びすとろ一連

テーマ:

★京都市先斗町・びすとろ一連(簡易フレンチ)



~こちらは、観光客というより京都っ子もしくは、奈良・大阪・滋賀から日帰りで遊びに来て、ショッピングの後友達と食事とアルコールで楽しいひと時を過したい・・・そういう設定の人達が来るお店です。ロケーションも先斗町通りの三条からでも四条からでもちょうど真中へんにあるので、リーズナブルな料金とあわせて、京都では人気のお店です。湯葉や麩とかを素材に取り入れてますから、京都っ子といっても家では食べてないんでしょうね・・・(笑)。私はどちらも普段家で食べますから女性をエスコートする以外は、ここのお店では”京風料理”は食べませんけど・・・(^^)~



●GW中の、京都に観光にくる人の為の記事を思いましたが、あれこれ色々あり過ぎて悩んだ挙句、結局私がよく行くお店の記事になりやした(´・ω・`)。


●酒通に嬉しいのは、かなりの種類の銘柄が揃ってます。

各種カクテルに加え、米・麦・芋などの各種焼酎が揃えるところを見ても男の酒飲みより、女性の”イート&ドランカー”にターゲットを絞ったメニューを重視していますね(^^)。



⇒”びすとろ一連

AD

川床料理

テーマ:

★川床料理・貴船川


5月の半ばになりますと、貴船川の川床料理がスタートします。清流の上に木か鉄骨で枠組みを作ってその上に座敷を敷きつめて、天然のエアコンとマイナスイオン(昔はそういう概念は無い!笑)の中で歓談しながら川魚京懐石を楽しむという趣向です・・・(^^)。


この料理はどこもいい値段取りますよ!最低で¥12,000位からですし、もうこれは席料が大半ではなすでしょうか・・・。料理店にとっては鮎が美味しい季節限定の季節営業なので、”稼げる時に稼ぐ”となっても仕方ないですね。。。


ここへは、自動車ではこないほうが良いです。叡山電車鞍馬線で、鞍馬駅まで乗り義経ゆかりの”鞍馬寺”から貴船に抜けるハイキングコース(約40分)がありますから、ダイエットをかねて腹こなしをして貴船神社でお参りしてから、”さあ川床料理だ!”というパターンがお奨めです。





●どこも高い店ばかりですが、ここは比較的安いです。

鳥居茶屋 真々庵 075-741-2231

貴船神社より200M下流

川床料理:¥11,550、¥13,650、¥15,750 (左記に別途15%サービス料)


※写真は¥13,650の川床料理

AD

松花堂弁当 吉兆

テーマ:

★松花堂弁当

★吉兆松花堂店

~松花堂弁当という聞きなれた料理のルーツがここ京都府八幡市です。江戸時代の初期に”石清水八幡宮”の社僧”松花堂昭乗”が農家の種子入れを自分の小物入れなどに使っていたものを、(昭和初期に)吉兆の湯木貞一が旧・昭乗邸の小物入れを懐石弁当に応用したのが始まりとされています。松花堂弁当は(弁当とは名がついていても)立派な懐石料理で、これを頂くと日本に生まれて良かったなぁと思ったりします(^^)~

吉兆といえば、嵐山の渡月橋の袂にある高級料亭の吉兆・嵐山本店で有名ですが、八幡市の松花堂弁当発祥に地に、わざわざ松花堂弁当をメインにしたお店を作るあたり流石としてか言いいようがありませんね!(^^)。私は大阪単身赴任時代に、数回ですが吉兆松花堂店を利用しました。石清水八幡宮散策(男山ケーブルは使わない)の後、松花堂庭園を観て”お弁当”を頂くとなんだか幸せな気持ちになったものです(^^)

●吉兆・松花堂店 (要・予約)075-791-8077

昼:松花堂弁当¥3,859、雅¥7,518

夜:寿¥8,000~

※松花堂昭乗の小物入れ




※松花堂弁当





●関連お奨めスポット

・石清水八幡宮(世界遺産)

・松花堂庭園

・松花堂美術館


   

AD

人間賞味期限

テーマ:

●人間用・賞味期限チェッカー●


なるものを、読者の皆様はご存じでしょうか・・・。

私がWEBをやり始めて間もない頃、友人から教えてもらい、自分の賞味期限を試してみました!笑

昨日、なにげに覗いたらまだページは健在でした!(^^)



自分の食生活や嗜好(煙草や酒)、その他をアンケート形式で入力すると、ズバリ!自分の賞味期限が分かります!


※あなたの”消費期限”=寿命・死期を示すものではありません。食品と同じで”美味しく味わえる”期限・・・、つまり”男として”&”女として”の賞味期限を示すものです。アンケート自体は3分程で済みます!

お試しあれ~~!笑


時間ある人は試してみて下さい。



● ”人間用・賞味期限チェッカー ”へ行く ●



よーじや カフェ

テーマ:

★よーじや ・嵐山嵯峨野店

京都市右京区嵯峨天龍寺立石町2-13
Phone.(075)865-2212
営業時間/10:00~17:30  無休



●”油とり紙”のよーじやさんです。

今や京都を代表するブランドに成長しましたね!私は女性を京都案内する際は必ずと言っていいくらいよーじやさんにお連れします。祇園・先斗町・木屋町にお店があって、お店の中にお連れすれば私は店外で煙草を一服という段取りです(笑)。


●油とり紙、化粧品'(メイクアップ)、そして本格的なカフェがあり、時間つぶした゜けでなくて京都風情を味わってもらう為の(私にとっても)なくてはならないスポットなのです(^^)。もし、京都市が”観光取引税”なるものを創設したとしたら”よーじや”さんはかなり高額の税金を支払わないといけないでしょう・・・。それだけ観光客に支持されている見方もありますが、京都のイメージをこれだけ上手に活用して自社ブランドを育てた会社も珍しいですね。


お土産に是非お奨めです!理由は小口買いができて値段が安くてカサばらないからです(^^)。生八つ橋や京漬物も喜ばれますが、生ものだし嗜好品は色々厄介ですね。



★よーじや・カフェ


既に経営財政基盤がある会社の半ば趣味・イメージアップの為に作った”カフェ”ってけっこうイケてますよ!ガメツク儲ける意図がないですから、メニュー値段も良心的だし、第一京都のイメージを味わうことができるイケてるカフェです。


三条店(麩屋町通)、銀閣寺店、嵯峨野店と京都の重要な観光スポットに配するあたり、よーじやさん はよく考えてらっしゃる!私は、三条店をよく利用しますが、財布の中身を心配することなく観光を楽しむ女性を安心してエスコートできましゅー(^^)。


よーじや さん、通販もやってます。

センスが良い ホームページ がありますので是非覗いてみて下しゃい!


葵祭りがやってくる♪2

テーマ:

★平成17年度葵祭・斎王代


葵祭りには、他のイベントでいう”ミス○○”、”イメージガール△△”のような、葵祭に相応しい女性が毎年選ばれます。私の家族が住む平塚市にも『 ひらつか七夕 』があって毎年、”ミスひらつか七夕”が選ばれますが、歴代の斎王代と比べると”寂しさ”を禁じえません(笑)。



(頂いたコメントの)”みく姉さん”の問いかけに、見事に”z-plusさん”が答えて頂いたので、記事を書く手間が省けました(笑)。今年の斎王代様になんの恨みもありませんが、ある程度お金はかかるようです。このお嬢さんも、某 IT 企業の社長令嬢です。池坊の娘さんとこか、とにかく家柄&財力重視であることは確かですね。


そんな”夢も希望もないことを・・・”と仰る方もいらっしるでしょうけど、あたしの妻子のいる平塚の” ミス七夕 ”なんか、そりゃあ あなたヒドイですよ!選考委員は市会議員レベルで(同じ神奈川の)横須賀市の市会議員の娘を、平塚のミス七夕に選ぶ見返りに自分の娘を横須賀の”ミス・カレー娘”に選んでもらう・・・なんてザラです(笑)。




って、一応この娘さん、平安時代の美女ということで、読者の皆様納得して下さい!笑。

追伸:toutoumi さん、あたしが選考委員なら”年齢に関係なく” あなたのセンスに一票を投じますよ!(^^)

●この記事は、


読者さんがあんまり、いらっしゃらない頃のものです。

ちょっと” マニアック ”なレシピなことが災い(?笑)して、このまま一つもコメントを頂けなくて死に行く記事かと思ってましたら・・・なんとなんと、本日コメントを頂戴きました!!


嬉しくなったので再掲致します!!(^^)



※以下”===”より下の部分が2月15日に記事にしたものです(^^)。





=======================================


スッポンの捌き方

素人の人は真似してください!(笑)…。

社会人になって、はじめて”スッポン鍋”をご馳走になった時、こんな旨いものがあったのか…と感動したものです。でも、お店で食べるには少し高い…、大阪のジャンジャン横丁の”大和屋さん”がが一番安かったが、それでも高い…(笑)。

という訳で、スッポン料理は自分で作るのが一番!

●準備…通常の寄せ鍋を作るつもりで、土鍋と(鍋に入れる)野菜一式を用意。スープは、水と昆布と生姜と醤油だけ。刺し身(盛り合付け)用にツマ大根と大場を少し用意。丈夫な料理ハサミと文化包丁で捌く。

●心構え(?笑)…『喰い付いたら、死ぬまで離さない』というのは嘘。とても優しい臆病な生き物です。”手足がある、生きた魚類”のつもりで捌きます!

●①首落し…一番ビビる工程です。割烹屋のプロのように格好良く出刃包丁でスパッ!なんて真似してはいけませんよ。スッポン君をシンク(流し場)に逆さまに休んでもらいます。腹の甲羅の真中辺に水道の蛇口から水を流します…。そうするとスッポン君は”起き上がろうとして”足を甲羅から出します。それでも起き上がれないと、今度は首を目一杯限界まで出して、シンクに頭を付けて起き上がろうとします。

少し、残酷ですが、この瞬間に料理用ハサミを首を挟むように添えて一気に”ザクッ”と首を切断します…。

②生き血の採取…直後首(の切断口)から血が噴出しますので、甲羅を持って、ワインを入れたグラスに血を入れます。逆さにして約20秒で血は殆ど出ます。

③甲羅上下分離解体…首口→前足口→後足口→尻尾口、と”→の個所”薄い骨で繋がってます。左右対称6ケ所、ここも料理用ハサミで切断します。

次に文化包丁を上の甲羅面内側に”沿うように当てながら”甲羅と肉を剃りきりしながら分離します。

④盛り付け…甲羅内側にツマ大根と大葉を置き、その上にセンス良く、心臓・肝臓・玉子・肉の一部を刺身として盛り付けます。残りの(肺以外の)内蔵と首、足、尾、肉は鍋に投入します。

⑤以上で、約10分…。10分でしたら首もまだ動くし、心臓もピクピクしてます。

はじめての人で5匹くらい捌くと心臓が生きた状態で皿に盛って食べ始めることができます!

===================================

★仕入先…大阪近辺の方なら、天満市場が一番安い、次いで鶴橋市場、黒門市場の順でしょうか。それ以外の方でしたら、大きな市場の”川魚専門店”なら在庫がんくても注文すれば入荷してくれます。川魚専門店とは他にウナギ、ナマヅ、鯉、川海老など店先に並べてますので分ります。海系の魚屋ではおそらくスッポンは仕入れルートはないと思います。

★ちなみに、天満市場の”鮒忠”さんは、川魚以外にフグや他の珍味も置いていて、”顔になれば”安くしてくれるか、活きの良いスッポンを分けてくれます。

1キロ、メス3,500円、オス3,000円くらいですかね!

★私は延べ、50匹くらい捌きました。最初の頃は可哀想で、酒を飲まないと捌けませんでしたね。










肉じゃが

テーマ:

★肉じゃが 《 日本版・ビーフシチュー



和食料理の中で誰でも作ったことがあって一番簡単そうで結構難しいのレイピのひとつは”肉じゃが”ではないでしょうか・・・。これ料理本、ウェブで調べても(これでもか!というくらい沢山:笑)砂糖・醤油の分量とかが詳細に書かれてますが、レシピ通り作ってもなかなか好みの味になりませんよね・・・。


それは、材料毎によって加熱時間や砂糖・醤油・塩の染み具合も違うし、第一” 何時食べるか? ”によってもサジ加減が違いまいよね。一見簡単・単純そうに思える” 肉じゃが ”は、実は料理の最大のセンスである” サジ加減 ”と( 何時を食べごろにするかという )”実食時間想定”が難しい料理なのですよ(^^)。


肉じゃが、が自分の思い描いたように作ることが料理できれば、他の煮物料理も原理は同じですから、なんでも上手できるようになります。それに肉じゃがの材料費って安いでしょう?失敗してもどうってことないんです。



何時食べるか・・・今晩食べるのか?明日食べるのか?要は煮汁の染み具合の問題ですが、”今晩食べ”なら一度自然に冷まして、再度暖める時間的ゆとりを持ちましょう!ベストはカレーと同じ”一日置き”ですよね(^^)。


具の大きさと断面を均一に・・・じゃがいもと人参を同じ大きさに、という意味ではありません。同じ材料同士揃えましょうという意味です。断面が同じでないと染み具合にムラが出て美味しくないんです。じゃがいも(極端な)煮くずれを防ぐ為には”面取り”しましょう。


●”さしすせそ”の原則遵守・・・砂糖はレシピ指定の80%を一度に入れたら残りは少しづつ、足して加減を見て下さい。塩も同様です。特に塩は浸透が早いのと、一度染みると抜けませんからなるべく最後のほうに入れましょう。醤油は最後です。


●牛でも豚でも焼いたら一度洗うことをお奨めします。余分な脂を落とす為です。始めの煮込みようの水は多めのほうが良いですよ。多くても後で捨てればよいだけの話です。



☆『 肉じゃが 』は”日本版・ビーフシチュー”って、ご存じですよね?日露戦争勝利の立役者・ 東郷平八郎元帥の発案? の料理です。広島県呉市と京都府舞鶴市で冬になると”肉じゃが・元祖バトル”を繰り広げてまふ(笑)


アビーロード

テーマ:

★東京都六本木・アビーロード(ライブ・ラウンジ)

これは、酒談義なのかなぁー・・・。社会人になってからの独身時代からの思い出の場所ですね(^^)。

キザないい方をすると 『 ビートルズはバイブルだった 』 ですね・・・(^^)。

だから、日本の歌手に興味が湧かなかったですねー、歳三少年は。ちょうど”御三家”(西城秀樹・郷ひろみ・野口五郎)が活躍してたし中三トリオ(山口百恵・森昌子・桜田順子)に同世代はキャキャー言ってましたが、あたし『お子ちゃまやの~!笑』って、斜めに見る生意気なヤツでした(笑)。


まあ、そういう思い出があった訳です。ビートルズ(そっくりさん)・ライブハウスはここともうひとつ”キャバーン・クラブ”というのがありまして、そちらもよく行きました(^^)。



で・大阪単身赴任時代に梅田のライブハウスに行ったんですが、これがキャバーン~かアビー~か思い出せんのですなぁ~(涙) 

くら寿司

テーマ:

★近畿圏・くら寿司(回転寿司)



回転寿司が好きなあたしの、イチオシのチェーン店です。

全て一皿2カン100円(税込み¥105)の回転寿司です。関東にも最近進出し始めました。

私は地方出張したらラーメン、そして回転寿司を必ず食べます。2カン100円という条件なら恐らく(北海道を以外では)本州では”くら寿司”が日本一ではないかと思います。

関西では10年程前にアトムボーイとい回転寿司がブレークして成功(今は下火)しましたが、アトムのあと”あきんど”が結構頑張ってましたが”くら寿司”で真打登場!って感じでしょうか。


くら寿司の主な特徴としては

①米屋が母体なのでシャリが旨い

②無添加調味料使用(あんまり味には関係ない:笑)

③レーン上に流れる時間制限を設定(バーコード・システム)で55分間レーンの上に流れた皿は自動的に廃棄処分となる。

④”子供騙しネタ”が少ない


とまあ、こんな感じですが、くら寿司が登場するまでは、西の横綱だった”あきんど”と比較してみますと・・・

※ハマチ、うに、マグロ赤身は”あきんど”のほうがネタが大きい。

※鯛、平目、エンガワ、鯵、ビントロは”くら寿司”のほうがネタが大きい。

但し、鮮度において(上記の③の理由もありますが)全対的に、くら寿司が圧倒してますね。


※くら寿司(でなくてもどこでもそうですが)では、レーンに流れてる皿より、3~5皿まとめてインターホンで注文されることをお奨めします。特に私秘伝の注文法”一皿1カン・オーダー”をするとネタが2カン分(シャリ1カン分)なので、リッチな気持ちになりますゼ!笑




くら寿司ホームページ