ギリギリ芸術の秋

テーマ:

051130-233737.jpg

こんなタイトルから始まりましたが、行って来ました。


「葛飾北斎展」


今週で終わりってことで、平日の昼にも関わらず、入場だけで

30分待ち。

今日は比較的暖かかったから良かったものの、もう少し冷え込んでたら

結構厳しかったかも。


んで、入場すると、人、ひと、ヒト。


来ている人もバラバラ。


博物館なのにいちゃつく若者。

足を踏んだと思ったら、「ごめんあそばせ」って言う貴婦人。

ものすごい薀蓄知ってるおじ様など。。


北斎って教科書に載ってる作品しか知らなかったんだけど、

人物画が実は多いんだね。


んでもって、90歳まで生きてたっていうことにびっくり。


作品では、やっぱり富嶽三十六景でしょうか。

琉球八景ってのも良かったけど。



この時代の版画には、

「初摺り」と「後摺り」っていうのがあるらしい。

前者は、絵を描いた人の監督のもと、その意向に沿って

色が塗られる。それは大体200枚くらい。


その後、流通するのが後者で、

それは、時代の好みとかによって配色が違うから、

数も把握できないほどあるということ。


まぁ、なんだかんだで、たまにはいいなぁと。




その後、法隆寺宝物展へ。

こっちは、ホントがらがら

1年中やってるから当たり前か。

でも、個人的にはオタク心をくすぐるものがたくさん。

いいんじゃないでしょうか。


博物館に寄る前に、上野ということで、

歩いて湯島の「旧岩崎邸」へ


建築関係じゃないけど、この建物はかなり惹かれるものがある。

去年も、一回行ってます。


周りの雰囲気、庭園、佇まい。

どれも、自分の感覚が好きって言ってる。

昼間だと、あんま人もいないし、おススメです。


去年だと夜のライトアップはかなり良かったんだけど、

今年はやらないのかなぁ。


って感じで、国立博物館を出たら、

辺りは少しほの暗く。


近くの西洋美術館では、クリスマスイルミネーションやってた。


小規模だけど、青い光が幻想的でした。

でも、一人で行くと寂しいもんですな(笑)



さっ、明日は試合でもあります。


相手は、予選リーグで一度勝ってる相手だけど、

そんなん関係なく、絶対勝とう!


あと1週間でこのチーム終わりなんだ。

それを頭に、悔いの残らぬように。。




AD

授業

テーマ:

ひっさし振りに授業に行きました。


昼くらいから卒論やってたんだけど、その息抜きに。

いやいや、本来こっちがメイン。


2ヶ月ぶりの出席。

でも、単位が来るのがうちの大学だと信じています。

出席して何してるか?


その授業は、サークルの同期2人が取ってるんで、

基本的に横並び。

寝るか絵を描くか。


でも、今日は違った。


卒業旅行の場所決め。


最初はタイだったんだけど、鳥インフルエンザがちょっと深刻。

しかも、帰国して1週間で会社の健康診断。

変なの移ってたら、いけんしね。


そんでまぁ、オーストラリアやら、

フィジーやら、アメリカやら。。


あーだこーだ言ってました。


今日はサークルの同期9人が、何の打ち合わせもしてないのに、

練習に揃うという奇跡。

偶然こういう状況が生まれたことに、心踊ったわけで。


んで、卒票旅行の話も二転三転。


そして、



そして、




決まりました(まだ仮)





おフランスざます。




ムッシュですね。


ジュマペール、ボンジュールです。


ホームタウンの高田馬場とはエライ違い。

このギャップがたまらない。


満場一致気味で決まりました。




まぁ、2月3月のこの卒業旅行は、借金してでも行きたいわけです。

事実、2回くらい旅行に行くとなると、確実です。

でも、そんなこと全く気にならない。

この仲間たちとの思い出は、今しか出来ないんだから。


んー、今から楽しみです。


その前に卒論やれってね。


分かってます。分かってるけど、

明日は授業もバイトもないんです。


さて、何しよう?



買い物行くか?


別に今の時期買ってもねぇ。


悩んでたら、母親が1枚のチケットをくれました。


映画のチケットじゃありません。




「葛飾北斎展」in 国立博物館




芸術の秋と捉えるしかありませんな。



2枚ならともかく、1枚。

もともともらい物らしいんで、贅沢言えません。


行きますとも、1人でも。


っというわけで、


明日は、江戸情緒に触れてこようってねぇ!!



まぁ、江戸前口調にもなりますよ。



行って来ます。






AD

星がきれい

テーマ:

どうもです。


今日は、ゆっくり起床。

昨日借りた漫画をじっくり読む。

卒論をやらない自分。

ええじゃないか、ええじゃないか。


いいとも見る。

その後、眼科へ

いつもは3ヶ月分買うんだけど、今回は1ヶ月。


えー、一時はバスケする時にしか着けなかったんだけど、

もう恒常的に目が悪くなったので、ソフトじゃなくてもええじゃないかと。


ハードゲイコンタクトでええじゃないかと。


そういうことで、来月検診の時にでも、言ってみようと思います。


その後、学校へ


今日気になることがあった。


何か?



自動ドアが開かない。


しかも、1日3回も。


さすがに恥ずかしい。


あれは、どう対処すべきなんでしょうか?


一度どいて、もう一回乗るのも恥ずかしい。

かといって、何事もなかったように違う出口を探すのも悔しい。


んー、難しいね。


ゼミ自体はすぐ終わりました。


センセーイソガシイネ。


その後、普通に電車乗ってたら、

父親と同じ電車、同じ車両。

前にもこんなことあったような。


駅で降りて、父親は車、自分はチャリ。


いつも帰る時間帯には、車も人通りも少ないので、

ノンストップなんだけど、

今日はたまたま信号でストップ。




上を見上げたら、ひっさしぶりの綺麗な星空。

プラネタリウムとか久しぶりに行きたいな。

でも、普通に見れるならいっか。



明日は1週間ぶりの練習。

試合前最後の練習。


みんなどうかな?


あと、2週間。


しかないんだ。


少しでも悔いが残らぬよう、そして怪我のないよう

何より現役たちが楽しめるように。

心からそう願っています。


では、また明日。


AD

小春日和

テーマ:

今日は、日中18度くらいまで気温が上がり、

まさに小春日和となりました。


朝起きて、眠気眼のままカーテンを開けた瞬間に

差し込んでくる優しい光。

人にとって、やっぱり光って必要なんだね。


あんまり天気もいいもんで、

地元でサイクリングもしてきました。


大きい通りに、左右は田圃。

暖かな日の光に包まれながら、心も優しくなれるような気がした。


この道、この田圃、この光、このにおい。。


全ては、今まで当たり前、ありきたりという言葉で片付けられてきた。

だけど、今になってこの場所がすごい愛おしい。

故郷を離れる時の気持ちってこんな感じなんだろうか。


11月27日、今日っていう日は、1日しかない。


だけど、今までも、そしてこれからも、多種多様なことに忙殺されながら

1日の重みを忘れてしまうことはあると思う。


悲しいことで、この世に生まれてきてから、

もう砂時計は180度ひっくり返っていて、人生のはじまりを告げる

と同時に、終わりもカウントダウンしはじめてる。


このまま時間を止めて欲しいって思うこともあれば、

こんな時間、早く過ぎればいいのにって思うこともある。


だけど、今っていう時間は一度しかない。

そして、戻ることもない。


だから、砂が落ちるのは仕方ないけど、その砂の一粒一粒を

自分の手で輝かせるしかないんだ。


中学校の時、最後の体育祭のスローガンが

「今、輝く瞬間」 っていう自分の案が通ったことがある。


なんかその時も、毎日が楽しくて仕方なくて、でも、

残り半年しかない中学校生活が悲しくて。

「今」っていうのを大切にしなきゃと切に思ってた。


今でも、このスローガンの「今」っていう垂れ幕の一部は

自分の手元にある。


1日1日を大切に。


なんかそんな基本的なことを再認識した1日でした。


明日からまた卒論開始します。


では、また。






脱力

テーマ:

とりあえず、一段落して今日はもう

生でダラダラいかせて(懐)って感じです。

卒論の中間発表が終わりました。

今回は、半月前から準備を始めたものの、

資料を集めたり、分析、計算するのにかなり時間がかかった。

つくづく最後の追い込みに任せる性格を恨んだけど、

あきらめずにコツコツやってた。

今日、20分の発表が終わり、

まだまだ自分の主張を証明するのに論理の漏れがあって、

まだまだ調べることも見つかった。

だけど、

先生が

「いい論文になりそうだね。」とコメントしてくださいました。

ふー、よかったよかった。


さて、もうそろそろ12月。

師走ですね。


師走って言う言葉の意味として、

「先生、師匠も走るくらい忙しい季節」

って覚えてる人が多い。


でも、正しくは、

この師はお坊さんのことです。

年末になると、あちこちの家で念仏を唱えて、一年をしめくくる

という風習があり、そんな坊さんの様子から、師走という言葉になったんです。


1月は、睦月だけど、

これは、1年の始まりに仲睦まじく、という意味。


昔の人のネーミングセンスには脱帽です。


今より「考える」っていうことに対して貪欲だったんでしょう。


やっと忙しい週末が終わり、明日はゆっくりしようと思います。


最近、1日にあった出来事の羅列しかしてないので、

諸々考えたことなんかも書いていこうかと思います。


今日はゆっくる寝るとします。


酷な日

テーマ:

ハードな週末1日目が終了しました。


久しぶりに1日頭を使ったら、えらい疲れました。


朝9時TOEICスタート。


リスニングほぼ聞き取れず。

それに対して、ライティングは割りと出来る。


午後は職務説明会。


機密保持の書類を書いたので、詳しいことはあんま書けないけど、

事務系における、工場勤務の重要性を長時間つらつらと。


正直、どこに希望を出そうか。


相当っていうか、かなり迷ってます。


12月の中旬に希望を提出なんだけど

それまでに、自分の中でもう一度整理する必要がある。


その後、懇親会。


いつもどおり、寿司やらビールやら。


しかも、今日は一部の理系の説明会とかぶってたので、

合同懇親会。

200人近くいたんじゃないかな。


とにかく、事務系だけでも、80人いるわけだから、

名前覚えるのも必死。


「あーあー」

「おーおーおー」


ってとりあえず顔見たことある人には言って。


でも、途中まで一緒に帰ったりする仲間も出来たんで、

まだまだこれからが楽しみでもあります。


明日は、中間発表。


今日は、わりと徹夜っぽくなると思います。


落ち着いたら、またゆっくり書くとします。


では。


HAKKYO

テーマ:

発狂寸前です。


っていうのは大げさですが。


朝からPC室でプレゼン資料作成。

途中から記録媒体の不具合により、保存できず。


っていうかフリーズ。


作り直し、今度はメールで添付保存。


とりあえず終了したけど、まだ手直し必要。

当日朝にでも行って、少しやろうかな。


昼も食べに行ってる時間もなかった。

だけど、彼女さんが昼食を差し入れに来てくれました。

その、温かい心に感謝感謝。

ホント嬉しかったです。


んで、急いでバイトに。


そこでも、殺人的な生徒の組合せ。


中学受験生、高校受験生、大学受験生っていう。。


しかも、算数、社会、英語。。


発狂しそうでしたよ。


英語の時間、


「1,2,3、フォー!」

って言ってやろうかと思った。



でも、我慢我慢。

ちゃんと授業してきました。


それで、いつもより残業多めで帰ってきました。


へとへとです。


明日は、会社の職務説明会。

午前中TOEIC(2時間半)、午後職務説明会(4時間半)、懇親会(2時間)

朝8時40分集合です。


朝、5時半起き(早)


明日帰ってきてから準備できるかな。


っていうか明日のスーツの準備しなきゃ、靴磨かな。


明日、明後日とかなりしんどいね。


まぁ、それが終われば、何か楽しいことが待ってるはずさ!



家帰ってきたら、12月に行われるセミナーに、内定者として参加してほしいとのメールが。

事務系は20人ほど呼ばれるらしい。


このセミナーって結構会社の雰囲気でちゃうんだよね。

内定者の雰囲気も大事。

就活中、内定者の雰囲気で幻滅したところもあったので、

その点、肝に銘じて職務を全うしようと思います。


まだ先だけどね。


さ、もろもろやって寝るとしますか。


今日は即寝れそうだわー



追い込み

テーマ:

さぁ、いよいよ追い込まれてきました。


やばいです。


卒論が。


土曜日、とりあえず2万字提出で、今20790字。

かろうじてクリア。


だけど、土曜のプレゼンの準備が全然終わってない。

しかも、家にパワポないし。

買っておけばよかった。

と思う今日この頃。



今日は、朝起きて、英語の勉強して。

金曜はTOEICなんです。

毎日単語帳パラパラやってただけあって、ほんの少し

単語を覚えました。

まぁ、今回はぶっつけってことでね。

また、配属面接までに新しいスコア提出しますよ。


いかん、言い訳は。


とりあえず、全力を尽くします。


んで、16時からバイト。

ひたすらバイト。

残業も少なめに帰宅。


テレビつけたら、例のマンションのニュースがやってた。


いやー、どうするんだろ、あれ。


税金使っちゃうの?使わないの?


っていうかヒューザーの社長絶対なんか隠してるよね。


財務状況後悔するの渋ってるみたいだし。。

倒産して泣き寝入りするんじゃないかって思うけどね。

でも、人生で一番長く時間を過ごす家に欠陥があったとしたら。

って考えるだけでもぞっとする。


家を建てる時の手抜きみたいのも、常態化しつつあるしね。


実際、大手よりも、地元に根付いた工務店に頼んだほうがいいらしい。


まだマイホームなんて先のことだけどね。


さっ、また卒論に戻るとします。


では、また明日。




ポロリ

テーマ:

今日は午前中から学校に行って、卒論執筆してました。

わりと集中して進められたんで、後は木曜日にもう一回行って、

仕上げっていう感じに。。  なるといいな。



学校に向かう途中、10時くらいに山手線に乗ってたら、

前にOL風の女性が座っていました。

わりとキャリアウーマン風(勝手な想像)


んで、結構深く眠ってらっしゃたようで、

バッグから何か落としてしまいました。


それは、







ラップに包まれたおにぎり。








何ともリアクションが取りづらい。

そして、周りの人も気付いてない(フリ?)


でも、この人のことを思うと。。



っていうことで、拾おうと思った時、


何て言ってこえ掛けよう?

って思ったわけです。


「お姉さん、おにぎり落としましたよ。」 (普通)


「あっ、おにぎりみーーっけ」(可愛げ)


「お姉さん、ポロリしてますよ」(変態)


色々候補は挙がったんですが、


無難に「落ちましたよ」って拾って渡しました。


まぁ、その女性は、

そんなおにぎり私のじゃないわよ的なオーラを出しつつも、

「ありがとうございます」って言って、大塚駅でそそくさと降りました。


んー、不思議な体験でした。



それが終わって、練習に。


気がつけば、もう今日含めて5回しか練習出来なかったんだ。


全体的に雰囲気良く出来ていたと思う。

ここまで来たら、もう新しいこともほとんどやらない。

今までやってきたことを、どこまで試合で出せるか。


練習でやったことを試合で出すのって実はかなり難しい。


高校の時とか、試合中のつもりでって言われたけど、

何か実感湧かなかった。


どっかで「練習だから」って思うこともあった。


だけど、やっぱり人に言われるんじゃなく、

自分で何か意志を持って練習に臨むと、

自然と試合にも同じプレーが出来たりする。


「ここのシュートは決めたい」って思えば、

試合中もそこに足が動く。


「1対1では抜かれない」って練習で思いながら

続けてると、試合中もその意識が続いてる。


試合のための練習っていうのもあるけど、

どちらかというと、


普段からの自分の意識を高めておく練習みたいな。


だから、今までやってきたことを

もう一度練習中に意識しながらプレーして欲しい。

そしたら、今まで全て出来てきたことなんだから、

試合中もその意識は高まっていくはずさ。


とにかく、このチームで勝ちたいっていうのは

変わらぬ思いなわけです。


次の練習にいけないのが、かなり悔やまれるけど、

怪我なく頑張って欲しい。


さっ、卒論の続きやろっ。




静電気

テーマ:

っていうのは怖いもので。

乾燥するこの季節、ドアノブなんか怖くてまともに触れない。

でも、静電気って指先に溜まるもんだから、手のひらでドアノブを

触れば問題ないって、朝の番組でやってた。


家に帰ってきたとき、家の前の門を手のひらで触ったら、





バチバチッ




もう、情報番組は信じません。




今日は、学祭に行ってきました。

自分の大学の学祭に行かなかったので、

これが最後の学祭ってことで。


彼女さんの弟くんに会ったり、

サークルの同期と昼から酒飲んだり、


いる時間は短かったけど、すっごい充実してました。


その後卒論やって、ゼミへ。

ゼミは、発表者1人のため、すぐに終わり、


電車に乗ってたら、小中の同級生の子とバッタリ。


どうやら、来年から看護士になるようです。


ただなるんじゃない。


彼女は、小学校2年生の文集にすでに将来看護士になることを

書いていました。


いつに何をして、ってことまで詳細に書いていたと思う。


夢に日付をつけていたわけです。


それから10数年。

夢は現実となり、生涯の職業となりました。


明確な目的意識をもって、まさに人生設計をしてきたわけです。

素直に「おめでとう」と言えました。


ちなみに病院の場所は、うちの大学の近くということで、

もし誰か運ばれたらよろしくね。


家に帰ると、

父親が嬉しそうに、ワインを持ってきました。




そうです。





ボジョレーです。





ボジョレーヌーボーです。






いやー、来ましたね。

2005年ものです。

川島なお美が飲んでたあれです。


こりゃ飲むしかありませんな!


親父と早速一杯ひっかけまして。


そして、2人揃って、あの一言


「いやー、今年のボジョレーはいいねー」


母親の冷ややかな視線が容赦なく父子を襲ってきます。


正直、飲んだのは初めてだったけど、

やっぱ新しいワインだから、酸味が強いね。

ブドウのお酒って感じ。


でも、後味はいいんで。


ボジョレーを語りたい人は、是非どうぞ。


さ、明日も卒論です。


終わんのか、と正直思ってきました。


でも、やらなきゃいけんのです。

また、明日。