★ご挨拶★

テーマ:

~リニューアル前は大変お世話になり、ありがとうございました。
4月1日もご贔屓の程宜しくお願い致しますm(_ _)m~



4月1日以降、下記のテーマを増やし読者の皆様により喜んで頂けるブログを目指します!



●『立ち喰い・そば うどん
新たにテーマを決めて京都・大阪・神奈川・東京の駅近辺の『立ち喰い・そば うどん』の情報を発信致します。


●『薬膳ダイエット・レシピ
”体に善い”を基本に美味しくて、低カロリーな歳三秘伝のダイエット・レシピを発信致します。

AD

美玉屋

テーマ:
★京都市下鴨・美玉屋(和菓子)


~(私が)昨秋から真剣に取り組んで来た”減酒”が昨暮にやっとなんとか達成できて、最近は飲む日だけでなく、(飲酒日の)酒量そのものが減ってきました。その副産物が甘味要求ですね!笑。バイカル”のケーキしかり、下鴨洛北高校前交差点から半径1㌔のケーキ屋さんはほぼ制覇しましたし。で・勿論甘味和菓子にも手(舌?)を染めるのですが、”賀茂みたらし茶屋”しかり。そして、大事な大御所をすっかり忘れていました!『美玉屋』の”黒蜜だんご”です!笑。ジャージ姿、無精髭で買いに行ける近場にあったじゃないッスか!~



●人間の嗜好の記憶といものは恐ろしいものです(笑)。何度も進物に買いに行ってたし、家でも食べてましたが”酒オンリー”で甘味は義理で食べていた時代は、こんなに旨くて・有名店だとは意識しませんでしたし・・・(´・ω・`)。


それは、さておき『美玉屋』さんの黒蜜だんご、石臼で手引きした上新粉と八重島に限定した黒蜜を、季節に関係無く”すべて手作業”で丁寧に魂を込めて一つ一つ作られています!(って、酒が命の時はこんなこと考えもしなかった!笑)今では、全国的的に有名で、(四条)高島屋と(JR京都駅の)伊勢丹が出店して欲しいと何度も要望を出すまでの名店に成長されました



主な品書き
・黒みつだんご:\925(10本)



※京都に車でお越しの時は、北大路通りの下鴨高木町の美玉屋で一時停止を!
※不定期ながら、高島屋・伊勢丹でも時々臨時出店しています!

AD
●『立ち食い"そば・うどん"屋』情報、激しく募集中です!●

4月からの新テーマとして考えてます。”ラーメン食べ歩きネタ”は既に、不良中年が参入する余地がありましぇん!笑。関東・近畿圏での情報を頂けましたら、機会を見つけてそば・うどんを喰い倒したいと思います!読者の皆様、ネタ宜しくでしゅm(_ _)m


★『早朝グルメのオデッセイ』~ウェブページ発見!


~”コブラ酒”に続いて、(個人的な趣味ですが)面白ページ見つけました。早朝から仕事をされる方が管理人さんのページです。その中の番外編という扱いで”関西立ち食いうどんランキング”なるページがあり、ご紹介の為に画像7枚転写編集しました。ここのページに訪れると、他の"立ち食いうどん・そば"ファンサイトとリンクされていて関東、その他の情報も検索できますよ!~



早朝グルメのオデッセイ


このページさん発表の関西立ち食いうどんベスト⑥(画像右肩番号)
①.駅そば(JR姫路駅)
②.とにかくうまい(天六)
③.京橋浪花(京橋)
④.大和うどん(豊南市場内)
⑤.笑門(JR野田駅)
⑥.三国そば(阪急三国)



●私は、大阪環状線の京橋駅・外回りホームの『にしき』という立ち食いうどんが好きです(他は食べてません:笑)

●この、”立ち食いうどん・そば”というジャンルは昔から達人のような人が多いですね。何かの本で見ましたが国鉄時代の東海道本線(東京-神戸間)の駅の”立ち食い”を実食したとか・・・(笑)。しかもデカイ・ターミナル駅ともなると上り下りだけでなく色んなホームにある立ち食いを”全て制覇”するのですが、そりゃー凄げー世界ですよ。フレンチがどうだとか中華、イタリアンがどうだ等と能書き垂れるグルメ評論家の本なんか読む気になりまへんが、『東海道立ち食い完全制覇男』のお話は是非とも聞いてみたい気がします!笑
(鉄の胃袋を持つラーメニスト大崎裕史氏もビックリするでしょう!笑)



●この記事書いていて思い出しましたが、(福島の)磐越自動車道の会津⇒郡山側の”五百川SA”のラーメンは旨い!それと、新幹線名古屋駅下りホームの立ち喰い”海老天きしめん”、それに無くなって非常に寂しいですが新幹線京都駅上りホームの立ち食いうどんも好きでしたねぇー。


読者の皆様、”立ち食い”の耳寄り話教えて頂けませんか?(^^)
AD

平野家本家

テーマ:
★京都市祇園・平野屋本家(京懐石・いもぼう)


~コブラ酒等と遊びネタを書いてる場合じゃありませんでした(笑)。平野屋本家といえばいもぼう、いもぼうといえば平野屋本家。(京都の)誰に聞いてもそう答えるくらい有名ですね。九州発祥の海老芋(唐芋)と松前藩の(宮様への)献上品である棒鱈を合体させた宮廷用煮込み料理です。”いもぼう”発案・創業の平野権太夫から300年、平野家が伝統を守りつづけた味です。~


●ロケーションも八坂神社・丸山公園(ここで海老芋も移植した)と抜群の地で、京都ッ子でなくとも一度は食べて欲しい思い出に残る味と表現しましょうか。

ただし、いもぼう自体は庶民料理の”おばさんざい”で庶民価格で食べられますから、何度か食べ比べをした後で”本番食”に望のれることをお奨めします(^^)。



主なメニュー
・いもぼう懐石:\8,400
・都御膳:\5,880
・花御膳:\3,450

※全て、年中無休ですが、完全予約制ですのでお気を付け下さい。



余談ですが、京都にはあんまり”グルメ&性風俗セット”という接待パターンはありません。江戸時代に大坂でグルメと遊郭で接待して、その商談が決まったならば船で遡上して京都では、京料理と舞妓(性接待なし)でもてなすという接待パターンがあったからです。

勿論、京都にも沢山遊郭はありましたが、どういう訳か最近は風俗が表舞台にはあんまり出てきませんね。余談ついでに、京都市内(特に)繁華街は『ラブホを探すのに結構苦労しまっせ』(笑)←と、”友達”が嘆いてました!

伏見十石船と米麹菌

テーマ:
★京都市伏見区・十石船(屋形船クルーズ)


~クルージングという言葉は格好えぇですが、見ての通りの屋形船です(笑)。でも、これが良いのですよ、風情があって!昨日から運行のシーズン到来で、この画像は京都新聞(夕刊)電子版よりの転写です。伏見は酒処としても有名ですが、坂本竜馬や新撰組がドラマで取り上げられる度観光客が増えて行きますね、土曜日に運行開始です。そして同じ日、伏見の蔵元主催で今年の冬に仕込んだ”きき酒”も開催されました。~


●十石船が月桂冠大倉記念館裏手から一日18便、三石船が寺田屋船着場一日6便運行されます。3年程前私が乗船した時は酒と地鶏が旨い”鳥せい本店”で十石船の割引チケットを配布していた記憶がありますが今はどうか分りません。伏見は秀吉の時代に当時の土木技術を駆使して大開発された水の都でもあります。伏見桃山城も魅力ある観光スポットですし、竜馬ゆかりの寺田屋、竜馬通りと狭いエリアに見所満載です。

●近年の清酒人気低下をうけて、伏見の日本酒蔵元が新酒のきき酒を一般公募抽選で
参加者をつのって酒造組合で土曜日に実施されたもの。こんな話、私に教えてくれていれば応募したのに悔しいでし☆。月桂冠、黄桜、宝酒造、神聖・・・魅力的な日本酒がギョーサンおま。


清酒人気の低下は、他に旨い酒が沢山登場したことが主原因ですが。マズイ日本酒を作ったことも一因していると思います。酒の瓶・紙パック・(ワン)カップの原材料・成分表示を見ると”米・米麹”に加えて”醸造用アルコール”と表示されていれば、それが即ちマズイ日本酒です。本来、(天然の)米麹菌の仕事を醸造用アルコールという名の化学合成品を添加して代用させた訳ですから、味に影響があるだけでなくて、”肝臓に悪影響”が大アリなのです。脳梗塞や肝臓癌など元凶と指摘する医師もいます・・・。

そんな話、嘘じゃ!と思うお人は、一度別々の日に分量にして8合~1升の、純米酒と醸造用アルコール日本酒の飲み比べをしてみて下さい(笑)。明らかに、二日酔いの程度に差が出ます。その差とは、米麹が作った天然アルコール工業製品である醸造アルコールによる肝臓の解毒・排泄機能の差なのです。


少し割高になりますが、日本酒を飲むなら純米酒を!!

●伏見に美味しいラーメン店が2店あります、大黒ラーメン玄屋です。両店ともテレビで何度も放送されている有名店です。大黒は食べたことありますが、玄屋はまだ食べてません。伏見に遊びに行くと他に食たいモノと日本酒があるのでラーメン用の胃袋が確保できないのです(笑)。満腹に近い状態のコンディションで”ラーメン・ティスティング”するのは失礼ですしね(笑)


京阪電鉄の話 ~京阪乗る人。おけいはん♪~

伏見界隈がその昔、一大ターミナルだった証のエピソードとして京阪電鉄と奈良電(現・近鉄京都線)が相互乗り入れしてました。丹波橋駅が乗り入れ駅で、この時代は京都市電まで中書島まで乗り入れをしていたんです。って、文献で見た話なので私が乗ったわけではありませんが・・・(^^)。そう言えば、名神高速もJR東海道も阪急京都線も全部淀川の西側でメイン通りの感がありますが、江戸時代までは(京都三条の先の)東海道五十七次は今の京阪本線がある淀川東岸だったんですね。その阪急京都線も元は京阪電鉄が敷設した路線を阪急がまんまと棚ボタで手に入れたようなもので、お上に弱い(政治力が無い)京阪電鉄というのはなんとも可哀想な会社ですね、
おけいはん”涙でし


コブラ酒飲みますか?

テーマ:
●コブラ酒飲みますか?(´・ω・`)


~昨日、ミルミルさんのブログで面白い記事を見てしまいまして、それがナンカ妙に頭にこびり付いていて、マムシ酒についてネット検索しました(笑)。私自身10年程前に、取引先のクレームを許してもらう交換条件で、そこの社長が差し出したマムシ酒(マムシ一匹を焼酎漬け)にしたものを飲まされた経験があっただけに、面白くなり検索している間にこんな会社を見つけてしまいやした!笑~(※クリックで画像拡大)


いやー、世の為・人の為とはいえ、凄いモノを研究開発する人がいるのですねー!笑


●※写真のコブラ・セット説明
セット内容:¥29,400
・コブラ1匹(110g)
・すっぽん1匹(110g)
・マムシ2匹(40g×2)
・クコの実(100g)
・漬け込み用ボトル2本
※今回はサソリ5匹をプレゼント!一緒に入れても小瓶で漬けても!

※精力の向上には血行を良くするマムシミネラルたっぷりのコブラの併用がお奨め。内蔵も元気になります。



e-suppon.net

ご興味あるお方は、クリックして覗いてみて下さいまし(´・ω・`)


==================================


※尚、ミルミルさんは日頃からは私が尊敬している女性管理職の人で、マムシの記事には一切関係無いことを、ここにお断りしておきますm(_ _)m。


★バジルのトマトソース・パスタまったり風


~まったりさん、一丁旨いパスタ作って、嫁さんのより一層の尊敬を勝ち取っては!と・・・愛のレシピを考えやした。あたし自身の嫁和解作戦で使うシンプルかつメチャうまレシピたい。主役はベランダのバジル。トマトソースとパスタだけのシンプル料理ですたい~


●材料と下準備(2人分)
・パスタ:200g(リングィーネ)→無ければφ1.6㍉以下ロングパスタ
・ホールトマト:1缶(中のトマトが固まりの場合は1cm四方位に指でちぎる)
・トマト1:2cm角
・ニンニク:1かけ(厚さ2㍉スライス、芽除去)
・ハーブ:適量(多いほうが美味だから、市販の1.5パック分くらい)
     ※葉→食用、茎→香り付け用
・粉チキンブイヨン:小さじ1
・オリーブオイル:大さじ2
・タカのつめ:1(5㍉きざみ)無くても可
・ベーコン:1切れ(2cmくらい)
・ハーブソルト適量
・粉バルメザン・チーズ:『まったり用』→必須(笑)



●調理とポイント
※バジルの香りを殺さぬこと、リングィーネの茹で時間厳守。

①家にある一番デカイ鍋で麺茹用の湯を沸かす(多めの塩)。
②大きめのフライパン(後で麺を入れるから)にオリーブオイルを入れて弱火でニンニクとタカのつめに火を通し色が変わったら両方取り出す。そのフライパンにベーコンを入れて弱火でカリカリになるまで火を通し、
③ホールトマトを投入して煮たったら、粉ブイヨンを入れて混ぜながらトマトの水分を飛ばし、(香り着け用)茎バジルを入れてシナったら取り出して角切り生トマトを入れる。
④ハーブソルトを少しづつ加えながら少し辛めに味を整える。サラサラ状態になる手前にタイミングを合わせて4分間茹でたパスタをよく水を切りフライパンに投入。箸で混ぜて1分混ぜたら、
⑤綺麗に、お皿に盛りつけ、パスタの上にタカのつめとニンニクを置くように並べて、最後に葉バジルを乗せて出来上がり!



・・・、と最後の最後に粉バルメザンチーズを好みの量振りかけて、今度こそ『バジルのトマトソースパスタ”まったり風”』出来上がり!!


旨いですたい!嫁さんのお好みのアルコールとともに召し上がれ!


※できたら、白ワインか焼酎ロックが合いますたい。
※リングィーネは6分茹説明ですが、湯4分+フライパン1分の計5分を守ってくださいよ!(^^)
※夜はバジルの鉢をバスルームに置くと成長が早くなりますたい!笑







牡蠣の五穀米豆乳リゾット

テーマ:
★牡蠣の五穀米豆乳リゾット


~日本古来の穀物が持つ甘味とモッツァレラのまったり感が融合したイタリアンのシンプル・オジヤです。牡蠣の滋養栄養素は五穀に含まれるビタミン、ミネラルがあって初めて活性化されますよ。牡蠣シーズン最後で値段が安くなってますので、是非お試し下さい(^^)。~


●材料と準備(二人分)
・米60g、五穀米30g(洗わずに使う)
・牡蠣100g(生食用)
・グリンピース、しめじ(無くても可:彩り用)
・にんにく3かけ(ミジン切り)
・モッツァレラチーズ30g

・水150ml、豆乳180ml
・チキンブイヨン1個
・オイスターソース大さじ1
・オリーブオイル大さじ1



●作り方とポイント
①鍋で、ニンニクをオリーブオイルで弱火で炒め、色が変わったら、水・豆乳を暖まったらチキンブイヨンを入れて溶かす。溶けたら、米と五穀米を入れて煮立たせる
②米がコリコリの状態で、チーズを入れて全体に馴染むようにゆっくり混ぜる
。ここで、牡蠣・グリンピース・しめじを入れて火を通す。混ぜて馴染んだらオイスターソース、塩で味を整えて、米&五穀米のアルデンテ状態を確認して、最後に好みの粉ハーブをかけて出来上がり!(^^)



超簡単にできますので、干しワカメ、干し貝柱やアンチョビ等好きな具をトッピングして楽しんで下さい。


※焼酎ロックか白ワインが合うカモカモ!

有次

テーマ:
★京都市錦市場・有次(料理包丁専門店)


~もし、身近な方が料理人を目指していたり、料理がそこそこ出来る新婦、それに釣り・板前さんにプレゼントをお考えでしたら、京都の錦市場にある包丁の老舗『有次』をお奨めします!下手ゴルファーがクラブに拘る以上に料理が好きな人は道具に拘るからです。私もイタリアンとかフレンチなんかは切れ易いチタン万能包丁を使ってますが、刺身(造り)の時は有次の”刺身包丁”を使ってます。~



●包丁に『有次』の刻印がなされていて、その道の人で知らない人はいないくらい有名な”包丁ブランド”です。昔ながらの凄腕の”鍛冶屋”さんが一品一品魂を込めて造る逸品です。

●私自身は錦市場で食材を見るのも楽しいのですが、必ずここに寄って包丁を
見て楽しむという”変な癖(?笑)”を持ってます。お店の人は非常に親切丁寧に商品説明をしてくれますし、買う買わないに関わらずウインドショッピングのお見世にお奨めですよ!(^^)


博多一風堂

テーマ:
★京都市中京区錦小路・博多一風堂(ラーメン)


~博多一風堂の(京都)錦小路店です。私の大阪時代は”味べえ”の隣り長堀店のほうによく食べに行きました。2002年にオープンした時は”赤丸・新味”\650、”白丸・元味”\550という割安感の時代が続きましたが、今はそれぞれ\100UP!(涙でし☆)。私個人としては(トッピング無しの)スタンダード・ラーメンが\750というのはちょっとキャパシティを越えるモノがあり、値上げ後は一回しか食べてまへん。一風堂さん、(私専用に)”貧乏丸・昔値段”という新メニュー作ってもらえまへんか?(´・ω・`)…~


主なメニュー
赤丸・新味:\750

白丸・元味:\650


●豚頭とげん骨と2つの部位を別々に仕込んでブレンドしたスープで、豚骨独特の臭みがなく女性客を味方につけたのがブレークの要因かもカモ。極細麺とよくマッチして替え玉したくなる美味しい豚骨ラーメンです。この”ソフト・博多長浜スタンダード”タイプが『白丸・元味』。これに濃厚味と香味油を加えたものが看板の”赤丸・新味”。食べたことない人は是非一度ご賞味くだされ!(^^)


※錦小路の大丸の裏手にお店があります。
※(大阪の)一風堂・長堀店は『天丼・味べえ』の(心斎橋筋寄りの)お隣りさんにあります。