最近の生活

テーマ:

GCUは順調すぎて、書くことも減ってきたので、ここらで生活の変遷でもメモ


5月
平日:いくもほとんど寝ている
土日:カンガルーもまだ

いってもおっかなびっくり少し撫でてから、先生の話とかを必死に聞いてググったり。
心配ばっかりで、赤ちゃんの可愛さとかはほとんど感じれなかった時期

 

黄疸、目の検査、未熟児無呼吸発作、体重、考えることがたくさんあったなあと。

 


6月
平日:夜はわりと起きているのでちょっと遊ぶ
土日:毎回カンガルー

6/7に初めて体重が出生体重を超えてからは、体重は安定して増えていってどんどん赤ちゃんらしくなっていった。
呼吸に関してはどうしてもまだまだだったので、カンガルー中もちょいちょいアラームを鳴らしていた記憶。
点滴はまだまだたくさんあって、手が腫れてそれの点滴をしたりと、意外に皮膚トラブル系が結構あった。

 

晩期循環不全だったり、奥さんが蕁麻疹になったりと、心配事はありましたが、大きなトラブルは本当に1度もなかったと思います。

 


7月
平日:相変わらず夜はわりと起きている
土日:カンガルーから、GCUに移ってからはお風呂や抱っこ飯など。

表情が一気に増えてきて、赤ちゃんらしさ爆発。
特に後半、保育器卒業からは加速度的に成長していって、
体重もあっという間に2000g近くまで、点滴もなくなり、呼吸器もなくなった。

GCUに移ってからは、毎日夜行くと、起きていて抱っこやら授乳やらなにやらできてしまうので、必然的に帰るのが遅くなり、毎日いそがしかった!

 

健康系のトラブルはほぼなく、本当に普通の新生児と向き合う生活になった月でした。

 


8月〜
さて、こっからは毎日会社帰りに、奥さんのいる実家にいってお風呂を入れて帰る、風呂入れおじさんになりますw

 

AD

HMSの味

テーマ:

HMS-2というサプリを、ずっとかずまは母乳にまぜて飲んでいるわけですが、これ、2というだけあって、hms-1というのもあるんですね。

 

1と2だったら2のほうがすげーじゃん! こっちしかあるまい!って思っていましたが、先週あたりから、そろそろ1への切り替えも考えますといわれました。

 

成分が違うのかなーとか思っていましたが、看護師さんに聞いた所なんと、「味が違う」とのこと。

 

成分ももちろんちょっと違うようなのですが、その違う成分の部分がまずい味のものらしく、これから母乳を哺乳瓶で飲もうとしているかずまにとって、おいしくないから飲みたくないでは困るのでhms-1に切り替えていくようです。

看護師さんはそこまで考えて調整しているんですねと感心した1日でした。


それにしてもおいしくないとか誰か味見したんでしょうかね?
 

AD

おむつ交換

テーマ:

 

看護士さんによると、割とお父さんは苦手でやらない人が多いようです。
が、自分はそんなの意に介せず普通にやっています。

 

というかそんなに難しいものではないし、特に今はめちゃくちゃ臭いわけでもないのでさっとやるのがかずまとのコミュニケーションにもなっていいなという気持ちでやっています。
#世のお父さん方、意外に楽しいですよ?

 

ただ、困ったことに自分がやると50%以上の確率で、おむつをとって吹いている時に噴射されるんですよね・・・
#前、後ろのどちらも経験あり。

 

この間は勢いが良すぎて、脱がしたおむつでキャッチしきれず、保育器の中に噴射させちゃいましたし、びびって早く変えすぎたら、新しい方が速攻汚れたりと、なかなか苦戦しています。

まだまだおむつ交換の道は長いようです。

 

ちなみに写真が今かずまが使用している、一番小さい5sというサイズのおむつです。

携帯とほぼ同じ大きさです。小さいですね。。。

 

AD

HMS-2

テーマ:

 

以前ブログで何回か登場した、hms-2という、母乳に粉末をまぜて、成長を促進させるサプリを与えています。

 

詳しくはわかりませんが、たんぱく質、カルシウム、リンなどの栄養素を母乳に追加するイメージで、ようは成長が早くなるサプリ、といった認識です。

 

与えないで成長しないパターンは計測不能ですので、比較ができるわけではありませんが、粉末を混ぜ始めてからは確かに体が大きくなるスピードが早くなった気がします。
体が大きくなると母乳の量を増やすことができますので、相乗効果みたいなところもあるかもしれません。

 

サプリは与えて損はないものなので、欠かさずNICUにもっていっていますが、結構いい値段する上に保険は効かず、消費スピードも結構早いので、なかなかの金食い虫です。
#写真の1箱で6000円くらいで1-2週間?くらいでしょうか


いずれにせよ未熟児にとっては非常にありがたいサプリであることに間違いはありません。開発してくださった方に感謝感謝です。

寝るときの向き

テーマ:

看護士さんによると、人間誰しも落ち着く寝方がありますが、どうやらかずまはうつ伏せで右側が下の方がいいようです。

 

まだ自力で寝返りが打てないので、看護士さんが形を整えてくれるわけで、最初はバランスよく左を下にしたり右を下にしたりとやっていたようですが、最近ちょっとしっかりしてきたせいか、左が下の時は、自分でがんばって右に向きを変えようともぞもぞ動くようです。


もっとも、その結果、真下を向いたあたりで力つきて呼吸器がずれてアラームがなるなんてことになるようですが・・・

 

 

うつ伏せで寝るのが好きな奥さんに聞いたら、奥さんは左が下がいいと言っていましたが、ふと思うと、自分は小さい頃右側ばっかり下にして寝ていたせいで右の耳たぶがぺちゃんこになったとか親に言われた覚えがあります。
#自分はうつ伏せで寝るのは好きではないですが。


うまく両親二人ともを足したような形になっていますが、
こんなところも親の遺伝なんでしょうかね?