2005-03-13 19:00:04

カル

テーマ:韓国映画
 韓国社会で、これまでタブー視されていた猟奇殺人をテーマにした映画です。冒頭から死体をメスで切り刻んでいて、血に弱い人には勧めません。映画のジャンルは、サイコ・スリラーとでもいうのでしょうか。「羊たちの沈黙」や「ハンニバル」などが好きな人にはお勧めです。僕は、ちょっと苦手な映画かもしれません(笑)。
 「カル」とは日本語で刃物のことです。題名から、映画の内容が想像されますが、ソウルで起こった三つのバラバラ殺人事件を、刑事役のハン・ソッキュが追います。死んだ三人と付き合いのあったのが、事件のカギを握るシム・ウナ。「八月のクリスマス」で共演していますね。
 サイコ・スリラーの定番のような映画ですが、かなり死体にリアリティーがあり、エグイです。血のエレベーターのシーンなども印象に残ってます。
 シム・ウナの幼児期の父親との不幸な記憶、そしてシム・ウナを献身的に支える友人が登場していて、事件は……、反転していきます。

タイトル: カル


著者: ソ イヨン, 佐野 晶
タイトル: 「カル」の謎―韓国史上最も凄惨な連続殺人事件
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。