今日、日本レコード大賞を見ていたら、

上戸彩が司会をやっていた。

M-1もそうだったし、今年は上戸がブームなのか・・?


というのはさておき・・・・

ライバル会社がスポンサーをやっていたこともあり、

上戸彩主演のドラマ「セレブと貧乏太郎」にはまっていた。

マイブームでなく、確か視聴率も高かったので、

一般的にヒットドラマと言えるはず・・・

改めて、あのドラマはこの時勢にぴったりだったように思う。

逆に、こういった時勢でなければ、もしかしたらヒットしてないかもしれない。。


というもの。。。


資産○十億円のお嬢様と、住むところもままならない貧乏太郎との恋物語なのだが、

こんな暗いニュースが飛び交う中、

やたら羽振りの良い現実離れした話の中にも、

貧乏太郎という現実味のある登場人物。


自分自身のおかれている状況と照らし合わせながら

セレブへの憧れを感じつつも、

金持ち=幸せ ではないという方程式を、

恋物語を交えながら見事に描いてあって、、、


どんな状況でも、人の幸せのものさしは、

地位や名誉や資産だけで測れるものではなく、

周りの人を思いやる気持ちであったり、人とのつながりでも測ることができる隠れた命題に、

救われるというか・・・、そんな人が何人いたか?


まぁ、ああいったトレンディー系のドラマで、

そこまで深く考えている人がそもそもいたかどうかは、

疑問であるが・・・笑



話は飛躍したけれど、

今日、レコード大賞をみていて、

羞恥心の上地上戸のツーショットが、ドラマが終わってもなお見れると思っていたなかっただけに、

セレブ&貧乏太郎ファンの私的には、嬉しかったわけです。


それが言いたかったがために、これだけ長い内容になってしまったことを、

お詫びいたします。。。。




それはそうと・・・・・

人を幸せにできる仕事っていっぱいあるけれど、

(基本的に、それ以外の仕事を見つけるほうが難しいか。。。笑)


テレビに出る人の力ってすごいなって、改めて感じました。


この前、お笑い番組を見ていたら、

審査員らしき人が熱く語っていたのだけど、

まさにその通りで・・・


「芸人さんって、人に(どんな状況であっても、)笑いを起こさせる、人を幸せにできる、最高のお仕事ですね。」


そして、私は誰を?どうやって?幸せにしたいの?って、

自分にも問いかけてみた。


話が飛躍しすぎて、わけがわからなくなってきたので、

今日は、これでおしまい。


AD

大波乱の巻

テーマ:

いやぁ~テレビをつければ、暗いニュースばっかりですが、

ついにうちの会社も波乱が起きそうな予兆が起きております。


自分自身の身に起こるかどうかは別として、

影響が及ぶことは必須ですね。。。


一緒に仕事をしていた人や、同期メンバーの退職など、

年末にバタバタと暗いニュースがありましたが、

年明けると一気にそういう話題も増えるんだろうなーと思いつつ、

だんだん、うちの会社にいる意味みたいなものも、

考えるようになってきた。


私が入ったころは、割とイケイケ系の会社で、

がんばったらがんばっただけ・・・やりがいのある仕事や待遇が・・とか、

若い尊敬できるメンバーがたくさんいる中で働くことに刺激を受けられる環境があったりとか、

ちょっと思い切ったこととか、割と自由にできる環境だけど、

会社が合併して、いきなり使えねーおっちゃんらに囲まれて、

意味不明な状況に立たされて、

さらに、上場廃止や親会社へ統合みたいな話が相次いで、

今となってみては、うちの会社の魅力って?

みたいなところが疑問になりつつある状況。


会社がやばい状況の中で、頑張ったとしても、

短期的な見返りは期待できないし・・・・

でも、自分的には、年齢的にも今が一番大事な時だったりもするから、

思い切ったことをするべき時なのかなと思ったりして。


なんか愚痴みたいで嫌なので、

会社依存ではなく、自分自身で楽しいことをかんがえて、

こんな暗い世の中でも明るく楽しくなれる自分で居たいと思うのです・・

AD

夢について

テーマ:

夢って何?

っていう言葉が一番嫌い。だった。

(特に、新卒採用の面接などで聞かれるときが一番困る。)


なぜかって・・・・

人に誇れる夢が無いから??


人に誇れるって??

それって、周りからどうみられるかで、自分自身を評価しているみたいで、

嫌だけど、事実そう思っている自分がいるのは事実で・・・


人にどう思われようが、

自分はコレをやりたいんだ・・!

って思えるもの、あるかな?


って、ちょっと考えてみた。


最近は、割と自分の中でもやりたいことをやりたい様にやれていて、

そういう環境がすごく貴重。


まだ、少しでも自分がなりたい自分に近づけている。


これまで、人からどうみられるかっていう自己顕示欲みたいものが強すぎて、

『自分がヤリタイコトをヤル』じゃなくて、『周りの人がやれないことをヤル』

っていうのが、自分のヤリタイコトになっていた。

しかし、それの繰り返しをしていくうちに、気付くと・・

人がやれないことをやって、確かに満足感は得られたし、

人一倍努力した!っていう達成感はあるけれど、

じゃ、私って何?私がしたいことって何?っていうのが、

だんだん見えなくなってきた。


結局、それが夢の無い自分に繋がっていたのだと思う。


ただ、社会人2年目になって、

その事実に気付けて、私は必死で自分がやりたい方向へ向かおうと、

努力してみた。

最初は、人から元気ないね?って言われることも多かったし、

そう思われている自分に違和感があった。


闘志むき出しで、

周りから注目を受けることが自分の美学だっただけに、

そこから離れるっていうこと事体が、すごく辛くて・・・・


ケド、そんなことを1年半続けていくと、

それが自分!って胸をはっていえるようになった。


そして、

そうするうちに、自分がやりたいことっていうのが、

すこしずつ見えるようになってきた。


だからこそ、

やりたいことへの実現に向けて、本気でやってみようかと。。。


そんな気になれただけで、

一歩成長です。

AD