人間賞味期限

テーマ:

●人間用・賞味期限チェッカー●


なるものを、読者の皆様はご存じでしょうか・・・。

私がWEBをやり始めて間もない頃、友人から教えてもらい、自分の賞味期限を試してみました!笑

昨日、なにげに覗いたらまだページは健在でした!(^^)



自分の食生活や嗜好(煙草や酒)、その他をアンケート形式で入力すると、ズバリ!自分の賞味期限が分かります!


※あなたの”消費期限”=寿命・死期を示すものではありません。食品と同じで”美味しく味わえる”期限・・・、つまり”男として”&”女として”の賞味期限を示すものです。アンケート自体は3分程で済みます!

お試しあれ~~!笑


時間ある人は試してみて下さい。



● ”人間用・賞味期限チェッカー ”へ行く ●



AD

葵祭りがやってくる♪2

テーマ:

★平成17年度葵祭・斎王代


葵祭りには、他のイベントでいう”ミス○○”、”イメージガール△△”のような、葵祭に相応しい女性が毎年選ばれます。私の家族が住む平塚市にも『 ひらつか七夕 』があって毎年、”ミスひらつか七夕”が選ばれますが、歴代の斎王代と比べると”寂しさ”を禁じえません(笑)。



(頂いたコメントの)”みく姉さん”の問いかけに、見事に”z-plusさん”が答えて頂いたので、記事を書く手間が省けました(笑)。今年の斎王代様になんの恨みもありませんが、ある程度お金はかかるようです。このお嬢さんも、某 IT 企業の社長令嬢です。池坊の娘さんとこか、とにかく家柄&財力重視であることは確かですね。


そんな”夢も希望もないことを・・・”と仰る方もいらっしるでしょうけど、あたしの妻子のいる平塚の” ミス七夕 ”なんか、そりゃあ あなたヒドイですよ!選考委員は市会議員レベルで(同じ神奈川の)横須賀市の市会議員の娘を、平塚のミス七夕に選ぶ見返りに自分の娘を横須賀の”ミス・カレー娘”に選んでもらう・・・なんてザラです(笑)。




って、一応この娘さん、平安時代の美女ということで、読者の皆様納得して下さい!笑。

追伸:toutoumi さん、あたしが選考委員なら”年齢に関係なく” あなたのセンスに一票を投じますよ!(^^)

AD

∇いつもお世話になっている ほーちゃん 風の記事にしました(^^)∇




次の二つの事柄の”違い”は説明できますか?

 

①『 出頭 』と『 自首

~一昨日、地下鉄で些細な口論の末、地下鉄線路に男性を突き落とし37歳加害者が警察に 『 出頭 』 した~と新聞で報じられてました・・・。

 

 

②『 戦争 』と『 事変

~太平洋(大東亜)戦争や日露戦争は 『 戦争 』 、満州事変や上海事変は 『 事変 』 と日本の教科書始め歴史文献にはそう記述されてます。どちらも相手国と国家の意思で軍隊をもってして交戦状態であることは変りありません・・・~

 

 

①と②の、違いを説明できる人はコメント欄に回答をお願い致します!

AD

気になるブロガー

テーマ:

●気になるブロガーさんがいまして・・・。

 

皆様も一度、覗きませんか?覗いてコメントしませんか?



ブログ名* 美味しいものは人生をハッピーにする。 

ID* nao-blog



美味しいものは人生をハーピーにする♪というブログのフレーズに引き寄せられて、私は密かに記事更新毎に覗きに行ってます。東京近郊のグルメ店行脚のブログですが、食べ歩きに相当年季が入った若い女性です。私は記事の書き方に凄い教えられるものがあるブログなのです。

お金に余裕があって、ご馳走してあげるなら『naoさん』のように、美味しく楽しく感動して食べてくれる女性だとお金の出し甲斐があるではないかと思わせる、記事を書いてらっしゃいます。



ただ、一つ。naoさんの記事が真実で完璧なだけに、高級店に近寄りかだいと思ってる人はコメントし辛いんですよ(笑)。そこは、彼女は何の悪気もないので、どうか皆様コメントをザックリしようじゃあーりませんか!



現状のアメブロで東京近郊のグルメ店を、自分の舌で感じたことを自信を持って記事にしている人は他にいないような気がしてます。縁あってアメブロに集った皆様、覗くと”タメ”になりまっせ!(^^)

京都グルメが高い理由

テーマ:
●京都グルメが高い理由


~京都の料理店の紹介で(ブログの)記事を書く時にいつも考えることがあります。何故、京都の料理店は人気があるのか?何故料理の値段が高いのか?と…、いつも素朴に思います~。


はっきり言って、味そのもの、料理人の腕そのもの自体は(京都以外の)ヨソ様と大差無いのですから…。ただ、”丁寧さ”においてはヨソ様と違う気がします。目に見えるところとして、例えば盛り付けにしても、器にしても、膳の運び方にしても、(サービス提供の)話し方にしても…。

でも、これらは全部、京都がヨソ様との”違いを見せる為”の”流儀”というだけのことであって、即”価格差転嫁”して良いかというと、いくら私が京都人でも食べる側(お金を払う側)になったら納得できない部分があるのです!


特に私自身は高校以降のつい最近までの人生の大半を関東で過ごし、東京や大阪のグルメ店を結構食べ歩いたから尚更こういう思いは強いですね(笑)。だから、京都庶民料理の代表格である『おばんざい料理』なんてお金を払ってまで食べる気がしません。”おばざい”はオフクロの味であり郷土料理な訳ですからそれそこそヨソ様にも沢山旨い料理ありますしね。


ところが、京都に住むと何かの筋目の時にはそういう事も言ってられなくなるのです…(笑)。値段が高いと分りきっていても”三嶋亭”の牛肉ですき焼だし、”花折”の鯖寿司だし、”バイカル”のケーキだし、他県からのお客様ごはんは”平八茶屋”だし…(←味は全部一級品です!)。つまり、家族内・親戚内でも筋目でケチると肩身が狭くなるという、歴史的風土が京都にはあるのです。難儀な風習でっせ!笑

京都人自体が老舗付加価値の呪縛から逃れられないから、料理の値段が釣り上がるのですよ、老舗プレミアム=老舗料金です(笑)。


それに加えて、観光客が高い料理でも文句を言わず食べて頂けることも値段釣りあがり原因の大きな要素です!笑。一番インパクトというか影響力がある東京人が『テメー、こんな高い料理食ってられるかよ!』と暴動でも起こしてくれれば値段は下がるのに、喜んで食べてくれるから、何時までたっても値段が下がらないのです。”京都で食べた”ということが観光目的の付加価値のひとつとなってるからですね。観光プレミアム=観光料金です(笑)。


そんな訳で、京都の料理は
料理本体+老舗料金観光料金京料理価格
という方程式が成り立ちます。


===============================

余談ですが…。
私は高校時代にあるスポーツで国体の京都代表選手になったことがあります。地方の競技会場には、女子高生のボランティアさんが会場・競技運営を手伝ってくれるのですが、彼女達がどこの選手団に接触したがるかというと(近畿圏では)京都なのです。滋賀・奈良選手団は悲惨です(笑)。両県の選手は京都のテントに来ては『俺も京都に生まれたかった』とブー垂れてました(笑)。大阪だけは違うんですね、人気が無いぶん自分達からアプローチするんですよ『京都の奴なんかオモロイ話でけへんで!』って、京都ファンを強奪して行きますからね…(笑)。

まあ、料理も選手(京都人)も”本質とは関係無い”京都という理由だけで得をするというお話でした(笑)。

京都人の公家好き

テーマ:
●京都の街定点観測
アメブロZ-PLUS002さんが、京都の街定点観測のブログをされています。同じ京都でも気候によって街が見せてくれる顔というのはその日その日でこんなにも変化があるものなのですね。ここの画像を見させて頂くと一日の気持ちの整理というか、人間としての自然に対しての配慮とか色々と良い意味で考えさせてもらえます。


●京都人の公家好き
京都人は公家というか、皇室が大好きです。一般公開に先駆けた”京都迎賓館・その人と形展(3/15火~18金)”を岡崎公園内の京都国立近代美術館で公開中です。京都御苑(御所)敷地内に完成した京都迎賓館は建築と調度品に日本伝統工芸の粋を集めた海外に誇れる贅沢で気品溢れる建築物ですね。私も昨日見学に行きましたが黒山の人だかりでした。年齢層は戦前生まれの方々が大半でして、その年齢の方々の皇室崇拝はやはり凄いものがあります。

東京千代田(元・徳川幕府江戸城)の皇居が、天皇陛下一族(こういう書き方をしたら怒られる:笑)の正式な住まいなのですが、京都人の戦前派は、『天皇はん、東京に出掛けたまま、帰って来はらへん!よっぽど公務が忙しいんやな~』と、まるで(東京の皇居は)別宅か出張先のように考えてる人が多いんです(笑)。

日本が明治以降にやった戦争についても面白いとらえかたをしていて、日清・日露は天皇が軍の最高司令官だったから勝って、日中・太平洋戦争は軍部が勝手にやった戦争だから負けた等という歴史観を持つ方も多いようです(そういう側面は確かにある!と私も思いマス)。



●京都の共産党善戦
日本の政令都市の歴代市長が共産党が頑張っているところは京都市だけですね。共産党中央の党是は自衛隊反対と共に”皇室廃止”という京都人が大好きな皇室を否定しているのですが、京都人は地方自治レベルでは(そういう国政レベルの党是は地方自治である)”京都市に影響無し”と読み、それならば福祉に厚い共産党議員を市政に!という、実にシタタカな人間観察があっての事なのですね!笑。加えて、市内は土木工事や大規模建築開発などの公共事業が殆ど残っていないので、自民党議員が触手を伸ばさないのも共産党善戦の一因かと私は思ってます。


(※写真はz-plus002さんから頂いた、春間近の鴨川風景です。どの辺でしょうか・・・。ページを覗くと詳しい説明がカキコされてます)

将棋の免状

テーマ:
将棋好きですか?

~プロの世界では、私が大ファンの谷川棋王が羽生4冠にまたもやタイトルを奪取され無冠になりました、まあ羽生も二番目に好きなので、(その羽生が)名人戦の挑戦者に決まり第二期羽生時代を築くことは間違いありませんね~


私、30過ぎの頃、取引先を接待する必要に迫られて将棋を覚えて一時ハマッタことがあるんです(笑)。1年間でアマ二段くらいになったと思います。”二段です”と書けない理由は『二段の免状』が無いからですよ(笑)。将棋の免状というのは、日本将棋連盟が(認定)発行してくれるのですが、これがちょっと連盟のやり方に納得できないんですよね!笑。免状料が馬鹿高いのですよ!


ちなみに、免状料のお値段は、
初段:\31,500
二段:\42,000
三段:\52,500

七段:\1,050,000

って、どう思いますか?笑

お茶やお花のように家元に上納金として払うならまだしも、アマチュアとはいえ実力世界の免状に何故多額の金がかかるのだ?笑
例えば、二段の部の大会で優勝したら賞金を10万くれるというなら免除も取ろうという気にもなる。



ということで、私が将棋道場で棋力を申請する時は(初段の下の)”一級”でして、私と対局する段位者は『駒落ちで教えてやる!』と生意気な態度なんですよ(笑)。
資格・免状マニア(車の運転でいうペーパードライバー)の三段くらいまではほとんど負けたことがないのですよ。ただ、勝ち続けると友達無くしますから、(ワザと負けて)五分五分の星で6局ほど指して、私から『これ以降は一局¥1,000賭けてやりましょうよ!』と提案するのです(笑)。しかも、弱い人ほど”売られた喧嘩を買ってくれる”のです。

これ、仕事がオフの日に将棋道場で楽しんで、賭け将棋の戦利金一万円弱をポケットに入れて飲み屋に消えるのですね・・・笑。私が不良中年と自称する所以でございまする(笑)。

昔、春風亭小朝が本題の落語に入る前の小噺(イントロ)で、東京人・名古屋人・大阪人の気風(県民性)についてこう喋っていました・・・。

~全国に支店を持つ会社の支社長会議後の同期親睦会でのこと。楽しい歓談も終わり、三人はをお勘定を済ませることに・・・、その時・・・、~

東京の人は、『名古屋と大阪の人に、どうしたら恥をかかせずに”自分が奢れるか”を考えていた・・・』
大阪の人は、『どうしたら”割り勘”にできるかを考えていた・・・』
名古屋の人は、『どうしたら”奢ってもらえるか”を考えていた・・・』


このストリーリーで行くと名古屋の人が一番セコイ奴、ケチな奴、という事になりますよね!笑

でもね、政令都市に住む人間で一番セコくてケチなのは、京都の人なのでーす!。『小朝さん、京都忘れたら嫌おすえ!』笑

もし、この同期親睦会が自分の利益に関係無いと判断したら、京都人は親睦会そのものに参加しません!『病弱の身内がいるから、断腸の思いやけど今日は帰らしてもうわー、今度また呼んでなー』ともっともらしい嘘を付くのが京都の人なのです。

これが、なんでラーメンの味と値段に関係あるか、って大アリなのですなー!ラーメン本やラーメン評論家は、ご当地ラーメンの育つ土壌として、①先行する麺文化が無い、②学生の街である、としてますが・・・まあ、それも条件の一つなのかも知れませんが、隠れた蕎麦処の喜多方しかりだし、それに大学生なんて今時何処でも溢れてるし・・・。


徹底的にケチな人がいる風土が、厳しい条件を突きつけて京都のラーメン屋さんを(ある意味で)育てたのです。『あんさん
(ラーメン屋さん)、お店出してはるんやから、美味しいのは当たり前ですやん。ほんで、値段かて安すーなってはるんやろ?』と、笑顔と優しい口調で鬼のような要求をするのが京都人なのです(笑)。しかも、こういうエグイことを笑顔で言うのは大抵は京都の””なのです。

まあでも、こういう地元民の姿勢が(京都の)ラーメン屋さんに息を抜かせない、ダメな店は直ぐ淘汰してしまう、という好循環を呼ぶ土壌なのですねー!美味しいラーメンを食べるという事だけに関しては”京都人の陰険流ケチ万歳!!笑


追記:神奈川藤沢の佐野実の”支那そばや”が京都に出店したら、あのクソマズイラーメンを京都人に出したら・・・即潰れることは私が保証します。逆を言うと神奈川人はまたまだ美味しいラーメンを知らなさ過ぎるー(T_T)

京都人vs大阪人

テーマ:
今に始まった事ではないけど、京都人は大阪人が嫌いだ。同んなじくらい大阪人が京都人を嫌いかというと、そうでもない。何故かというと、大阪人は東京人のほうが、みっともっと嫌いだからだ(笑)。

大阪で、(私が)東京弁を話すとマジでウザイ顔をされますで!(笑)
京都弁でもちょっとウザイ顔されるけど・・・(特に野郎は:笑)

まあ、人間心理のとして”こちらが嫌えば、相手もこちらを嫌う”のが道理というもの。(って、インディアンの教えでも説いてるし)
『もっと、大人になろうよ!京都の人よ!』(笑)


なんで、こんな事書くかというと、(昨日、このブログ の記事にしたいのに、どうしても思い出せない)大阪・難波の鶏料理専門店の”店名”を調べる為に市内(左京区高野の)デカイ本屋に行ったのですよ。

この鶏屋、私は何回も食べに行ってて、メニューと値段までは”舌が覚えてる”のに、(私の脳が不義理な奴で)どうしても店名を思い出せないのです(笑)。


で・本屋の件ですが・・・。
(この本屋にあるの本は)総合グルメ本は京都か全国ラーメン本も京都か近畿・・・、『なんでやねん!』
どうして、大阪版(限定)のグルメ本が無いのだ?

京都人が京都の本だけ見て喜んでるんじゃ、”マスターベーション行為”そのものではないか!(怒)いくら、大阪人がケチでも、大阪の本屋さんはそこまで陰湿な事はせーへん!(笑)ちゃんと京都版グルメの本を置いてくれてるのだ。

「大阪では京都の本が売れるねん」と言われれば、話はそこで終ってしまうけど。では、京都人は”大阪グルメ”を知りたくないのだろうか?・・・。
食べ盛りの人間が、豆腐・湯葉・麩、おばんざい料理や京懐石料理だけで満足できるのだろうか・・・(しかも値段高いし:笑)、等と他人(京都人)の胃袋の心配してしまうではないか!


京都人がマスターベーションを続けている間は、大阪が最も得意(というより日本一)とする”海鮮系・肉系の”料理店に、京都の料理店が近づくことは(市場原理の法則が作用して)絶対ありえなくなるのだ!

食べ盛りの人間が食べたい料理に限って言うと、京都は大阪の1.5倍~2倍の料金を取るのですよ!この事は私の足で調べた”食べ歩き調査”の実感(実勢)なのです!(ラーメンだけは京都の勝ちだけど:笑)。


================================
って、たかが(欲しかった)本一冊ないだけで、記事にしてしまう私って変ですか?・・・

このブログ 、見て下さった方々『コメント下さい!』m(_ _)m
お待ちしております。

※コメント頂けないと、公明正大真実を旨とする当ブログ の執筆意欲に暗い影が・・・(笑)。