2005-07-27 19:56:57

映画「天国からの手紙」

テーマ:韓国映画
エスピーオー 天国からの手紙

 泣かされましたー。特段、変哲もない映画なのですが、子供時代の純粋な思い出と、大人になって味わう残酷な現実。そして純愛。韓国映画が得意とするテイストが詰まった映画です。監督は「リメンバー・ミー」のキム・ジョングォン。


 銀行一つもないような山あいの村で暮らす少女ソヒ(キム・ヒソン)と少年スンジェ(シン・ハギュン)。スンジェは子供心にソヒに淡い思いを抱いている。

 ある日、病弱なソヒの父が死ぬ。ソヒの父は死ぬ数日前に天体望遠鏡を見ながら「お父さんは、もうすぐ火星に行くんだよ」と話す。それからというものソヒは、火星に行った父に手紙を送るようになる。

 

 それを知ったスンジェは、村の郵便屋さんに頼み込んで、ソヒの手紙を自分のところに届けてもらうようにする。ソヒの亡き父親の替わりにスンジェが返事を書くのだ。その手紙を今度は、郵便屋さんがソヒの家へ。ソヒは父からの手紙が来るのをいつも嬉しそうに待っている。そんな日々が続いていた。


 ところが、ある日、おばあちゃんと暮らしているソヒのもとにソウルのおばさんがやってきて、ソヒをソウルに連れて行ってしまう。


 月日は流れ、村の郵便屋となったスンジェとソウルで大学生となったソヒ。

 ところで、スンジェが郵便屋さんになったのは、ソヒのためだろうか。

 

 ある日、ソヒがおばさんの家の通帳を盗み村へ。

 大人になって再会する2人。

 しかし子供の頃と違って何かぎこちなくて……。

 

 再びソウルに連れ戻されたソヒ。そしてソヒとの思い出に生きるスンジェ。

 

 折りしも、2人が育った村がダム建設のため水没することになる。

 ソヒが話したある言葉が、スンジェを思いがけない行動へと駆り立てる。スンジェにとっては当然の行動だったのかも知れない……。 

 

 スンジェは、ソヒのためだけに、この世に生まれ出た男だ。そう思うと、その純粋さが美しく切なく苦しかった……。

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。