油断大敵

テーマ:

2月の目標・・当初の計画より10%上乗せされたけど、

達成決めました☆


今月は、クレームなどのトラブルが多発したことにより、

精神的にとても厳しい月でした。


とは言え、超ややこしい業務に追われて、

『当月で出来ている事』が制限されてきているのが事実。

時間的、労力的に・・


しかしながら、

これを自分で制限しているのも事実。


今までの私であったら、

自分に制限を設けることなく、

自らが目標を確立して、限界まで挑戦し続けていた。


それが、今だと『別の何か』のセイにして、

挑戦することがなくなっているのだ。


当然これで良いわけではなく、

自分でまた前のように踏ん張れる『失った何か』を探さなきゃいけない。


きっと、ほんのちょっとのことで

今の状況が変わってくるんだろうな。


ま、どっちにしろ、

こんな状況で居ること自体、

もったいなさすぎるので、早目に何とかしなきゃ。。と、

思い、今ここに記載してみた。


ところで、タイトルにもあるように・・・・・


油断大敵。


これは、私は只今新人一年目で働いていて、

社内で一番頑張った新人に対して、

新人賞というのが付与されるのだが、

私は、もちろんそれを狙っている。

どちらかというと、狙っていた。


ただ、賞が私が狙っていたものと形式が変わってしまったことから、

それを獲る意味を失ってしまい、

獲るということを意識しなくなってしまっていた。


その背景としてあるのは、

おそらく普通にしててもいけるんじゃないか?というくらいの余裕から。


しかしながら、

一番というのは何とも恐いもので、

二番、三番の人が私を抜こうと必死で数ヶ月間取り組んでいたのだ。


案の定、私は単純な数値でまけることは今のところ無いのだが、

淡々と業務をこなしている私とで比べてみると、

当然評価的には、必死で頑張っているメンバーの方が高いのだ。


いやいや、ここまで来たのも、

過去からの頑張りの積み重ねなんですけど・・・・みたいな言い訳も、

毎日、めっちゃ泣きながら仕事しているんですけど・・・という事実も、

分かってもらえる雰囲気ではなく・・・


ここで気付いたのは、

今、新人賞を獲るということが、

私だけの問題ではないということ。


私を近くで育ててくださったMGRやリーダ^、

一緒に働くメンバー、

私が獲ることを、すごく応援してくれている。


もしくは、私が関西というエリアで賞を獲ることで、

救われる人がいっぱいいるはず。


私は、もはや『自分の為に』じゃなくて、

周りの人の名誉のために、獲りたいという気持ちになってきた。


とりあえず、あと1ヵ月。

久々に死ぬ気で頑張ってみるか!


もちろん、もし表彰されるとしたら、胸を張って立ちたいですしね。


ある種一生に一度のチャンスの中で、

悔いだけは残したくないので、、あとは走り抜けるのみ。


AD

沢山の人との出会い

テーマ:

今週の土日は、イベント盛りだくさん週末でした。


まず、土曜は会社の同期の子らとの飲み会。

そして、日曜は大学の同じ研究室の仲間との飲み会。


日々、仕事がメインで過ごしていると、

孤独感を感じることが多い。


その一つの理由としては、

同期が居ないということも割りと大きな要素を占めているのだが、

他事業部の同期の子らに久々に会って喋って、

あー、私は一人じゃないんだぁー、皆一緒に頑張ってるんだぁーって、

改めて感じて、救われた気分になりました♪


今日の研究室飲み会に関しても同様で、

いかにも理系!っていうようなメンバーばっかりかと思いきや、

全然そんなこともなく、普通のメンバーなのですが、

一年間会っていない状況下でも、

あたかも昨日まで一緒に居たかのように、

笑い会える!そんな仲間。。。


こういうのっていいなー大事にしていきたいなーと、

改めて思い知らされた2日間でした。


あと、一つ思ったのは、

自分の世界だけに入り込んで、

あー、仕事大変だ。いいこと無いやーとかって、

割と深刻に思っていたけど、

周りを見ていれば、周りも同じことを考えていて、

しかも、それが周りの子のことを思えば全然自分の状況の方がマシで・・


周りと比べて、だからどうとかっていうわけではないけれど、

やっぱり自分もちょっとは我慢しなきゃなんないんだろうなー、

って思った。。。



まぁ、そんなことで十分リフレッシュしたことだし、

明日から、新しいオフィスで頑張るぞーー!

AD

早いもので私が就職活動をしていたのも2年前。


いやぁ。あの時は頑張ってたなぁーw


だって、誰からも強制されないのに一日四訪問以上、余裕でこなしてたし。

今は、強制されているはずなのに、全く出来てないし。。。笑


仕事上、転職っていうのが当たり前のように感じる状況下でも、

やっぱり最初の就職は、社会人生活を決める大事な機会だって思うから、

後輩とかには、ゼッタイ真剣に頑張って欲しいんですよね。


私も、最初はエントリーシートとか全く納得行くほどかけなかったし、

面接なんかも、自信を持って受けることが出来ないことが多かったし、

すごく苦労したけど、

何度も書き直したエントリーシートがパソコンの中に残っているのを見ると、

『よし、こんなに頑張った後、選んだ会社なんだから頑張らなきゃ!』って、

いっつも励まされるし。


っていうことで、

何件か後輩のエントリーシートを添削してみるなかで、

当時、自分が先輩から言われていたことをそっくりそのまま下の子に伝えているような感覚が何とも面白い。


あとは、今、広告業の仕事柄、関係することもあるから、

そこで学んだ要素も交えながら・・ね。


最後に、忘れちゃいけないのが以下。

想いをこめて、精一杯、相手に伝える!っていうこと。


短い文章の中で自分を伝えるって結構、難易度高いけど、

結局、文字として表現できなかったらそこでNOとみなされてしまう現実があるから・・

諦めずに、行こう~♪



AD

久々に達成感☆

テーマ:

先日、会社の先輩のウェディングパーティの二次会だった。


二ヶ月ほど前に、先輩から依頼があり、

私は幹事を担当することになった。


大袈裟に言うと、

人生初のプロデューサー。


あ、違った。

高校のときに、吹奏楽部のスプリングコンサートにも携わったか。w


でも、

大学時代もアカペラサークルで、

定期的にライブをやっていた割りに、、

企画者側の経験は・・無い、、、

と、思いきや、あった。w

一回だけ。


今、思い出した。


まー、いいや。

どっちにしろ、やったかやってないか、

忘れるくらいのレベルでしかやったことがないのだが、

初めて本気で企画を考えて、

準備をした2ヶ月間。


しかも、我々社会人ですよ。

時間がない中、週末は当たり前のように集まり、

準備をしてきた。


私は、もともと占い師にWPになりなさい!と言われたこともあるくらい、

そっち方面で活躍できる人間なはず。


という、根拠もない自信だけで、

二次会経験も1回しかないのに、

やらせてもらったんです。


正直、土日とかただでさえ貴重なのに、

割かれるのとかしんどいんじゃないの?って、よく周りから言われるけど、

私はむしろ楽しかったw


ご夫妻も、本当に人柄が良く、

『あー、この人達の一生に一度の会を演出できるんだぁ!』ってことに、

誇らしく思えてきたし。。。


頑張れた理由は、そこに尽きる。

『この人達の為に何かしたい!』


結局、そこですよね。w


就職活動のときに私がよく言っていた言葉。。。

人の為に何かをする時が一番頑張れるんです!!


今考えれば、人の為、人の為って言っても、

『不特定多数の誰かの為』じゃなくて、『特定多数の誰かの為』だったんですよね。


まー、いいや。


とりあえず、誰かの為に・・の『誰か』を増やすこと!それが、

私の当面の課題ですな。


そこは、今の仕事で掲げていることとリンクするから、

意識していかなきゃ。


話は飛躍したけれど・・・・戻ると、、

二次会の当日、どうなることかと思ったけど、

めっちゃ感動した。


何か、誰も泣いてないのに幹事の二人で泣いてたし。。。w


めっちゃ頑張った分、めっちゃ感動した。


久々に一生懸命になれたし、

久々に達成感を味わせてもらった。


あー、仕事も頑張るか!