1 | 2 | 3 |最初 次ページ >> ▼ /
2005-03-30 19:14:20

アメブロ、サービス一時停止のお知らせ

テーマ:その他
 アメーバブログのリニューアル集中工事が、3月30日(水)午後9時から
4月1日(金)午前9時まで実施されるそうなので、お知らせします。
 もうすぐですね。

 また4月に入り、書き込みを継続していきます。今月、ご訪問くださった方、
どうもありがとうございました。


AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
2005-03-29 20:58:26

李貞賢(イ・ジョンヒョン)

テーマ:音楽
 2004年のNHK紅白歌合戦にも初出場したので、ご存知の方も多いと思います。小指に小型マイクを付けて歌う姿は、話題になりましたね。
 NHKの放送は、もうすぐ終わりますが、韓国ドラマ「美しき日々」でセナ役で出演しています。

 私は、何を隠そう(笑)、これまで数回、イ・ジョンヒョンのライブを見たことがあるのですが、彼女は、本当にキュートです。
 細い体なんですが、ダンスも見応えあります。大きな扇子を小道具によく使っていますが、体が小さいので、扇子がより大きく見えます(笑)。
 歌もなかなかいいですよ~。

アーティスト: イ・ジョンヒョン
タイトル: WA -come on- (CD+DVD)

アーティスト: イ・ジョンヒョン
タイトル: Heaven


アーティスト: イ・ジョンヒョン / Lee Jung Hyun
タイトル: イ・ジョンヒョン 2集 / Lee Jung Hyun 2nd (韓国盤)

アーティスト: イ・ジョンヒョン
タイトル: Passion (韓国盤)

アーティスト: COOL, RYU, ZERO, アイ, アッド, イ・サンウ, イ・ジョンヒョン, イ・スンチョル, イ・ヒョヌク, イム・ジェボム
タイトル: DRAMA ~チェ・ジウ selection ~
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
2005-03-28 19:35:04

お知らせ

テーマ:その他
 皆様、ご迷惑おかけしました。昨日の早朝より、不在していましたが、先程戻りました。
 
 コメント記入できるようになっています。
 
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
2005-03-27 00:05:55

月はどっちに出ている

テーマ:日本映画
 1993年の日本映画界の賞を総なめした崔洋一監督の作品です。ご覧になった方も多いですよね。在日朝鮮人のタクシードライバー主人公を岸谷五郎が演じ、またフィリピン人のルビー・モレノが、関西弁をしゃべっていて、いい味出しています。
 
 作りとしては、テンポよくて、おもしろく、またシリアスな場面も嫌味なく挿入されて、痛快な、いい映画です。
 原作は、梁石日(ヤン・ソギル)著作『タクシー狂躁曲』です。

 PS: 数日間、コメント記入ができなくなっています。ご迷惑おかけしています。



タイトル: 月はどっちに出ている

著者: 梁 石日タイトル: タクシー狂躁曲


著者: 李 鳳宇タイトル: 「月はどっちに出ている」をめぐる2、3の話
いいね!した人  |  リブログ(0)
2005-03-26 19:24:59

コメント・TBについて(重要)

テーマ:その他

 申し訳ございませんが、これまで幾つかのコメントを削除させて頂きました。
 
 今後も、私の判断により、予告なくコメントを削除させて頂くことがあります。皆様には非常に失礼なこととは存じますが、ご了承くださいますよう、よろしくお願い申し上げます。
 
 また、他の来訪者への迷惑になるようなコメントと私が判断した場合、殴り書きも、真に勝手ながら削除させて頂きますので、ご了承くださいませ。

 また「手をかえ品をかえ」の複数コメント(複数グルの波状攻撃)も固くお断りします。悪質な場合、しかるべき措置を取らせて頂きます。m( )m

 荒らしは、最初の悪意ある攻撃が効果ないと判断すると、まるで闇ガラスのように目立たないよう、一般訪問者を装いやってきます。寂しい人たちです。
 そして、どうにかして、敵意ある論争を持ち込もうとするのですが、このブログでは、論争を望んでいませんので、荒らしの皆さんは、それ専門の板に行かれることをお勧めします。


 一方、TB(トラックバック)につきましては、記事の内容と関係ないものは、ご遠慮ください。削除させて頂く場合がございます。

 

 皆様、どうぞよろしくお願い申し上げます。

いいね!した人  |  リブログ(0)
2005-03-25 19:10:13

千と千尋の神隠し

テーマ:日本映画
 宮崎駿監督の映画で日本で大ヒットしたので、かなり多くの方がご覧になったと思います。私は、この映画を見て、かつて日本が朝鮮半島を植民地支配したときに強要した「創氏改名」を思い浮かべました。「創氏改名」を簡単に説明すると、金とか朴とか李という民族的な名前を、日本式の金山とか木村とか山本とかにすることです。

 主人公の少女「千尋(ちひろ)」は、魔女の湯婆婆によって「千尋」の「尋」を奪われて「千(せん)」と呼ばれるようになり、自分の本当の名前が「千尋」であったことを忘れてしまうのです。
 本来の名前が奪われることで、自分は何者なのか? 自身のアイデンティティーを喪失してしまう恐怖を感じました。宮崎駿監督は、この映画に、このような意図を込めていたのでしょうか?
 
 千をいつも助けてくれるハクという少年は、千に「本当の名前が千ではなく千尋であること」を教えてくれます。千尋も自分の本当の名前を忘れないようにする、とハクに誓うのでした。
 そして、ハクもまた、魔女の湯婆婆によって、名前の一部を奪われ、自分が何者であったのかを忘れていたのですが、千尋との出会いによって、過去をたどり「琥珀川」という川の神様であったことを思いだすのです……。

タイトル: 千と千尋の神隠し (通常版)

タイトル: 千と千尋の神隠し DVD COLLECTOR`S EDITION

タイトル: 千と千尋の神隠し DVD & ジブリDVDプレーヤー

著者: NoData
タイトル: 千と千尋の神隠し―Spirited away

著者: 宮崎 駿
タイトル: 千と千尋の神隠し


著者: Taco Studio
タイトル: 「千と千尋の神隠し」の謎

著者: 宮崎 駿
タイトル: 千と千尋の神隠し 全5巻セット ―フィルムコミック

著者: 宮崎 駿
タイトル: 千と千尋の神隠し スタジオジブリ絵コンテ全集〈13〉


著者: 佐々木 隆
タイトル: 「千と千尋の神隠し」のことばと謎

著者: スーザン・J. ネイピア, Susan Jolliffe Napier, 神山 京子
タイトル: 現代日本のアニメ―『AKIRA』から『千と千尋の神隠し』まで

著者: 日名子 紀代, 青山 しおり
タイトル: 千と千尋の神隠し/ピアノ・ソロ・アルバム

著者: スタジオジブリ
タイトル: アニメーションを展示する―三鷹の森ジブリ美術館企画展示「千と千尋の神隠し」

メーカー: サンアロー
商品名: 坊ネズミ(M)
いいね!した人  |  リブログ(0)
2005-03-24 22:56:06

二重スパイ

テーマ:韓国映画
 「シュリ」(2月15日ブログ紹介)「JSA」(2月16日ブログ紹介)と続いた南北分断モノに続く映画として、日本で公開されましたが、エンターテイメント性や重厚性は、前作の二つより見劣りします。韓国の人気俳優ハン・ソッキュが出演しながら、日本では興行的には厳しかったようです。難しい映画だったのかもしれません。
 映画は淡々と流れ、人間の内面性に焦点をあてている地味な作品です。
 ハン・ソッキュは朝鮮民主主義人民共和国のスパイとして、北を裏切り韓国に亡命したと見せかけて、韓国潜入に成功、韓国の諜報部で働く二重スパイとなります。彼は指令を受け、北のスパイとして活動しているコ・ソヨン(韓国ラジオ局でDJをしている)と接触、二人は愛し合うようになるのですが、やがて南北双方から追われる身に……。南北祖国を失い、外国に逃れて静かに暮らす二人に幸せは訪れるのか?
 
 映画は、拷問の場面など、軍事政権下の韓国社会の恥部をさらけ出しており、韓国の民主化運動に関心の持っていた人には溜飲が下がる内容となっています。
 私にとっては、韓国社会がこれほどまでにオープンになったのかと驚きを禁じえない映画でした。
 最近の韓国映画界は、日本以上にタブーがなくなっているのかも知れません。

タイトル: 二重スパイ

タイトル: 二重スパイ<プレミアム BOX>

著者: 具 本韓, 秋 那タイトル: 二重スパイ
いいね!した人  |  リブログ(0)
2005-03-23 00:27:32

ラブ・レター~パイランより~

テーマ:韓国映画
 私が死んだら、会いに来てくれますか?  

 この映画、見終わって、何だか救われない寂しさを感じました。「オールドボーイ」出演のチェ・ミンシクがチンピラ役で出ているんですが、韓国映画でときどき出くわす「主人公、本当は心優しいけど、好きになれないキャラクター」とでも言うのでしょうか。ずるくて心優しい、という役柄です。
 
 中国から、韓国の親戚をたずねてやってきたパイラン(セシリア・チャン/香港)は、親戚が移民に行ってしまい途方に暮れます。中国に帰っても身寄りのないパイランは、韓国で働くことを決意し、そのために偽装結婚するのですが、その相手がチェ・ミンシクです。
 
 あるとき、チェ・ミンシクに妻が死んだとの連絡が入ります。偽装結婚したことさえも忘れていたチェ・ミンシクは、妻の遺体を引き取りに行くのですが……。
 パイラン役のセシリア・チャンの生き様が、あまりに可憐過ぎて悲しいです。
 この映画、重いです。原作は浅田次郎の短編小説「ラブ・レター」。

タイトル: ラブ・レター~パイランより~
いいね!した人  |  リブログ(0)
2005-03-22 19:32:04

プルガサリ

テーマ:韓国映画

 珍しい朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)の怪獣映画です。プルガサリとは鉄を食べる怪獣です。最初に登場するプルガサリは、本当にちっちゃくてかわいいですが、鉄をどんどん食べて巨大化します。プルガサリは、圧制に苦しむ民衆の救世主となるのですが、英雄とならず……。
 撮影はゴジラシリーズの東宝特撮チームやゴジラ俳優・薩摩剣八郎を日本から招き撮ったそうです。
 CGなどもなく、テンポもゆっくりめで、画像も少し古臭い感じですが、エキストラを大勢使い、丁寧につくられている感じです。プルガサリが王城を破壊するのは、怪獣映画ならでは。怪獣映画は破壊してなんぼ、ですから(笑)。
 古典的怪獣映画の定番といえるのではないでしょうか。怪獣マニア必見です。監督は、北朝鮮に拉致されていた韓国の申相玉監督。1985年製作。

 北朝鮮映画ですが、ここでは、テーマ「韓国映画」に分類します。

タイトル: プルガサリ~伝説の大怪獣~

タイトル: プルガサリ~伝説の大怪獣~

著者: 真壁 廉
タイトル: 元気かい?プルガサリ―北朝鮮 幻の映画秘話

いいね!した人  |  リブログ(0)
2005-03-21 01:12:21

「北朝鮮」という呼称について

テーマ:在日コリアン
 2月17日の私のブログにも関連した書き込みをしていますが、その内容を簡単に説明すると、朝鮮総連系同胞から-「北朝鮮」という呼び方は、朝鮮半島の北半分の地域を指す言葉、国名ではない。我々は「共和国」と言っている-として、私が朝鮮民主主義人民共和国を「北朝鮮」と言ったことに対して、朝鮮総連系同胞から注意を受けたというものでした。
 結果、私は-朝鮮民主主義人民共和国を略称すときには、元来、使っていた北朝鮮ではなく、朝鮮を多用していきたいと思います-と結んでいます。

 ところで、この北朝鮮という呼称については、最近、話題になってきてるようなのです。
 なぜかと言うと、これまで日本のテレビなど報道において、朝鮮民主主義人民共和国を指す場合、まず冒頭に「北朝鮮」続けて「朝鮮民主主義人民共和国」と言い表してきた慣例が、最近の朝鮮民主主義人民共和国を取り巻く厳しい環境から、ただの「北朝鮮」だけになり、崩れてきているからだそうです。
 ちなみに文書では、「朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)」と正式名称・略称を併称し、2度目以降は「北朝鮮」のみを用いることが慣例となっていたようです。

 そもそも、このような表現となったのは、1970年代に、朝鮮民主主義人民共和国や朝鮮総連から、「北朝鮮」は正式な国名ではなく、朝鮮半島北部の意味であるので、その表現を訂正するよう正式な要請があったからだそうです(私が言われたことと同じですね。笑)。
 結果、妥協の産物として、前述した「北朝鮮」続けて「朝鮮民主主義人民共和国」という言い回しに落ち着いたようなのです。ですからこの表現方法は、歓迎はしないが朝鮮総連も認めているというわけです。
 しかし、このような言い回しも、現在、日本のメディアでは、ただの「北朝鮮」だけが大勢になり、朝鮮総連では物議をかもしているようなのです。
 でも、考えてみると、朝鮮民主主義人民共和国や朝鮮総連のメディアは、韓国に対しては、大韓民国や韓国という略称を使わずに、南朝鮮と呼称してるんです。彼らの主張からすると、南朝鮮は、朝鮮半島南部だけを指す言葉で正式な国名ではないことになるはずなんですが……。
 自分達は、韓国を指すとき南朝鮮と使っておいて、北朝鮮はダメだというのも、何だかおかしな話だと私は思いました。

 前回(2月17日)のブログで私は、朝鮮民主主義人民共和国を略称すときには、元来、使っていた北朝鮮ではなく、朝鮮を多用していきたいと思いますと結びましたが、今後は、冒頭に朝鮮民主主義人民共和国と表記した場合、以下、北朝鮮とする方法も取らせて頂きます(妥協の産物方式ですね)。だって正式国名が長すぎるんです(笑)。
いいね!した人  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 |最初 次ページ >> ▼ /

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。