8/13 祝!NICU/GCU 退院

テーマ:

とうとうこの日が!!!

 

5/24から数えて82日。予定日の8/17より4日前に無事退院できました。

 

普通の方はあまり土日は退院できない様なのですが、うちはいろんな意味で特別な様で
自分も参加できる土曜日にしていただけることに。

 

かずまのおくるみに合わせてドレスコードは青で!
ということで、奥さんも自分も青系の服(自分は青ジャケット、青ジーンズ、青靴に青バッグと青で埋めました)で参加です。

#ちなみに担当の看護師さんも先生も青が入っていてなんかいいかんじでした。

 

さすがに874gなんてのは、ほいほいいるわけではないですし、期間も長いのでほぼ全看護師さんにお世話になっているってこともあり、菓子折りも大量に持って、退院のおむつとかを入れる袋とかも全部準備していったため、両手にいっぱいの荷物が。

 

退院に際しては、改めて先生から現在のかずまの状況と、予防接種とかSRウィルスの話、後、くすりが1ヶ月分出ているのでそれの説明がありました。


合わせて、レントゲンとかMRIの話とかもしていただき、最後に
「これで退院です。おめでとうございます。」
で〆。

 

奥さんも自分もうるっときた瞬間です。

 

最後は今までお世話になった人たちに凱旋みたいな感じで、ひさしぶりにNICUにもつれていって、顔を見ていただいて退院おめでとう、といろんな看護師さんにいっていただきました。

 

何回も他人の退院の光景を見ている奥さん曰く、普段の退院ではお見送りとかはないらしい先生が、最後までついてきてたというあたり、特別感満載でした。

 

その後、タクシーに乗って帰宅。
初の外の感想をかずまにーと思ったらガン寝でした。

 

ここからは普通の育児生活になるのかな?
まあ普通と違うのは1ヶ月くらいの単位でこまめに病院で経過観察ってところでしょうか。

 

いずれにせよ退院おめでとう!

AD

8/12 MRI

テーマ:

最後の検査はMRIです。

MRIは、脳をチェックするやつなので、なんか高周波がどうのこうので、「被曝の危険はありません」みたいなことを、以前自分がやった時に言われた記憶がありますが、同じことを0歳の息子がやるようです。

 

MRIは退院の最後のチェックだそうで、看護師さんたちも、MRIかーいよいよ退院ですねーって感じでしゃべっています。

 

こちらも睡眠導入剤を入れて、レントゲン同様やるんですが、MRIも結構動きに厳しくて、大人がやってても、鼻が痒くてかいたら15分延長みたいな感じなので、
大丈夫なのかな・・・と思っていました。

 

まあ道中テイク2くらいはあったのかもしれませんが、そこらへんは特に先生はおっしゃっていなかったので、大丈夫だったのかな?

 

ひとまず結論としては、問題ないですねーということでした。

 

ここで引っかかると、ようは目とか耳とかに障害が残ったり、まあ手足にしびれがとかそういうことになるので、非常に心配していましたが、無事通過できました。

ほんと、かずまは何にもないんですよね。奇跡です。

 

そういえばMRIの写真は全方向から輪切りにしたものを順番に見せてもらえるんですが、自分が受けた時の脳みそよりめちゃくちゃ綺麗でびっくりしました。

年取ると脳みそにもシミができるんだなあと。。。


ということで、これが無事終わりましたので退院確定!
8/13 午前中が退院日となりました!

AD

8/10 骨の検査

テーマ:

退院に向けた検査の2個目は骨です。

 

骨はどうしても弱くなりがちらしいので、カルシウムとかリンを補充するためにhms-2を摂取していたわけですが、それが改めて大丈夫な感じなのかのチェックらしい?です。

 

外から見えない感じなのと、目とか耳の病気と違って、すぐにどういう心配をすればいいのかもわからなかったので、ぼんやり、ああ骨の検査なのねって感じでした。

結果としては、未熟児の平均値くらい?という感じらしく大きな問題はないようでした。

 

ちなみに骨の検査はレントゲンでやるんですが、大人と違って「はい じっとしててください」なんてものは通じないので、睡眠導入剤を入れます。

 

自分に似て、その手のやつはよく効くようで、ぐっすり眠りについたので、いまだーって感じでレントゲン室に行ってからが大変でした。

 

というのもわが息子は奥さんの血をいかんなく引いており寝相が非常に悪いですw

とる瞬間に伸びをしたり動いたりで、テイク3までしたそうで、こんなとこまで似なくてもいいのに・・と思う父でした。

 

次の検査はとうとう最後のMRIです!

AD

8/8 目の検査

テーマ:

今週退院ということで、色々大詰めになっています。

 

まずは目の検査。
未熟児網膜症であるかのチェックなわけですがすでに右目?はOKをもらっていますので、残るは左目のみ。

 

相変わらず眼科の先生はめちゃくちゃ忙しい様でいつも予定通りに終わらないんですが、今日も例に漏れずということで、次の日に看護師さんに確認したところ、ばっちりOK問題なしですとの答えが返ってきました。

 

まずは一つヤマを超えた感じでほっと一安心。

 

未熟児網膜症は高濃度の酸素を必要としちゃっている赤ちゃんの場合発症率が高い?
ようなのです。(詳しくはわかりません)


担当の先生はそこを踏まえて極力直で肺に酸素を入れず、多少アラーム鳴らしても通常の空気を送風する形をとってくれていたっぽく、全てはこのためだったのかな?と改めて思っています。
 

8/2 自立哺乳

テーマ:

自立哺乳というのは、ようは普通の赤ちゃんと同じで、赤ちゃんがおっぱいを欲しがって泣き始めたら与えるというスタイルになります。

 

今までは3時間起きに、寝ていたらオムツ替えをしたりお風呂に入れたりして起こして与えていましたので、大きな進捗と言えます。

 

逆に言うと、いつほしがるか読めないので、今までのように、22時の哺乳に合わせてご飯食べていこうとか、そういう感じにならなくなりました。

 

もっともしばらくの間は、今までのリズムが体に染み込んでいますので、そんなに大きなズレなく欲しがると思うので大丈夫だと思うのですが、今後はどうなるのやら。

 

退院してしまえばいいのですが、退院前は病院に行っても哺乳直後でガン寝のかずましかみれないとかそういうこともありそうです。