2006-02-11 21:56:26

布袋寅泰(ほてい ともやす)

テーマ:
東芝EMI TONIGHT I’M YOURS
東芝EMI 布袋寅泰ライブ in 武道館

 布袋寅泰 秘密

 1982年、氷室京介などとBOØWYというバンドでデビューし、ギタリストとして活躍した布袋寅泰。バンド解散後は、他アーティストへの楽曲提供やソロ活動を行っている彼が、『秘密』(幻冬舎)という本を出版しました。

 在日の間では知っている人もいると思いますが、布袋寅泰は本の中で、父親が韓国人だったことも打ち明けているそうです。最近、芸能人のカム・アウトが増えてきています。

 自分の出自を隠さなければいけない方が変ですよね。


●以下↓、スポーツニッポン2月10日6時4分更新記事


 人気ギタリストの布袋寅泰(44)が10日に「秘密」(幻冬舎)と題したエッセーを出版する。デビュー25周年を機に自らの半生をありのままにつづったもので、BOOWY解散秘話など、ついぞ知られなかった真実がベールを脱ぐ。苦悩と喜び、エネルギーに満ちあふれた生きざまは大きな話題を呼びそうだ。

 孤高のギタリストというイメージが強い布袋が、包み隠さず半生をつづった。02年5月。妻である今井美樹(42)の父が亡くなったところから書き起こしている。3日ほど不眠だった過労も響いて葬儀の後に転倒し頭がい骨を骨折。マスコミを騒がせた一件のてん末が明らかになるが、大好きだった義父の死と、この入院生活が今回の執筆の動機づけとなった。

 群馬県高崎市の裕福な家庭に生を受けた布袋は、父親が韓国人だったことも打ち明けている。1年の4分の3は海外に出かけて帰ってこない父を「貿易商」と信じて疑わなかった少年時代。しかし、父には韓国にもう1つの家庭があった…。離婚を決意した母親から知らされたのは中学2年生の春休み。衝撃と戸惑いがリアルに書かれている。

 エッセーは第1から最終まで6楽章の構成。あえて「楽章」としたところに布袋のこだわりが感じられる。音楽の魔力にとりつかれた青春時代、そして氷室京介との運命的な出会いからBOOWYの結成と解散まで、時間の流れにそってつぶさにつづられていく。とりわけ、解散の真相は音楽ファンならずとも関心を呼ぶところだ。

 前妻・山下久美子(47)との蜜月と別離にも筆は及ぶ。ささいなことで始まる口ゲンカ。彼女の背後にあった壁を殴り右手を負傷。これが原因でツアー延期というオチがついた経緯など、初めて明かされる真実がぎっしりと詰まっている。

 創造と破壊を繰り返しながら、懸命に夢を追いかけている男の生きざまはドラマチック。今井と結ばれ、そして父親になった布袋が「人間として生まれたからには、すべてを知る権利があるんだ」の信念で書いた衝撃エッセー。人間性が浮き彫りになる。

東芝EMI 布袋寅泰 SPECIALLY FEATURED Top Runner 完全版 DVD
布袋寅泰, 森雪之丞GREATEST HITS 1990-1999
BOOWY, 松井恒松, 布袋寅泰, 氷室京介, 高橋まこと
THIS BOφWY
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

龍さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。