身近に広がるがん

テーマ:

ちょっと前までは


がんという病気は人ごとだったし


身近にいないので特別な人がかかる特別な病気と思っていた


私には関係ないと。


あ、私はがんじゃないよ。念のため。




身近な人が「がんになった」と聞いたのは


ジム友


もう5年は経過したので今は心配ないけれど


当時知り合いでガンというのが初めてだったので


おどろいた。


彼女は乳がんだった。片方の乳房を切除したので


ジムでもシャワールームしか使わないし


一緒に温泉に行った時に、温泉で乳房切除した方用に


入浴用のブラジャーを貸出していたので


それを使用して一緒に入ったりした



その後。友達の友達が・・・・とか二人ほどガンだという話を聞き


母方のおじさんが70過ぎてふたりほどがんになったとか


旦那の母方にもがんの人がいたり


年をとってきてガンになる人は多いのかな?


進行は遅いのかもしれないけど


やっぱり「がん」という響きは 怖い



旦那も昨年大腸のポリープを切除したら


切除した部分にガンが見つかった


切ってしまったのであとは大丈夫と言われたけど


旦那は心配だから今年もがん検診受けるって。



あ、旦那の弟も5年前に胆管がんの手術して


今は元気。



旦那は兄弟でガンということは


息子にとっては「ガン家系」という事になる


心配だわね



ジム友の一人が旦那さんが肺がんになった


67歳くらいだけど抗がん剤がいやで今もしてないけど


こればっかりは本人が納得しないと家族が勧めてもうんと言わないって


心配だよね


でも、彼女は旦那さんより17歳年下なので


「どうせいつかは死ぬしね」って あっけらかんと言う



なんだかここ数年で


ガンは身近になった気がする



遠い病気ではないということ



私は85歳と82歳の両親が元気だから


まだどこかで家族は大丈夫なんて思ってるけど


私が還暦が見えてきたんだから両親だっていつなにが・・・って年齢です



覚悟しながら生きていかないといけません


人ごとではない


家族も自分も。


AD