2005-04-24 12:25:54

眠る男

テーマ:日本映画
タイトル: 小栗康平監督作品集 DVD-BOX

 1996年、小栗康平監督の「眠る男」は、行政(群馬県)が製作費の全額を税でまかなうという日本では前例のない取り組みで、社会的にも大きな関心を集めました。この取り組みがきっかけになって、他の多くの地方自治体による映画支援が実現したといいます。

 私は、東京・岩波ホールで見ましたが(半年間もの長期上映されたそうです)、古来よりの日本の自然観、宗教観とはこのようなものでなかったかという感じを持ちました。

 

 映画は、美しい山間の町を舞台とし、人々の日々の暮らしと自然、過ぎ行く時間がゆっくりと描かれ、人と自然のつながり、生と死が交感しあっているような感じです。

 ストーリーというものを特段感じない作りで、しみじみとして寓話的でもありますが、上映当時、これまでの映画表現を再考させるインパクトがあったのではないかと思います。なんといっても何も語らない、動かない、ずっと眠っている人が主人公ですから^^。

 

 山の事故によって眠ったままとなっている拓次=「眠る男」役を韓国の名優アン・ソンギ(安聖基)が演じ、拓次の幼なじみの上村役を役所広司、そしてスナックで働くティア役をインドネシアの国民的スターのクリスティン・ハキムが演じています。

 

 月が満ち欠け、雨風が強くなったある日、「眠る男」は……。

タイトル: 眠る男

------------------------------------------------------

モントリオール世界映画祭審査員特別大賞
キネマ旬報日本映画監督賞
毎日芸術賞
山路ふみ子文化賞

小寺弘之 藤本賞特別賞
役所広司 毎日映画コンクール・キネマ旬報 主演男優賞
安聖基(アン・ソンギ) スポニチ芸術大賞グランプリ
クリスティン・ハキム 山本安英の会記念基金顕彰

トロント・釜山・シカゴ・サンパウロ・ロンドン・ニューヨーク・ハワイ・インド・ベルリン・ポーランド・フリボルグ・シンガポール・パームビーチ・フィラデルフィア・エルサレム・ジャカルタ・モスクワ等の国際映画祭に招待

-----------------------------------------------------

★小栗康平監督の新作品、「埋もれ木」が第58回カンヌ映画祭の監督週間で上映されるそうです。上映日は5月13日(金)の夜。

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。