何らかのフォローこそが、復讐の心を癒し、友好の心に変えていくんだと思います。 
著者: 帚木 蓬生
タイトル: 三たびの海峡
いいね!した人  |  リブログ(0)
2005-04-10 20:37:27

ホタル

テーマ:日本映画
タイトル: ホタル

 高倉健主演の映画で、妻役を田中裕子が演じています。作品は丁寧に作られていて、内容的にも考えさせられる価値のある映画です。舞台は、アジア・太平洋戦争中、特攻基地のあった鹿児島。 

 特攻隊というのは、皆さんもご存知だと思いますが、片道の燃料だけで、敵艦(アメリカ)に突っ込んでいくのです。要するに自爆行為です。日本は戦争末期になると、悲惨なまで追い込まれていました。悲しい出来事です。

 ところで、この特攻隊には、韓国人もいたそうなのです。自分の国を失い、自分の国を奪った日本のために、また命を落としていくというのは、どういう気持ちだったのでしょうか?

 この作品は、特攻していった韓国人に焦点をあて作られています。

 

 戦争中、田中裕子の婚約者であった韓国人の金山中尉は、南の海に特攻していきました。

 ときは変わり平成の時代となって、高倉健と病気で余命いくばくもない妻の田中裕子は夫婦で、南の海に散った金山中尉の遺族を、韓国まで訪ねに行きます……。

 

 ところで、話は変わるのですが、私が以前、サイパンに行ったときのことです。サイパンは、米軍基地のある隣のグアムなどと違い、本当にノンビリした所なのですが、車を運転していて「韓国人慰霊塔」を見つけたのです。この「韓国人慰霊塔」は、それなりの敷地をもっていました。

 大きな建物がないサイパンでは、目立つ建造物だと思いましたが、ガイドブックのどこにも載っていなかったのです。なぜサイパンに韓国人慰霊塔があるのか、不思議に思ったまま月日は流れ、私も忘れてしまっていました。

 

 しかし、あるとき、偶然にその理由がわかったのです。それは日本のテレビ番組を見ているときでした。

 番組は、「日米開戦」を中心に構成されていたのですが、サイパンは、アジア・太平洋戦争中、日米対戦の激戦地となった場所の一つでした。当時、サイパンに上陸したアメリカ人が、昔を回顧しインタビューに答えていたのですが、捕虜にした日本人のうち、少なくない者が、実はコリアンだったと答えていたのです。

 

 私がサイパンで感じていた疑問が解けた瞬間でした。日本の植民地時代、多くのコリアンが、南方の激戦地で戦い死んでいたのです。

 今の平和を噛み締めました。

いいね!した人  |  リブログ(0)
2005-03-27 00:05:55

月はどっちに出ている

テーマ:日本映画
 1993年の日本映画界の賞を総なめした崔洋一監督の作品です。ご覧になった方も多いですよね。在日朝鮮人のタクシードライバー主人公を岸谷五郎が演じ、またフィリピン人のルビー・モレノが、関西弁をしゃべっていて、いい味出しています。
 
 作りとしては、テンポよくて、おもしろく、またシリアスな場面も嫌味なく挿入されて、痛快な、いい映画です。
 原作は、梁石日(ヤン・ソギル)著作『タクシー狂躁曲』です。

 PS: 数日間、コメント記入ができなくなっています。ご迷惑おかけしています。



タイトル: 月はどっちに出ている

著者: 梁 石日タイトル: タクシー狂躁曲


著者: 李 鳳宇タイトル: 「月はどっちに出ている」をめぐる2、3の話
いいね!した人  |  リブログ(0)
2005-03-25 19:10:13

千と千尋の神隠し

テーマ:日本映画
 宮崎駿監督の映画で日本で大ヒットしたので、かなり多くの方がご覧になったと思います。私は、この映画を見て、かつて日本が朝鮮半島を植民地支配したときに強要した「創氏改名」を思い浮かべました。「創氏改名」を簡単に説明すると、金とか朴とか李という民族的な名前を、日本式の金山とか木村とか山本とかにすることです。

 主人公の少女「千尋(ちひろ)」は、魔女の湯婆婆によって「千尋」の「尋」を奪われて「千(せん)」と呼ばれるようになり、自分の本当の名前が「千尋」であったことを忘れてしまうのです。
 本来の名前が奪われることで、自分は何者なのか? 自身のアイデンティティーを喪失してしまう恐怖を感じました。宮崎駿監督は、この映画に、このような意図を込めていたのでしょうか?
 
 千をいつも助けてくれるハクという少年は、千に「本当の名前が千ではなく千尋であること」を教えてくれます。千尋も自分の本当の名前を忘れないようにする、とハクに誓うのでした。
 そして、ハクもまた、魔女の湯婆婆によって、名前の一部を奪われ、自分が何者であったのかを忘れていたのですが、千尋との出会いによって、過去をたどり「琥珀川」という川の神様であったことを思いだすのです……。

タイトル: 千と千尋の神隠し (通常版)

タイトル: 千と千尋の神隠し DVD COLLECTOR`S EDITION

タイトル: 千と千尋の神隠し DVD & ジブリDVDプレーヤー

著者: NoData
タイトル: 千と千尋の神隠し―Spirited away

著者: 宮崎 駿
タイトル: 千と千尋の神隠し


著者: Taco Studio
タイトル: 「千と千尋の神隠し」の謎

著者: 宮崎 駿
タイトル: 千と千尋の神隠し 全5巻セット ―フィルムコミック

著者: 宮崎 駿
タイトル: 千と千尋の神隠し スタジオジブリ絵コンテ全集〈13〉


著者: 佐々木 隆
タイトル: 「千と千尋の神隠し」のことばと謎

著者: スーザン・J. ネイピア, Susan Jolliffe Napier, 神山 京子
タイトル: 現代日本のアニメ―『AKIRA』から『千と千尋の神隠し』まで

著者: 日名子 紀代, 青山 しおり
タイトル: 千と千尋の神隠し/ピアノ・ソロ・アルバム

著者: スタジオジブリ
タイトル: アニメーションを展示する―三鷹の森ジブリ美術館企画展示「千と千尋の神隠し」

メーカー: サンアロー
商品名: 坊ネズミ(M)
いいね!した人  |  リブログ(0)
2005-03-18 19:13:41

GO

テーマ:日本映画
 第123回直木賞受賞作家、金城一紀の小説を窪塚洋介が主演(柴咲コウ共演)し、話題になった映画なので見た方も多いと思います。小説を書いた金城一紀も朝鮮学校を卒業していますね。
 内容を一言でいえば、在日朝鮮人高校生の日本人との恋と青春を描いた作品です。主人公を演じる窪塚洋介は、中学まで朝鮮学校に通っていたが、高校からは日本の学校に通います。
 映画の中で、高校から日本の学校に行くことを朝鮮学校の先生に知られた彼は、先生からひどくなじられます。
 実際の話として現在、朝鮮学校の生徒数が激減し、学校は統廃合されている状況なので、朝鮮学校の学生が日本の学校に進学しようとすると引きとめ攻勢がすごいと聞きます。
 また、彼の家は、朝鮮籍から韓国籍になるのですが、今の朝鮮民主主義人民共和国を取り巻く状況から、実際、ものすごいスピードで朝鮮籍から韓国籍への切り替えが進んでいます。
 結果として、色んな状況を先取りした映画という一面もあります。
 なかなか良く出来た作品だと思いますが、さらに発展させた映画が、現在、公開中の「パッチギ!」という映画です。私の2月3日の日記に触れているので、より詳しく「在日の今」を知りたい方は、ご参照ください。
 
PS:忙しくて2日間、日記を書いてなかったのですが、昨日の訪問者数が今まで最高となっていました。ありがとうございます。

タイトル: GO

タイトル: メイキング・オブ GO

著者: 窪塚 洋介 タイトル: GO―窪塚洋介

著者: 金城 一紀, 宮藤 官九郎 タイトル: 宮藤官九郎脚本 GO

著者: 金城 一紀 タイトル: GO

著者: 金城 一紀, 近藤 佳文 タイトル: GO (1)
著者: 金城 一紀, 近藤 佳文 タイトル: GO (2)
著者: 金城 一紀, 近藤 佳文 タイトル: GO (3)
著者: 金城 一紀, 近藤 佳文 タイトル: GO (4)
いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。