①天一 京都・嵐山店

テーマ:

◆×◆天下一品 京都・嵐山店


天下一品といえば、今や全国に200店を越える天一網を誇る”天一文化圏”を作りました。今となっては磐石の天一ですが、天一が登場した頃は道産子ラーメン(札幌味噌ラーメン)が日本を席巻してましたね(^^)。


このテーマは天一を愛するが故に、食べる側の立場として優良FC店を応援し、駄目FC店を淘汰したいと思います・・・(笑)。


栄えある”生け贄第一号”は京都・嵐山店でしゅー(´・ω・`)。

はっきり言って潰したい店です・・・。


品評基準は”こってりラーメン”一点のみ。こってりラーメンは天一のスタンダード・ラーメンは皆さまもご存じの通りで、直営店ねFC店も¥630という価格を暗黙の了解にしているようです。



◇昨日、食べた天一ラーメンは、”ネギこってりラーメン”¥630です。

これを頼んで先ず、ビックリしたのが”肉なし!”・・・。話は逸れますが、ネギ・ラーメンというメニューは焼き豚が入ったスタンダードに”加えて”ネギが多めに入ってると皆様お思ーいになりませんか?新福菜館にも第一旭にも”肉なし”ラーメンがあるけど、¥100引きになっている。で・この嵯峨野店では通常の天一スタンダードは”元祖京都こってりラーメン”となり¥700もするのだ!・・・絶句。


◇肝心のスープの味ですが、これが駄目FCの典型である、①薄い②ヌルイ③少ない、と”悪の三拍子”が揃ってます。客を馬鹿にするにも程がある。ある水準以上のFC天一では、(あたしは)殆どスープを残さない。どうしても”物足りない場合”のみ、テーブルにセッティングされている”ラーメン・タレ”を数滴垂らして飲んでます。こうすると、濃厚感が増してスープがパワー・アップするから・・・。にも関わらず、約1㌢スープノ残しました。



◇◇◇品評

⇒☆☆☆☆☆(←★ゼロ)

△初めて、この店で天一を食べる人へ→これは天一ではありません!すぐさま、他の天一をご賞味下さいませm(_ _)m

△天一・嵐山店オーナーへ→直ぐに天一の看板降ろせ!馬鹿野郎!自分の看板で商売しろ!(怒)







 

AD

コメント(8)