④天一・新宿歌舞町店

テーマ:

◆◇◆天下一品・歌舞伎町店(東京・新宿)


過去の何度かの群発的ラーメン・ブームで、”ラーメン銀座”ができたり”ラーメン街道”ができたり、最近ではテーマ・パーク(元祖は、新横浜ラーメン博物館)がてきて、その都度再ブレークしますよね!いわゆる『激戦地』というやつですが、その元祖は新宿歌舞伎町ではないでしょうか、”環七・ラーメン街道”も元祖かも知れませんが、あそは自動車が無いといけません。

そういう意味では、池袋に次いで乗降客の多い新宿駅の歌舞伎町の激戦区は真の意味での最前線ではないでしょうか?私の学生時代は帰京した時は天一の本店で、それ以外はこの歌舞伎町店で食べてましたかね!(^^)。




こちらはどうなんでしょうか・・・FCなのか、直営店なのか・・・。非常に美味しい”こってりラーメン”です。まあ、旨ければFCでも直営でもどっちゃでも好いのです(^^)



◇ 品評 ◇

★★★★☆


AD

⑥京橋浪花

★京橋駅・京橋浪花




JR環状線を、京阪電車側の反対方向へ出た、個店スタイルの立ち食いうどん屋です。人気の高さは定評があって”立ち食いうどんアァン”の間では常に大阪地区のベスト5に入っています。うどんのコシより”出し汁重視”という大阪スタイルのうどん屋さんです。


店内の立ち食い用カウンターと、店外に長椅子が用意されてます。


主なメニュー

・すうどん:¥210

・きつねうどん:¥270

・てんぷらうどん:¥290



◇ 品評 ◇

★★★★★

AD

とらフグの肝 《再掲分》

テーマ:

※この記事は3月5日の再掲記事です。

こういう、旨いモノもあるんです・・・というお話でしゅ~(^^)



===============================


とらフグの肝


とらフグの肝!これは旨いですよ!

この記事書く前に、ネット・サーフィンしてまして下関の”ふぐ料理店”のホームページ見ましたら、とらフグの肝は”食べると必ず死ぬ”と書かれてました・・・。

ふぐに限らず、食用毒は、微毒・弱毒・中毒・強毒・猛毒に分かれていて、とらフグの肝・卵巣・血液に含まれる”テトロドドキシン”は猛毒に分類されていますね。


で・私、俄然食べたくなりましたね、食べた人の話では、『カワハギの肝より旨い』。食べた人が話をしているということは、死んでないという証明ですよ!笑。食べた人とは、(ふぐ料理も扱う)寿司屋の大将です。

大阪梅田の紀伊国屋書店でフグに関する文献を読みあさりましてね、それで分ったことは・・・。

①天然とらフグは、ほぼ100%毒を持っている。
②養殖とらフグは、3割しか毒を持っていない(100匹中70匹は無毒ということ)
③毒の致死量は、体重50kgの人間で(肝が)13グラム以上

※現役時代の小錦なら、65グラム食ってヨシ!です(笑)
これを、(件の)寿司屋の大将に確認しましたら、ほぼ間違い無い知識ということだったので、『とらフグ肝食に挑戦!』


・とらフグを買ったお店・・・大阪天満市場内○○。(店名を明かせないのは、肝付とらフグを販売した事が判明すると、営業停止などの行政処分が下るから)(天満市場内には○○さんを含め、卵巣・肝抜き後の解体前ふぐを扱う店は3店舗あります)

・買ったふぐ・・・てっさ(刺身)ができる新鮮な”養殖とらフグ・一匹

・食べた分量・・・8グラム→偉そうな事を言っても、私も妻子ある身、致死量とされる量の半分にしました(笑)。

・食べ方・・・勿論”生食(刺身)”。たまり醤油にワサビという定番の食べ方です。二口で食べました!(笑)

・味の感想・・・期待した程ではないにしても、カワハギよりかは美味しいと思ったことは確かです。でも、8グラムじゃ食べた気になりましぇん!真っ裸になって、抱き合って、前戯も済ませてインサート寸前に『気が変ったから、今日はダメ!』と言われる感覚に近いものがあるので、私は又食べたいとは思いませんね(笑)。

本カワハギの肝ならいくら食べても死にませんから、そちらをお奨めします。


注意!自殺願望者以外の人は、絶対に真似をしないで下さい!

※写真、上がとらフグの肝、下がカワハギの姿造り

AD

◆◇◆天一 法善寺店・大阪市法善寺


店名は法善寺ですが、ロケーション的には道頓堀というほうが馴染みがあるでしょう。町名は難波1-6-10ですし。北から歩いて戎橋(別名:ひっかけ橋)心斎橋筋を日本橋方面に左折すると直ぐあります。店内はカウンター席のみです。多い日は500食を売るという実力店です。

”今週の天一”の①、②では最悪の店を記事にしましたので、今回はレベルが高いお店の紹介です(^^)。



法善寺店は客数の多さが、ラーメン作りの段取りを良くしたのでしょうか・・・。カウンター・テーブルにはラーメン・タレや生にんにく、七味と無料トッピング用調味料が丁寧にセッティングされていて、調味料を入れるべきタイミングや分量を細かく説明されています。私の経験上、天一に限っては、こういう丁寧なお店は旨い店が多いですし、ここもそれに当てはまります。昔は2週間に一回は食べてたでしょうか・・・(^^)。

クーポン券も配っていて、¥50引きとはいえ有り難かっです。

◇ 品評 ◇



★★★★☆






◆◇◆天下一品・樟葉店(枚方市樟葉駅前)

こちらの天一の品評は微妙なところ・・・3年前のオープン当初はどうしょ~も無い駄目FC天一の見本のような”こってりラーメン”でしたが、先月行ったらだいぶん企業努力をしたのか、かなりのレベルになってました。以前は”薄い・ぬるい”の2拍子でしたが、それはクリアされてました(^^)。



樟葉駅は京阪特急が停車するようになったのと、樟葉タワー(高層マンション)の落成で一躍脚光を浴びましたね・・・。この天一の直ぐ近くに第一旭の”元祖”の店があるのですが、こちらは”延髄斬り”を喰らわせてやりたいラーメンですね!(怒)。


難を言うと、トイレの芳香剤のニオイがちょっと強烈で、★3つのところ、★2つになってしまいまふ。車で15分程の距離に旨いFC天一”枚方店”があるだけに、一層努力に励んで欲しいと思います。





◇ 品評 ◇

★★☆☆☆

⑤弁天屋

★大阪環状線弁天町外回り・弁天屋


”弁天名物”というほどのモノでは・・・笑。

まあ、しかし、旨いことは旨いです。この時は何故か”そば”が食べたくて、お店のおばちゃんに東京弁で『たぬき・そば、頂戴!』と頼んだら、”何やそれは?”と白い目で見られやした(笑)。

『すんめへん、”ハイカラそば”頼みまっさ!』と大阪弁で注文し直した。おばちゃん、口は達者でしたが茹で加減のほうがサッパリで蕎麦茹で過ぎでしたなぁ~。


◇ 品評 ◇

★★★★☆(別の時に食べた、きつねうどんの品評です)

ハイカラそばは、おばちゃんの茹で加減にイエローカードどす!(笑)

★JR京橋駅内まわり・駅そば京橋


立ち食いうどん屋の激戦区京橋にあってこのお店もレベルが高いでっせ!笑。

私は、向かいの”にしき”(外回り)は”きざみうどん”、この店では”ハイカラうどん”を頼んでます(^^)。

立ち食いうどんは大阪が日本一だと思いますが、”関西風だし”は生たまごにイマイチだと思ってます。だから”月見うどん”を大阪、京都で注文したことがないのです、、、笑。

◇ 品評 ◇

★★★★☆

③ごまるご

★ごまるご・JR京都駅西跨線橋


西跨線橋というと、在来線・烏丸口(新幹線の八条口じゃないほう)に出る山陰線にも近いところです。

実は、2年ちょっと前に廃店になった新幹線の立ち食いうどん屋が絶品だったのですが、こちらのこまるごの海老天うどんも中々の水準です。

どうやって海老君の図体を天麩羅の先っちょまで伸ばしたかは興味ありますが、とにかく縦方向には海老君は着膨れしとりましぇん(-^^-)。食べて~なぁ!って感じです。

※残念ながら、ここは過去2回ほどしか食べてません。なんでかというと在来線での京都発はメシを食った後、着は駅を出てから旨いものを食うというパターンだからですねん。逆に新幹線上りホーム(今は廃店)の立ち食いうどん屋は時間待ちでよく利用したのです。新幹線名古屋駅の下りホームの”名古屋きしめん・海老”と双璧の旨さだったんですが・・・(´・ω・`)。

主なメニュー

・海老天うどん:¥400

・すうどん:¥210


◇◇ 品評 ◇◇

★★★★☆

②にしき

◇◆◇JR環状線京橋駅(外まわり)・にしき



JR京橋駅の外まわりホームの立ち食いうどん屋さんです。JRの立ち食いそば・うどん店はホームが違うと会社も違う場合が多いのでお気を付け下さいませ。店の作りもけっこう新しい綺麗なお店です。”立ち食い”に関しましては(天下一品と違って)優良店から紹介致します(^^)。


●普段は”きざみうどん”がお勧めですが、夏の暑い時”冷やし・きざみうどん”がお勧めです。京橋駅はJR2線と京阪電鉄、市営地下鉄の一大ターミナルでして、故に競争も激しくなり、一店一店の水準は高いです。


主なメニュー

・すうどん:¥190

・きざみうどん:¥250



◇ 品評 ◇

★★★★★

①天一 京都・嵐山店

テーマ:

◆×◆天下一品 京都・嵐山店


天下一品といえば、今や全国に200店を越える天一網を誇る”天一文化圏”を作りました。今となっては磐石の天一ですが、天一が登場した頃は道産子ラーメン(札幌味噌ラーメン)が日本を席巻してましたね(^^)。


このテーマは天一を愛するが故に、食べる側の立場として優良FC店を応援し、駄目FC店を淘汰したいと思います・・・(笑)。


栄えある”生け贄第一号”は京都・嵐山店でしゅー(´・ω・`)。

はっきり言って潰したい店です・・・。


品評基準は”こってりラーメン”一点のみ。こってりラーメンは天一のスタンダード・ラーメンは皆さまもご存じの通りで、直営店ねFC店も¥630という価格を暗黙の了解にしているようです。



◇昨日、食べた天一ラーメンは、”ネギこってりラーメン”¥630です。

これを頼んで先ず、ビックリしたのが”肉なし!”・・・。話は逸れますが、ネギ・ラーメンというメニューは焼き豚が入ったスタンダードに”加えて”ネギが多めに入ってると皆様お思ーいになりませんか?新福菜館にも第一旭にも”肉なし”ラーメンがあるけど、¥100引きになっている。で・この嵯峨野店では通常の天一スタンダードは”元祖京都こってりラーメン”となり¥700もするのだ!・・・絶句。


◇肝心のスープの味ですが、これが駄目FCの典型である、①薄い②ヌルイ③少ない、と”悪の三拍子”が揃ってます。客を馬鹿にするにも程がある。ある水準以上のFC天一では、(あたしは)殆どスープを残さない。どうしても”物足りない場合”のみ、テーブルにセッティングされている”ラーメン・タレ”を数滴垂らして飲んでます。こうすると、濃厚感が増してスープがパワー・アップするから・・・。にも関わらず、約1㌢スープノ残しました。



◇◇◇品評

⇒☆☆☆☆☆(←★ゼロ)

△初めて、この店で天一を食べる人へ→これは天一ではありません!すぐさま、他の天一をご賞味下さいませm(_ _)m

△天一・嵐山店オーナーへ→直ぐに天一の看板降ろせ!馬鹿野郎!自分の看板で商売しろ!(怒)