夢を叶えた!?

テーマ:

小学校時代の吹奏楽部仲間の星村さんが今日から開始のドラマ、

Tomorrowの主題歌に決まりました!!

キレイなメロディーと麻衣さんの大人っぽいセクシーな声がマッチしていて、

頭に残る、残る、残る。。。


以前も江角マキコ主演のマルサの女でも主題歌をやっていましたが、

久々に再注目されることに!

http://www.tbs.co.jp/Tomorrow2008/music/


菅野美保と竹之内豊に囲まれて・・・


うらやまっし~~~




一方、私はというと・・・・


私の夢。


目の前にいる人に驚きを伴うハッピーを与えたい!!


驚きっていうところが最大のポイントなわけで。。


驚きは私の最大のテーマ。

自分が驚かれる人間でありたい。

そして、自分が驚きを与えられる人間でありたい。



きっかけは、、、○○テレ!!テレビ




ではなく・・・・




学生時代の不動産のバイト。

うちの大学への入学が決まり、下宿用の賃貸マンションを探しにきた親子。


私:「何か譲れない条件とかあります?」

親子:「ない・・・・・・・・」

私:「家賃の目安とか?」

親子:「安ければ安いほど。。あ、あとトイレとバスは別々で。」


(まぁ、それは当たり前やん!と思いながらも・・・子の芯の要求を聞き出す)


学校の周辺だけで行動するタイプではなく、

少し遠くても色んな価値観を取り入れながら積極的に行動してくタイプ。


田舎から出てきたような子だから、

ごみごみした立地より、少し落ち着いたゆったりした環境が好ましい。。


スーパーが近いというよりコンビニ。。



見たいな事を、短時間のヒアリングの中から、

その人の大学生活を描く。


そして、ココだと思ったマンションを進めた。



車で連れて行く・・

その人に、生活観を描いてもらえるように。


学校へはこうやって通って・・

帰りはここでご飯を食べて・・・

何か日用品に困った時にはここで買って・・

バイトはこのあたりでやって・・

休みの日はここで友達と遊んで・・

という感じで。


そしてマンションへ着く。


さー、どうでしょう?


と、言った瞬間。



子供の目が光る!



「僕、ここ気に入った!ここにします!!!」



親の目も光る!



「良いマンションを紹介してくれてありがとうございます。

ここに決めさせてもらいます。」


と、感謝をされた。

本当に嬉しかった。


実際、そこまでやっているメンバーは社員まで合わせても誰も居なかったと自負している。

結局、駅チカor学校チカ + セパレート + 家賃も平均的

というような物件を紹介することが最も無難で成約率もよく、

今回の用に、駅から遠い物件を紹介するケースは殆んどなかったのだ。


しかし、お客様の意見をほとんど聞くことなく、

同じような物件だけを紹介していくことに、

私は何の興味も無く、お客様満足!を第一に仕事をしていた。


そうやって自分が自分なりに信念をもってやっていたことが、

実際にお客様からの笑顔という形で返ってくる瞬間はたまらなくやりがいだった。


時給800円だけど・・・涙、



当時、私は、学校でDNAの研究をしていて、

植物の生理的現象の解明!という将来役に立つのかどうか、

社会的価値があるのかどうかも分からない、

一見、趣味の領域では・?と思えるほどマニアックなことをしていたせいか、

今回のお客様からのありがとうの一言で、

これだ!!!!と、私の中に衝撃が走った。


そして、今に至るのだが・・・

【インターン時代】

◆社内に驚きを与えられる⇒モチベUPUP!メラメラ


【1年目】

◆さらに、社内に驚きを与えられる⇒モチベUPUPUP!メラメラメラメラ


【2年目】

◆一定、限界に達してしまったことから、お客様(顧客・ユーザー)への影響という部分に注力⇒モチベUP!メラメラ


【3年目】

◆社内のゴタゴタ・商品への不満からお客様に商品を提供していくことに疑問⇒モチベDOWNダウン

◆商品にないことでしか、お客様を救えない!と商品外の商品を提案するものの・・社内NGor時間がかかる⇒モチベDOWNダウン

◆そもそもうちの商品より他社商品の方が良いのでは・・なんてことも思う場面が多々⇒モチベDOWNダウン

ということで、この3年目は色々と考えることが多かった時期。


私、マイナス成長?????汗


もっとこうしたい、ああしたいっていうアイデアは浮かぶのに、

出来ない現実。


かといって、商品企画にいってもその状況に大きな差は無いんだろうな~~と。


どうする私?!


このエネルギーをどっかにブツケタイーーー!


AD