THE サラリーマン

テーマ:

今週は終電までの飲み会が2件。

木曜日からすこぶる体調が悪く。


咳が止まらない、熱っぽい、喉が痛い。


金曜日なんてフラフラでした。

フラフラながらも、会議で初報告でした。

色々とつっこまれながらも、無事に終わり、本社から帰る途中に

限界を感じました。

久しぶりに、「あ、駄目かも」って思った。

それでも、帰って仕事して、その日は歓迎会の幹事。

12人のグラスに目を光らせ、2次会の場所確保のため走り回り。

皆さんに楽しんでもらえるよう、最後まで踏ん張りました。


終電は、同じマンションの課長代理と一緒。


そう、終電からもう一軒。


元気な時ならまだしも、やっぱりキツイね。


それでもそういう素振りを見せずに付き合うのが、サラリーマン。


せめてもの救いが、飲み会が楽しかったことでした。


帰ってからは、ぐったり。

昨日もぐったり。

今日は少し元気になりました。


来週も飲み会続き。


飲む量はしばらく控えようと思います。


あー、今週は疲れたカゼ


来週は明るい日記を書きたいもんです。

ではまた。



AD

大切なこと。

テーマ:

無事に一週間が終わった。

今週は、あっと言う間に時間が過ぎていったような気が。。


仕事にも徐々に慣れ、教えてもらったこと、疑問に思ったこと等

そろそろしっかり整理しないといけないように思う。


来週あたりから、事業部の今後3年間の中期計画の策定に入ります。

これはとてつもなく忙しいらしい。


1年限定の今の職場。

課長も、課長代理も先輩も、

「小さくまとまるな」

「全体を見ろ」

「本質を考えろ」

とアドバイスをしてくれます。


「全体を見る」っていうのを2年目で経験できるのはホント貴重だと思う。

でも、これだけ大きな組織になると全体最適を考えるのは難儀なこと。

どうしても、部門間で利害関係が生じてしまう。

それをどう調整してくかが面白いところなんだろうね。


「木を見て森を見ず」


ホント大切で、ありきたりなことなんだけど、

ふと気付くと忘れてる。


まだまだだね。

一歩一歩はゆっくりでも、確実な一歩を踏み出したいもんです。


明日は、新しい人が転入してくるし、

うちの課には7月には新入社員が来ます。

しかも、院卒ね。

年上ね。

机隣りね。

先輩としては、全く役不足ですが、何か力になれればと

思っています。


木曜日に髪を切りました。

多分社会人になって一番短い。

髪を切ったら、

母親には「失恋したの?」

会社では「なんか悪いことしたのか?」

彼女には「子供みたい」


でも、短い方が自分らしい気がします。

うん、これでいいのだ。


さっ、来週は研修あり、本社あり、

あっという間に過ぎそうです。


頑張るかなー






AD

粋な演出。

テーマ:

今日は母の日でした。

年を取るにつれ、母親とのコミュニケーションっていうのは

気恥ずかしくなるもので。

なかなか面と向かって話をすることは少なくなった。


今年は、父親が旅行に行っており、母親と2人。


ふと、母親が行ってみたいと言っていたレストランを予約し、

2人で行って来ました。


予約席に、カーネーションの花束が置いてあったり、

デザートの皿にメッセージが書いてあったり。


粋な計らいをして頂いて、満喫できました。


そんな席だからか、いつもより母は多弁でした。


心温まる今年の母の日でした。


この週末は、精神的に凄いリラックス出来たような気がします。


さ、今週も頑張りますかね!



AD

GW終わり。

テーマ:

とうとう終わってしまったGW。

今年は特に早かったなぁ。


思い出話は後日小出しにしていくとして。


前半の飛騨高山への旅行。

ホント満喫でした。

温泉入って、飛騨牛食って、酒飲んで、寝て。

っていうのを2泊3日。


岐阜は思った以上に良いところでした。

自分の思い描く、日本の田舎、「古きよき」っていうのが残ってた。

象徴だったのは、川にかかった鯉のぼりの群れ。

端からたどっていくと、終点は学校の校庭でした。


「なんのために鯉のぼりを上げるのか?」


そんな問いに答えられる僕らの世代はいるでしょうか?

そもそも僕らより下の世代は、鯉のぼりの現物を見たことあるのでしょうか?


こうした風景を見るたび、日本人であることが嬉しくもあり、これからもこうしたものが

残っていけるのかと不安に思ったりもします。


行けるうちに、日本のまだ知らないところに行って、色んなものを見てみたい。

海外よりまだ知らない日本の魅力を肌で感じてみたいと思いました。



GW前半明けの仕事は、周りも休みが多く時間に余裕があったけど、

久しぶりのオールでしたショック!

如何せん体調がまだ万全に戻りません。


でも、同期と先輩と、かなりお偉方と4人で朝まで飲めたこと。

自分の想いをそうした人たちにぶつけられたことは絶対忘れません。


ただ、体力は落ちてますね。。


後半のGWはわりとゆっくりと。


兄貴や甥っ子も来て、家族と過ごす時間も多かった。


わずかな時間でしたが、久しぶりに彼女にも会えました。

思うところに共通するところはやっぱりあって、

時間が解決してくれるかは分からない。


だけど、自分に努力が出来るところは、最大限努力したい。

自分にとっては、そういう存在なんだと今も思っています。



GWには、なかなか時間はなかったけど、映画も本も1冊読めました。


「バベル」です。

意味は良く分かりません。

僕らが思っている数段階上のレベルで映画が展開されているのか、

制作サイドの単なる思い違いなのか。


「なぜ?」を切り出したら、終わりがありません。


噂の目のチカチカするところは、確かに目を逸らしたくなります。

観られる方は、ご注意を。



「その時は彼によろしく」

市川拓司原作で、来月劇場公開されますね。


「沈まぬ太陽」の後に読んだので、テンポ良く3時間くらいで

読み終わりました。


ところどころの表現に感心させられ、最後の場面では分かってはいたものの

胸が熱くなりました。

ええ作品でした。


映画では、鍵を握るのは長澤まさみでしょうか。

原作の役柄と彼女のイメージがどうしても結びつかないので。

ある意味、とっても楽しみです!


さ、明日は連休明けってことでもの凄く忙しい1日になるはず。

今日一日リハビリに費やしたけど、頭はついていくでしょうか?


頑張りますかね。


では、また。