台風低気圧とカマキリ高気圧

テーマ:

台風がせまっとります。

何だか朝から気分がザラつく、、、

ソレもコレも低気圧の責にしてみる。


ネコは雨の日は眠いらしい

ひたすら気怠そうにじっとしている

ムダに動くとイラツク事を知っているらしく

流れには逆らわないっ

流石っ”多毛症師範”教わる事が多いですっ

愛猫ロデムを尻目に

ホモサピエンスである自身はお仕事に行かねばなるまい、、、


まぁ何とか普段通りに仕事を終えるが

ザラザラな気分は続いている。。。

8時過ぎに会社を出る頃になると雨も上がりつつあった。

気分は-500気圧から +40気圧に上がる。


駅に向かう途中でいつもの”キャバクラ呼込み隊”に案の定声を掛けられる。

今日は客の入りも悪いらしく、いつも以上に執拗に粘りやがるっ

グーパンチ&回転ヒジ打(←ノックアウトするとタイ王族から賞金が出る らしい)

をくれてやりたくなる。がっ、ここは大人を装ってみる

-60気圧低下っ、


帰宅すると愛猫ロデムさん が今日はやけに愛くるしい!!

ノドをゴロゴロなでて差し上げる。アナタ ナシでは活きれまへんっ

+300気圧上昇

↓更に家の”月下美人”が咲きましたぁぁぁ

gekka

一年に一度一夜だけ咲まするっ

純粋に綺麗なんで

何となく気分良くなり+500気圧

気が付けば本日も気分指数は高気圧っ

まぁ単純なモンです。。。


”月下美人”ってけっこう妖艶な薫りがして

一夜のウチに虫を集めて受粉するらしい。。。

人間に例えると”一夜のセクシーダイナマイト”(意味不明)

になるんやろ

チュー事は「かまきり夫人」(淫)?

東映
五月みどりの かまきり夫人の告白

更に”凶器攻撃大好き昆虫”「かまきり」つながりで

ポニーキャニオン
カマキリ伝説

取りあえず本日は間接的に

五月みどり

ラビット関根

に感謝っ

AD

新たなる野望

テーマ:

本日は大相撲名古屋場所千秋楽

島国育ちの漢(オトコ)なら当然観戦(TVダケドモ)せねばなるまい

相撲とは”真の漢”を選ぶための儀式である

そもそも国技やっ

去年末に見に行った”男祭り”も

”漢相撲”には遠く及ばない(格闘技ファンの人ボコらないでねっ)

http://sumo.goo.ne.jp/


今場所は

”土俵の鬼勝負師” 横綱 朝青龍 の活躍はいつも通りながら

”ハイウェストの貴公子” 琴欧州

”馬力機関車” 黒海

の躍進がめざましい

前出の二者は

いずれも自身が三役にのし上がる器と見立てている力士だ


「なんだ皆外国人力士かよ」

とオモタあなた!

心が狭すぎます

人を見ず相撲を見よっ

ナニジンだろと構わない

真っ直ぐな漢の戦いをみなはれっ

もしかしたら

外国人力士が増える

相撲が世界に広まる

各地に土俵が建立される(ストリートバスケ並に)

世界中で相撲ブームが興る

相撲ワールドカップ開催\(^_^)/

なんて事もあるやもしれんっ

妄想するだけでもス・テ・キ(は~と)


個人的には栃東にもう一踏ん張りしてもらいたかったが

実力者なので来場所に是非とも期待したい


また”期待の新人”琴奨菊  は今場所も勝ち越しを決め

着実に力を付けている様が伝わったってくる

若いのに既に”燻し銀”の取組みを見せてくれる

一番一番の取組みが素晴らしいっ

その姿は、

決して相撲を諦めない”漢取組み師範”琴稲妻を彷彿とさせる


と 

結果 朝青龍が5連続優勝を決めたが

来場所を考えると 益々面白い展開が期待される


是非 来場所は 女房を質に入れても見に行きたい

そもそも女房はおらんが、、、、

質に入れるために 来場所までには結婚しようっ!

質草女房募集中

アル意味、女衒以上にタチが悪いかもしれんが・・・


毎回相撲を観ると思うことだが

「力士(漢)になりたいっ」

自身は小学生の頃は肥満児だったので

そのまま太り続けていれば良かったモノと今は後悔している

今から太るのもかなり難があるっ

第一オッサンは新弟子検査に参加出来ないだろう。。。

う~むドーしたモンか

そーだっ 自身がダメなら子供作ってを力士にしようっ

入れるならトーゼン 名門 佐渡ヶ嶽部屋だ!

男が生まれたら名前は利樹史(リキシ)

女が生まれたら名前は恵子(ケイコ)

にしよう!(命名:友人LINちゃま)


その前に結婚or子作り をせにゃならん

とっ 新たな野望が沸々をわき起こった

AD

災害妄想→再考

テーマ:

諸事情あってクルマが”お不動様”なので

仕方なく電車で出かけた

休日は電車に乗るのが大嫌いなのだが仕方がない。。。


一通り用事を済ませて帰宅しようと 地下鉄日比谷線に乗る

さすがに休日の電車は家族連れが多い、

”利発そうなお子様” も居れば

他人ながら 思わずグーパンチで”教育的指導”を施したくなるガキもおる

などと座りながら人間観察をしていると

広尾駅ちかくで急に”マシンボイス”の

「急停車致しますっ お掴まりくださいっ」アナウンスが入った

はて?

”機械ネーちゃん声”の予告どおり急停車

結構フルブレーキングって感じだ


今度は”ホモサピエンス声”で

「え~大きな地震信号を探知し、急停車致しました そのまま暫くお持ちください」

えぇぇ。。。自身はジェンジェン気づかなかった

車内が騒然となる。

ケータイで情報を入手しようとするが当然 地下は電波が届かないっ

その後のアナウンスでは相当大きな地震であることをつげる


地上はドーなって居るんだ?

まさか火の海かではナイだろうか?

己の”妄想癖”が災害地獄絵図を脳内で映像化する。

30分ほどして超低速運転で何とか広尾駅に到着

さすがにこの時点ではアナウンスで多少情報が入ったので一安心

火も出ていないし、よかったぁ


電車も動いていないので

仕方なくバスにでも乗ろうと改札を出るが

駅員に噛みついている オッサンがいる

大災害でにでもなったら

こういった輩やによる

人的パニックが相当恐ろしい事になるでは?

と純粋に思った。

たぶん自身も取り乱すんだろう。。。

人間がイチバン恐ろしいかも?


地上に出るが極端に電話が繋がりにくいっ

仕方なく気になる友人にメールを打つ

地震の直接被害が無くても、モノが落っこちてケガでもしてるかもしれないっ

他人はアル程度知ったコッチャないが、

”自身の周囲の人間”に何かアルのだけは避けたい

エゴイストと思われよう本心だ

結局凄くメールが遅延して着いたらしく

夜中に無事を告げる返信があった

内心ホッとした。


遠方の友人

友人LIN(♂)、友人R(♂)、友人A(♀)、元カノH

みんな心配して自身に連絡をくれた

アリガトゴゼマス

がっ

何人かは、

「(自身は)死にそうには無いケド、ムダに流血沙汰のケガぐらいはしそうだから。。。」ダト

ってオイっ!そりゃードー言う意味じゃ

要約する”とオマエは危なっかしいヤツ”って事らしい

今後の付き合い方を考えよう (笑)


と言うか

皆、スゲー良いヤツばかりだ


アンタら自身にとって 唯一の自慢じゃ

と再認識

AD

朝からキツイ。。。

テーマ:

朝はスゲー弱いんで

ボーっと コーヒーを飲んで、タバコすって

見るともなくテレビをツケてシャワーを浴びる


半分ワイドショー、半分時事ネタ

みたいなドーデもエエ ニュースを見ていると

”カナダで同性結婚合法化っ”との情報が流れる

「あぁソーですかぁ そりゃ画期的だわ 愛する人と一緒に居ることは良きことね」

とTVにつっこみを入れつつボーっとしいた

で画面が”喜びに浸る人々”に切り替わる


げっヒゲオヤジ同士がディープ・キスしとるっ

一気に目がさめた。。。

朝からキツイ目覚ましだった

おかげで一日まぁまぁ不愉快っ

http://www.cnn.co.jp/world/CNN200507210009.html



優う闘犬

テーマ:

映画 「ダニー・ザ・ドッグ」を観た

http://www.dannythedog.jp/

何故か本牧までドライブがてら出かけてみた

が生憎の雨。。。

チューか豪雨やっ


雨の日や湿度の高い日は 古のケガの後遺症で身体が軋む

こんな身体ともうかれこれ15年ほど付き合っているが

梅雨時の雨だけはツライ

オマケに閑散としたマイカルは土曜と言うのに閑古鳥が鳴きまくっている

ダルな気分に拍車が掛るっっ

ウダウダ言うても仕方ない、お連れ様も居るし 

精神まで病んでたまるかチューのぉ

バスッと脳内の回路を切り換えていざ鑑賞っ



ジェット・リー演ずる”人間凶器”ダニー

普段は内気で温厚?チューか子供のまんまっ 

”座敷牢育ち”の為 ”欲” ”狡猾” ”悪意”と言った感情は持ち合わせていない

首輪を外す”カチリ”と響く音と共に、スイッチが入り

一気に凶暴さと暴力を全面に噴出させる

憎しみも無く、ひたすら眼前の人間をぶちのめす

容赦なく頭蓋を床に叩き付ける

目には暴力に”酔っている”素振りは感じ取れない

そもそも感情のカケラも見あたらない、純粋な殺戮マシーンだ

”血の海”の中で再び”カチリ”と首輪を装着されると素の児童に戻る

ネタバレなんであんま書かんが

その後”家族”と言う存在に出会う、そして守るべきモンを見つけ

”犬”から”人間”になってゆく


極端な二面性を併せ持つダニーだがシーンによっては

本当の子供のやうにも

ターミネーター(金属骨格のヤツね)の級の殺戮マシーンにも見える

殺!!

ジェット・リー エエ歳の筈だが、、、

完璧に演じ分けていた!

「THE ONE」の時よりも断然凄いと思う

ポニーキャニオン
ザ・ワン スペシャル・エディション
ダニーは凄くはまり役だと思う。エエ役者や

気になるのが

ヴィクトリア(小娘役)の設定が18歳ってのはムリがある

ドー見ても28歳以上にしか見えなかったぁ

ムリに大学生に仕立てなくても良かったのに、、、

恐らく、制作費を圧迫するモーガン・フリーマンの”高額ギャラ”のシワ寄せがココに来とるんかっ?




観賞後 自身の脳内に疑問が宿る

どっちがダニーの本質?

どれほど完璧な”闘犬教育”を受けたとしても、持って生まれた凶暴さが無いんと

ああまで完全凶器に変貌出来ないと思う。

劇中ではあるけれど、フツー 己の身を守るとか、金の為とか、快楽とか、怒りとか

つじつま合わせの”大儀”が無いと人間をあそこまでブチのめしたり、ぶっ殺したり出来ないと思う

もしかしたら生来の闘犬か?


劇中に登場する”首輪”が思考に引っかかってくる

”カチリ”この音が別人格へのスイッチなんだろうかと

ボクシングならゴング、相撲なら”締込”、等々と同一?

競技の場合なら”勝利”という”大儀”はあるが、それは人間根元(エゴ?防衛本能?)から湧出るモンではないんでは?この点はケンカとは全く意味が違う

”大儀”無く他人をぶちのめす非日常的な行為を遂行するには別人格を用意する必要が有るんだろう

首輪、ゴング、締込 いずれも別人格への扉

とそこに自身の妄想の着陸点を見出す


似合わんスーツを身に纏い、ネクタイでクビを締め上げる

コレが自身にとっての”カチリ”だっ!

オノレのスイッチをオノレで入れる!サラリーマンスイッチだっ

と気づく

仕事でのモヤモヤ思考が一気にブッ飛ぶ

ビルゲイツだろーが、L.H.M.Vだろーがかかってきやがれっ

(ってそもそも相手にされとらんが。。。)

そーだオレは犬だっ、犬になるんだ~っ最強の犬に~っ

そして

オマエ ノ 犬 ニ ナリタイッ 

イギーポップは恐ろしく正しい

屋根大事2

テーマ:

世の中何が起るかワカラナイっ

一寸先は闇と申します


七夕やしお空から飛行機も降ってくる事もあるんでしょう。。。

http://www.excite.co.jp/News/odd/00081120682533.html

しっかしこのパイロット一体何をやりたかったのか?

まっさかそのままバランス保って屋根着陸するつもりか?

ポルシェは空母じゃアリマセンっ!もっと屋根の平らなクルマを選びなはれ!



そしてやっぱり屋根大事っ↓とつくづく思う

http://ameblo.jp/blog-55minority/entry-10001701410.html  

丁度去年の七夕に屋根着陸の”残骸”を引き取りにゆきましたなぁぁ

危うく自身が”お星様”に成るトコやった。。。

身代わりに”お星様”になった ケロヨン号の一周忌だ

合掌

レオ様っ

テーマ:

何だか郵政民営化とかで政治がらみが騒がしいっ

70歳をゆうに越えたジジイどもがこの國を仕切っている

フツー70歳とかを過ぎたらエエ加減おとなしくなるモンだが

”お偉い先生”方はスッポンの如く いまだ権力にしがみつき齧りつく

あんたら魔物かっ?


魔物といえば

お子様方に人気の”鉄塊の魔物” 

きかんしゃトーマス

が連想される。

http://www.sonymusic.co.jp/MoreInfo/Chekila/Thomas/

百歩譲って機関車が喋るんはエエとして

”顔”を与えるのはドーかと思うっ

しかも目が普通ではないっ

主人公のトーマスはクリクリマナコでまだ許せるとして

トーマスの友人(友機関車?)のゴードンの目は怖すぎっ

↓”あの目”はゼッテー殺人キラーだ(意味不明)

ごーどん13

ちなみにこちらはKim gordon↓

きむきむ

眼光の鋭さは近いモンがあるかも?



そんな”鉄塊魔物物語”がミュージカルになった(日本初上陸!)

http://www.sonymusic.co.jp/MoreInfo/Chekila/Thomas/news/index.html

あっあのーデッカクないっスかー

チューかマジで怖いっ

ハ~イよい子のみんなぁ 真のトーマスの恐ろしさを思い知れっ!!


よくよく出演者?を確認すれば

ナレーションは森本レオ

おぉぉレオ様やっ(否っ、ディカプリオ)

レオ様言うたら 森本ヤロっ



柔らかなナレーションと共に繰り広げられる

”魔物達の宴”

想像するダケで悪夢でうなされそうだ

この夏イチバンのリアル・ホラーかもしれないっ

凄く観てみたい

クルマと♂と♀

テーマ:

先日久々にゆっくり本屋に行って

本を物色した

気が付けば絲山秋子の新刊が出ている

早速購入する

絲山 秋子
スモールトーク


「スモールトーク」は

たまたま一年ほど前に失業中(今は無事働いてますわ)にヒマで何となく買った

クルマ雑誌「NAVI」に連載されていた

たまたま買っていた号から連載が始まった。

「スモールトーク」が読みたいダケで暫く「NAVI」を買い続けていた

連載が終わったと同時にパタリと購読をやめた(笑)

それぐらい自身にとって魅力があった

初めて読む作家であったが凄く文章がキレイな印象をうけた

内容は男と女の話ではあるが、男が別れた昔の彼女を誘い出す”小道具”にクルマが登場する。

登場するクルマは”値段が高い”とか”スペックがドーだとか、伝説がこーだとか”言うクダラナイ感覚での登場ではなく、キチンと主人公(筆者?)の感覚で印象が描かれている。

その印象が登場する男女間の感覚を象徴しているやうでとても”微妙”だ


そもそもクルマなんてモンは移動の手段なんで走りゃエエ。

しかもブッ壊れなくて、維持費も安くて、文句も言わん

それがイチバン賢い選択やもしれんが、、、、

そんなんやったら、自身は電車に乗るワっ

ぶっ壊れようが、乗りにくかろうが、アホに見えようが

気に入ったクルマに時間と金と情熱をブチ込む、そこでオノレを昇華させる。

タダ好きなダケ、気持ち良いダケ、理屈じゃネーヨ

これってリピドーてっヤツか?凄く恋愛に似とるやもしれん?

どっちも能書きはいらねー。

”直感”と”欲望”の世界

そして、どちらも下手をすれば”命を落とす”し”人生を棒に振る”

更に、維持するにはそれなりの苦痛も伴うかも知れない

メリットはナイかもしれないが、だからナニっ

オモシレーじゃねーのぉ

自身のそんな部分を再認識した

どーりで貯金も嫁はんも出来ない筈だ(鬼笑)


まぁ自身の歪んだ性癖はさておいて

クルマ趣味の人もソーでナイ人も”クル人”には”クル”本ではないでしょうか?

ドーでもエエが巻末の”徳大痔”の対談が自身にとっては余計だっ

権威ってヤツかもしれんが、評論家って輩は苦手だ

モノクロームエゴイスト

テーマ:

昨夜映画ノミソングス観てきた

クラウス・ノミのドキュメント映画だ

http://www.elephant-picture.jp/nomi/

以前「猟人日記」を観に行った時に予告でやっとったので知ることができた


何故か小学生の時にクラウス・ノミを聞いていた

音楽のジャンルとか理屈とかヒットチャートとか全然分からず

YMOとかを愛聴する変なガキだった

今でも家のどっかを探せばテープとかレコードが出てくる筈

こん時からマイノリティーやもしれん

その後は”メタル道”に傾倒していったのだが。。。

そもそもジャンルやら風評とかで音楽を聴くタチでは無いんで

オノレに突き刺さるモンだけを今も聞いている。


でっ

急に観ることになったんで

コンタクトを未装着で観るはめになり、ほぼ最前列を陣取った。

ライブとかならまだしも映画のスクリーン”カブリツキ”は頸椎に負担を掛ける体勢を強いる。


映画はドキュメントなので

クラウス・ノミの周囲の人々が”語りべ”的に当時の出来事を各々の”思い”で語る。

生前のクラウス・ノミのライブ映像や当人コメントも数多くちりばめられている。


ドイツ人の小男Gay(ここは最期まで変わらないが)

クラブイベントの人気者

ミュージシャンのお気に入り

時代の寵児

レコード会社の犬

エイズ患者→孤独に死す

こんな人生が短い上映時間内に納められている


自身としては20年以上?の時間を経て初めて動く奇人を観た

80年代らしい”安っぽい電子音”と奇抜な外見とは裏腹にクラウス・ノミの歌声は素晴らしく美しい

しかし映画を観てると

”ニューウェーブ画家”?の友人や、曲をレコード会社に取られた人など

それぞれの個々の感情や世間の評判は見えてくるが

クラウス・ノミ自身の”想い”や”感情”はあまり感じ取れない。

”宇宙人キャラ”を演じているんで あえて人間っぽい部位を隠していたのか?

友人やバンド仲間を裏切りる”エゴイスト”とも取れなくもない。

ヤツはナンなんだ?


がぁ~っと目を見開いて”バテレン襟”?(こんなヤツ↓)  

                         バテレン襟?

付けてオーケストラをバックに歌っているシーンを観て

個人的に伝わってきた

カタチはドーであれ ただ純粋に歌いたいダケ

だと

何だか凄く突き刺さった映画だった

最前列の見づらさも忘れていた


”レコード会社の犬”と化して作られた音源は

CD化され再発されたらしい

アーティスト: クラウス・ノミ
タイトル: ザ・コレクション~ベスト・オブ・クラウス・ノミ



オノレの居場所

テーマ:

久々に自車でサーキットを走れるっ

待ちこがれてた日がやってきた

今日はアイドラーズのイベント(サンキューパーティーだ)

http://www.idlersclub.org/


丁度一年ほど前に

前愛車「ケロヨン号」を”鉄クズ”に換えてしまった

http://blog-55minority.ameblo.jp/entry-e13b5715e64b817084f2bcb3cba2e0b4.html

それから「軽カー耐久」とかでは走ってはいるが

自車でサーキットを走るのは丸一年ぶりぐらい

今回はレースじゃ無いケド、「ケロヨンⅡ世号」のサーキットデビュー

なんせ1年ブリヤシ

他のエントラントより 思いは大きいっ

しかも苦手なモテギなんで練習にはうってつけ


普段は朝が弱いのにこういう時ばかりは”遠足前の小学生”状態できっちり目が覚める

朝4時に起きて

5時にS嬢をピックアップして

常磐道をそこそこカッ飛ばして

いざモテギに向かう

S嬢はスピードとかエンジン音とかじぇんじぇん平気らしい

チューかむしろ大好物のご様子

話によれば お父上が以前’92 RSに乗っていたらしい。スゲー羨ましいっ(涎)

なので妙に車にも詳しい。

どーせ「ケロヨンⅡ世号」はエアコン付の微妙な’92 RSAmerica

この微妙さ加減が自身らしいといえなくもないが。

http://blog-55minority.ameblo.jp/day-20050429.html


モテギに着くと

いつものイカツイ面々が勢揃いしている

思わず顔がニヤケル

エエ大人達が朝っぱらからガキのやうに ワイワイと出走の準備を始めている

自身もテーピングや空気圧調整やらナンやらを始めるが

S嬢をすっかりほったらかしにしとったケド

デジカメで気になる車を激写したり、エキゾーストノートに官能したりして

それなりに楽しんでいる様子

ナンパナンゾされてはいないかチト心配になるが

そんなアホな輩はココにはいるわけもナイんで

ムダな心配だと気づく

もてぎ光景


でっ自身の出走になる

今回は牽引フックを調達出来ていない(納車時から欠品)ので

コースアウト=無茶苦茶に牽引される=バンパー取れる

の図式が出来あがっているんでコースアウト厳禁

空気圧もデータが無いんでテキトーに0.3㎏ぐらい落としてみる

ペースカーが引っ込むと感触を探りながら走るが一向にペースが上がらない・・・。


ゲッ ジェンジェン動作リズムが取れていないっ

特にブレーキリリースとステアの連動がオカシイ

スーパーカップ(SLICKタイヤ&改造無制限)の”オバケ車”にスゲー勢いで抜かれる

四苦八苦しながら徐々にペースを上げてゆくと路面温度が高いせいもありタイヤは張りまくり、

おまけに3速にシフトするとギア鳴りが出始始末、、ヤバっ

ブレーキにいたってはわざとハード・ブレーキングを繰り返すがフィールの低下は有れどもほぼ問題ナシっ

今回はレースではナイが何台かはパスできた。ここだけは○

アッチュー間に走行が終わる

鬼脱水症状で正気に戻るまで数時間を要した

はしりまっせ


感想:RR走りの基本をすっかり忘れてしまっている。。。

プリミティブな930の感覚が懐かしい

一応パワステはナイがキックバックの少ないステア感覚にまだ慣れはいない

ギアオイルは90w-140に換えないと

などと自己嫌悪と反省と明日への課題に

イライラしつつ顔は笑っている(^_^)

そうそうこの感覚っ

オノレが狂喜乱舞出来る場所やなと再認識した

まだまだ練習やな(LAPタイムは雨の時の”ケロヨン号”と同等 遅っ)

相撲同様に稽古が大事っ

さまよえる子羊

作品名:さまよえる子羊


その後

サーキット仲間のE氏に「エアコンかけて走っていルンじゃねーの」(笑)

などと罵られつつ楽しいひとときを過ごした

ホント人と走るのは気持ちいい

参加300台のパレードランと共に大団円を迎えた

パレードらん



ヘロヘロで車を東京方面に向ける

エアコンがスゲーありがたいっ

エアコンが効く車を所有するのは初めてだ。文明ってスゲー

S嬢は車載CDから目ざとくOZZYの「Tribute」を見つけて掛ける

疲労困憊した身体にメタルは厳しいが

世界中でサーキット帰りでランディーローズについて車内で討論している

男女はウチらだけダト解釈すると”唯一感”が高まる(アホ?)

アーティスト: OZZY OSBOURNE
タイトル: Tribute (to Randy Rhoads)
注:名盤だが今売られているのはDrとBassトラックが差し替えられてる
  こんな愚行を誰がした(怒)買うな中古でオリジナルを探しませう

その後だらだらゆっくり高速を走っていて

気が付けば横浜本牧っ!

ムーンカフェでご飯を食べて

http://www.mooneyes.co.jp/shop.html

そのご無事S嬢を送り届ける


そーイヤ生まれて初めて女性を自分の趣味に連れ回した

道中色んなコトを話したがキュートで面白い人

だから連れてきたんダト思う

役500キロの道のりも凄く有意義だった(通行券も取ってくれるし)

そーだS嬢をレーシングクイーンに仕立てて

スポンサーを募ろうっ

命名

レーシングチームひとり(漢)

コレ買ってくれる人募集っ↓

コレ買ってっ

もはや彼女は無くてはならない存在だっ

次はパラソル&水着持参でおねがいしまーす(私欲)

兎も角 最高な気分に浸れた1日だった