しま爺の平成夜話+野草生活日記

世間を少しばかり斜めから見てしまうしま爺さんの短編小説や随筆集などなど
★写真をクリックすると、解像度アップした画像になります。

NEW !
テーマ:
リオデジャネイロ五輪と突然の雨、藪蚊の多さ、いるだけで倒れそうな暑さなどから、長い間庭の娘たちを放っておいた。


これがいけなかった。

一時はアゲハに食われて瀕死状態だった沖縄娘は、つまりシークウァンサーは、すべてアゲハにやられてしまったようだ。
先日アゲハ退治をした際に、アゲハの子を踏み潰す勇気がない私は、葉からはがしただけで、お客様には近場にどいてもらっただけだった。

多分、シークウァンサーの匂いを追って、また戻ってきたのだろう。
葉は1枚も残さず、幼木が坊主になった。

枝が黄色くなり、実はすべて消えた。
もう、こうなるとお手上げだ。
沖縄娘よ。
ごめん。



畑はさらに悲惨だった。
スイカ、メロンは干からびていた。

ミニトマトも重症だ。

そんななかで、トウガラシの仲間とバジルだけは元気である。
トウガラシの一種は、雨に根がむき出しになっていた。

が、ハラペーニョが小さなピーマンのような実を付けていた。
アボカドのように、ずっしりと重い。

五輪前に採った時とはまるで違う。
3つほどもぎ取る。

その手で汗をぬぐったから、たまらない。

目が辛い、辛いと泣き出した。

先日の若いやつは口ほどにもなくがっかりしたが、今回は頑張って辛くなったなと嬉しくなった。

ブログを始めた頃、ハバネロを育てたことがある。
素晴らしく実がなったが、残念ながらほとんど捨てた。危険な辛さだったからた。

大漁に、ブラックベリージャムとともに会社で、売価0円で販売した。
ジャムは売り切れたが、ハバネロはすべて買い手なし。
結局、嫁に出せることなく終わった。





ハラペーニョは、今やうどんの必需品だ。

1個で5食分にあまる。
スライスして汁に混ぜるだけで、辛さの中の甘みをも引き出してくれる。

カレーにみじん切りを加えてジャワカレーに混ぜれば、ミニボルツの5倍が出来上がる。

なかなか重宝する。





しかし、いけないな。

自由奔放にとの方針は、菜園にはダメらしい。

本来なら今頃目を楽しませてくれるはずだった、オミナエシもキキョウも、みな溶けたり、干からびたりしていた。



自責の念にかられたが、またやってしまいそうな気もした。



ミカンは元気である。
水かけさえしていないのに、カボスくらいのやつが数十個。

狭い裏庭で、無事育っている。






コオロギがラ♭で鳴いている。遠くではミ#のスズムシらしい声。合間にクツワムシらしいのも入る。こちらは音が高過ぎで、何の音か分からない。

今年のやつらは、なかなか歌が上手い。

どこで習ったのやら。





久々にテレビ朝日の朝生を見た。
あの竹田さんが出ていた。
テレビ朝日だから言えないこともあったように感じた。

天皇制とは、『男子排除なのだ』の意味が理解できた人は、ほとんどいなかったように見えた。
竹田さんも、立場上あれが精一杯だったろう。
D1bについて語れる日は遠い。

だから数代前にさかのぼっても、一時的に女性天皇を冠しても、男系を繋いできた。

小林よしのり氏でさえ、天皇と帝王や王の違いが分かっていないと感じた。

パヨクの先生方は、女性天皇はあっても女系天皇はダメだの意味を、果たしてどこまで分かっているのやら。

これは観念的な話ではなく、科学的な考えが必要だから、彼らには分からないかも知れない。


古代人は、遺伝子等知らなくとも、なんとなく分かっていたのだろう。
AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
NEW !
テーマ:
イタリア地震は、300人くらいの犠牲者がでているようだ。
被災地の方々の心痛やいかに。
犠牲になられた方々の、ご冥福をお祈りしたい。



イタリアは、インドネシアやアリューシャン、中南米、日本などほどではないが、比較的地震が多いところだ。
地震予測などの研究も進んでいる。





日本のあるサイトでは感覚やら、アルゴン、雲などによる地震予知サイトがある。
短期間私もそこにお邪魔して、大反発をくらい炎上した。
あまりに非科学的なことを事実とする人が多かったから、反論を証拠付で書いたからだ。


止める直前、北海道浦河での震度5以上の地震を予測したが、翌日にそれが起こり、驚きのなかで、前言通りサイトを後にした。

これは一時、予言者伝説になっていたらしい。




ところで、イタリア地震とほぼ同時にミャンマーでも地震があった。
規模はイタリアの5~10倍くらいだろう。
犠牲者も出ているようだが、これについてはほとんど触れない。

一方インドでは、数百から千人単位の犠牲者がでた災害があり、少なくとも10万人の被災者が出ている。
インドやパキスタンでは毎年のようにあることだが、こちらもほとんど報道しない。




世界では、1日平均70人がテロの犠牲となっているが、日本で報道するのはだいたい欧米のテロだけだ。

人命は地球より重いとか言っていたり、人類みな平等とか言っている割には、ずいぶんと差別的だなあと感じる。


年間になおしたら、気象災害でなくなった人は、分かっているだけで1万人を超えるだろう。








AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)
NEW !
テーマ:
大学生になったばかりの頃のことだ。

「おめえの部落はどごだい?」
と訊いて壁ドンされて、何人かのヘルメットに囲まれたことがある。


田舎では部落という言葉に差別的な意味合いは全くなく、「あなたの田舎はどこですか?」という言葉で尋ねた。

が、相手は全く違う意味で捉えたらしい。

今の私は、彼らの部落の意味をインプットされてしまっているせいか、自らはこの言葉を使うには、かなり抵抗がある。

2年くらい前も、今住んでいる町の田園地帯を散歩していたときに、お百姓さんが「あっちの部落じゃ……」という会話をしているのを耳にして、いささか波立った自分がいた。

俺も汚染、洗脳されているなと思った。





宗教本をSFとして読んでいた時、日本を代表するキリスト教学者である犬養道子さんの記事をみた。

彼女は、言葉の病的な制約には反対で、敢えて部落という言葉を使ってアフリカの仲間などを紹介していた。


彼女の使っていた部落の意味は独特なものがあったが、クリスチャンもまた言葉の制限をする風潮に苦言をしていた。


また、これはそうした制限にうるさいA新聞の支店長の言葉を目の前で耳にしているが、こんなことを言っていた。

あまりに多くを制限するから、記事が書きにくいと現場では泣いている、と。




私は、壁ドンされて初めて部落という言葉の差別的意味を知った。


逆に言えば、パヨクに差別を教えられた。



犯罪者名も、一部マスコミは警察発表名ではなく、名前を違うものにして発表する傾向がある。

それによって、凶悪犯罪者名を隠し、日本人による犯罪と思わせたりすることがある。
AD
いいね!した人  |  コメント(18)  |  リブログ(0)
NEW !
テーマ:
何度も書いているが、私も今のタイプの原発は不気味である。
もんじゅなどは、再稼働を考えるのは、現在のタイプでは非常識だとは考えている。


が、多くのパヨクのやっている反原発運動や、原発即廃止とかいうものには、それ以上の疑問を感じている。



だいたい理論がメチャクチャだ。
多分、原発について何も知らないに近い。


私も原発に関しては素人だが、炉の底部に溶けた燃料受け皿をつけ水素爆発防止をするなどと、NHKでニュースで流していたようなことに頷く程の不勉強ではない。

が、応用物理を専攻したらしい空き缶親分は、そんなマンガチックな話をしたりする。

その信仰者も、どうやって水素爆発が生じるのかくらいは学んで欲しい。

そのニュースに驚き、アメブロですぐ記事を書いた。
原発に詳しく、一時期原発に関与していたらしい某氏から、よく気づいたね、とのコメントがあった。



いつまでも ≪放射能が、……≫とか意味不明のことを言っている放射能という言葉の意味を知らないブロガーさんも、すぐに何でも信じてしまう方も少しは学んで欲しい。


あまりにもデタラメが多く、祭りのチンドン屋を追いかける子どもたちに見えてしまう。


これでは、反原発運動にはついていけない。





アッペのあそこが悪い、ここが悪いとネットサーフィンやデモンストレーションする時間があったら、せめて基礎学習を図書館あたりでして欲しい。

私も誤字脱字は多いから声高には言えないのだろうが、批判する相手くらいは正しい漢字で書けるようにすべきだろう。

いや、自分の名前くらいは、正しい日本語で書けて欲しい。
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
NEW !
テーマ:
かつてルイセンコという生物学者がいた。
ソ連アカデミー会員であり、最高賞のレーニン賞も受賞している。

彼の唱えた理論は、今なら小学生にも笑われる内容だが、共産主義者には都合がよい論理だった。

そのためスターリンに気に入られ、国策にも利用された。

毛沢東も、進んでこの理論を取り入れ、大躍進計画を進めた。






この結果、2国で計1億人近い餓死者を出している。


アメブロブロガーさんの中には、いまだにルイセンコ理論信仰者がいそうである。






毎日毎日、アッペが悪いと考えて生きるのは大変だろうなと思った。
いいね!した人  |  コメント(19)  |  リブログ(0)
NEW !
テーマ:
いくら大盤振る舞いとはいえ、不思議な10億円支給である。

あなたは、下記のような一部では報道されていないことを知っているだろうか。



・かつての基本条約では、相手国の被害という感情なども鑑み、日本は相手国の当時の国家予算の2倍以上を支払った。
ここでは、以降なんら弁償も求めないという約束があった。




・哀れな境遇にあった女子などに関しては、相手国が自分から率先して行っていたことも、人道上の観点から金を個人に支給しようとした。
が、相手国はそれを拒否し、一括で相手国への支給に入れるよう要請した。自分たちが、哀れな女子などに分配するとの主張だった。
しかしながら、金は相手国が猫ババし、哀れな女子などににはいっさい渡されなかった。






・この哀れな元少女たちに関しては、後に日本の党主になった方の、哀れ少女救済スピーカーとしては信じられない発言も記録にある。




・これらの金を元手に、相手国は奇跡とも呼ばれる発展をした。
かつては、アジア最貧国であり、北の将軍様の国へ渡る人たちの、当時は自国よりは豊かな土地への密入国も、ほとんどなくなった。





★相手国哀れ少女救済会会長は、あのA新聞の環境に優しい名前を持つ方の義母だが、1億円以上にのぼる詐欺で韓国警察に逮捕されている。


★ユリにはいろいろある。
リオデジャネイロで花咲くものもあれば、赤い花を咲かせながら白ユリの如くに、ひっそりと咲いていたマドンナもあった。

小さなユリは、谷間に咲かせておいてやるべきだ。

どっかの政治家を目指したとしう芸能人のように、晒し者にするには忍び難い。

そう思う、美人には甘い私であった。
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:
懐かしい言葉を聞いた。

額る手(デコルテ)である。
触れた熱る手(フレタホルテ)という言葉も思い出し、かつてロンパリの2年後の流行色を決める会議場で、ゴミ拾いバイトをして白人種と黄色人種のメラニン色素比較という、生涯の研究に明け暮れていた頃が、苦い思い出とともに蘇ってきた。





かつて、『青い珊瑚小屋』という、健全な精神ともてあます身体を悶々とさせる映画があった。

そこには、素晴らしく美味しそうな桃やサクランボが満載されており、グルメという言葉が一般的になる前でも、目をグルグルさせる映像に溢れていた。
まさに、グルグル目であった。


その『青い珊瑚小屋』が有名になる3、4年前の作品だろう。
日本では公開されていないと思うが、ブラック・チールズが西洋名家のお嬢様として出た映画がある。
実に彼女らしい役どころであった。
その中で、彼女が生まれたままの姿になる場面があった。
珊瑚小屋の頃は、まさに賞味時であったが、その映画の彼女の桃やサクランボは、まだ熟す前の青さが残っていた。

いや、青さではなく、夢に出てくる薄いピンクのサクランボだった。

ティッツィアーノやルノアールは幼い時から当たり前に見ていたから、桃サクランボはなんでもない存在だった。

が、その映像に写し出されたそれは、私の記憶にないものだった。

固そうにも見えた。

私は、生まれて初めての、新たな感動の中にあった。


それから、私の第2専門分野が決まった。

私のあの能力はほとんど消えていたが、この場面だけは深く脳裏に刻まれた。








最近のことだが、三陸沖で底引き網漁をしている船に、似た名前のものがある。
が、彼らはブラック・チールズとは似ても似つかぬ赤いサバの仲間。防波堤付近でも釣れるサッパの仲間だった。


すぐに食われてしまうなと思っていたが、やっぱり海中へ消えたようだ。

だいたい植物プランクトンは食わない、とか言っておきながら、夜中にはオキアミをたらふく食べ、わずか数日でパンストを買い換えた。
その後には、食い散らかしたパンやらハンが、後片付けもせずに残っている。

俺たちの時代は、後片付けくらいはしていたぜ!と盲導者舗道を無視して御座を敷いていたサッパに呆れた。


そのブラック・チールズみたい名前のサッパが捕まりそうだ。

オキアミどころか、養殖海胆に手を出していたらしい。


ハハーン。
使い物にならないから、赤いサバに仲間じゃないよと言われたな、と思った。

仲間の胡我さんはどうするのやら。

まあ、どうでも良いことだがね。




追記
養殖海胆をめぐって仲間割れしているサッパの尻鰭を見たら、還暦をとうに過ぎたのがランドセルを背負って奇声を上げていた。


哀れになった。
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
≪証言A≫
あっちが旭日旗を振ったから、我々も英雄の顔を描いた幕を広げたのです。
悪いのはあっちです。



≪証言B≫
約束では、あっちが幕を広げてから、旭日旗を振る予定だったのです。
ところが、いつまで経っても何もしない。
しびれを切らして振りました。
だから、悪いのは約束を破った奴らです。




≪証言C≫
ああ、やつはNH●の▲道具担当ですよ。
通行人の役もしたりしますがね。
●●枠で入ったやちですなあ。




≪証言D≫
普通あんな旗や幕を会場には持ち込めません。
会場担当も絡んでいます。




≪証言E≫
ああ、あれは奴らの得意技。
右翼を装おって、市民に右翼嫌悪感を抱かせる常套行動のひとつ。
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:
≪証言A≫
三陸沖の魚は≪放射能≫汚染があり、危険です。
食べてはいけません。
三陸沖の漁は禁止し、輸出もするべきではありません。




≪証言B≫
三陸沖には、中国船に溢れています。
私らは、捕獲漁制限を作り、資源保護をしているのに、きゃつらは底引き網で、全部持って行ってしまいます。




≪証言C≫

アッペが悪いのです。
サバがマグロにならないのも、ウナギが高いのも、みんなアッペのせいです。
アッペが独裁だから、サバも怖がって大きなマグロになれません。

そんなことは常識ですよ。あなたは、常識を知らなすぎる。
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
クンナラ、つまりペクチェの民は長らく差別されていた。
漢や魏が北の地を郡とした時も、その直轄地にはされなかった。
あまりに気性があらく、宗主国が敬遠したからだ。

倭王が安東大将軍となり半島を管轄していた頃も、加羅、新羅の民とは相当違っていた。

それは、あの大唐の時代でも同じだった。
一時、唐はクンナラを支配下に治め、自国に組み入れたが、すぐに手放した。
東胡問題がでたためもあるが、あまりに面倒な民だったからである。

が、それが自国の偉大さからだと勘違いした民は、自らクンナラと偉大な名前を付けたことを自負した。

そこで彼らは立ち上がり、プヨがゴリョから別れて南に移動して打ち立てた国だとの伝説を作った。


もともと名前さえ知らなかった、北にあるらしい火を吹く山を霊山として龍の化身とした。


10紀半ばに大噴火し、世界の気象を変えたこの火山は、半島北部の民を半ば滅ぼし、南に逃げて来た民に圧され、穏やかな民の一部は、南のチェジュ島へと追い出された。

こうしたこともあり、チェジュ島は流民の島として李朝時代まで差別を受けることになる。


いや、この影響は最近まで続き、半世紀少し前には、島民の5人に1人が虐殺を受けるという悲劇をよんでいる。

こんなクンナラの民にも、目をみはる能力があった。
妄想力である。
国内にプヨ郡を置き、プヨの民であるとの裏付けを作った。
また、北の民の伝説である熊王女物語を建国話に取り入れた。

首領抗争から破れて倭に逃げた王子を、クンナラからの伝道者にし、逃走時に持ち逃げした千文字文で倭に文化を伝えたとした。


この話が変形して、因幡の素兎民話となっていく。


はるか昔、まだ日本にシュメール絵文字から生まれた呉字や漢字が伝わる前の、縄文字しかなかった時代の話である。



クンナラの妄想力は、岡倉天心など明治の文化人にも影響を与えた、


いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。