私、昔から夕日とか朝日って好きなんです。


べただけど、

朝日は、何か起こりそうなわくわく感があって。


そして、

夕日は、消えいく夕日があたりを照らして、

あたり一面が温かな光に包まれている感じが。


きっと、

ずーっと朝日でも、夕日でも人は何も思わないんだろうな。


無理やり人に結びつけると、

人の人生も同じ。


ヤマありタニありがあるからこそ、

人の心動かしたり、魅力的になれるんだろうな。


私も散々ヤマを上ってきた感じがあるので、

そろそろタニへ行くかー!そして、またいつかヤマになったらいいかなっ!

なんて思ってます。


どんな選択をしようとも、

疲れたら帰れる場所がある、帰れる人がいる。

それだけで十分。

AD

母になりました☆

テーマ:

昨日は、久々に実家時代の友達に会いに、枚方までイッテキマした!


先月生まれたばかりの生後1ヵ月の赤ちゃんに会う。

いやぁ~、まだちっちゃいのに、抱くとすごく重い。


小さいのに、

大切なものがイッパイつまっているような感じがして、

人間ってスゴイ!って、思ってしまいました。


友人はめちゃくちゃ細身な身体ってのもあったのか?

かなりの難産だったらしく、

人生で一番辛くて、痛い思いをした。と・・・


笑いをこめて話しているけど、

実際、丸5日日の陣痛の末、生まれたとかで、

相当苦しかったんだろうなーと話を聞きながら感じた。


あんた達、早く子供産みなさいよ!と、一言。

言われ、、、

枚方を去る。



そして、会社の友人の取引先の会社主催のボーリング大会。


直前まで子供をあやしていたからか?

社長さんのお子さんに好かれてしまって、

始終、抱っこをせがまれ、そのせいか、腕がぴりぴりしてきて、

ボーリングどころじゃなかった。。

G-ばっかりだったし笑


でも、お父さんやお母さんに渡そうとしても、

嫌だ!嫌だ!というくらいまで子供に好かれたのは初めて。


一日だけ母の気分を味わいました。


それにしても、子供の相手をするって大変!

かわいかったけど。

AD

今の会社で営業をはじめて、丸3年が経とうとしている。


4年前の状況と今の状況は、全く違う。


一緒に働く人も、数も、目指すものも、働く場所も、提供するサービスも。


一気にこれが変わったということではなく、

徐々に試行錯誤しながら、少しずつ変化をしてきた。


そして、市場も、競合環境も、刻々と変わっている。

おそらく、私が入った3年前。。

ここから競争が始まり、シェアの奪い合いが行われる。

そして、残れるのは主に2社。


その2社の中に入ったという考えも一部あるが、

その考えには疑問がある。


対クライアント視点では、

サービスのスペック。

価格。共に、競合に勝っているとは決していえない。


対ユーザー視点では、

提供するサービスの利便性、

案件の充実さ、バランス。

こちらも、競合に勝っているとは決していえない。



それを必死で打開しようとしているのも分かってる。

ただ、それによって、営業側も、お客様側も、ユーザー側も、

振り回されているとしか思えない。




もちろん、誰もが自分が提供するサービスや商品に完全なる自信を持てるわけじゃない。

それは、短期的なものも、長期的なものも含めて。


ただ、それでも会社を運営していく以上、

それは、割り切っていなかきゃならないのだろう。

ただ、私は聞きたい。

何がその人を動かしているのか?



私は、やっぱり自分が提案するサービスは、

人や企業を幸せにするものであって欲しい。


そう理想を追い求めるのは間違いなのだろうか?




私は正直今の環境の中で、ぬくぬくと育てられてきて、

裏切りたくないし、それなりに会社に対する忠誠心もある。


だからこそ、こういう状況はとても悔しいのだ。


自分の身をどこにおくかは重要だ。

ちゃんと自分のキャリアを考えたい。

AD