(T-T)

テーマ:
前回のブログをアップしてから、早1年以上ほったらかし・・・。
びっくりしました!

ぜんぜんアップしていないなあ・・なんて思いながら、フェイスブックもまともにアップしていないという・・。

これはいけないと思い、突然投稿してみましたが、なにしろ久々ですので何がなんだったかすら覚えていないんですよ。

というわけで、先日、社員たちがじゃれあっていたのをとりあえず。

 


いい歳こいたおっさん二人が、おんぶして工場内を走っていました。

 
 

いったい何が彼らをそうさせたのかはわかりません。 

が!

とにかく楽しそうでした 

そういう職場の雰囲気、いいですね 


さて。

もう少しちゃんとアップしていきたいな 

今年ももう3か月が過ぎましたが、今ふと思い出しました!
今日から新年度じゃん!!
よし!がんばろ!
エイプリルフールだけど。

嘘にならないようにしたいなあ。できるかなあ?





 
AD

消えた。

テーマ:
せっかく時間をかけて書き込んだ記事が、プレビューしようとしたら、全部消えた・・・。


シンジラレナイ。

運営様・・そりゃないっす。


凹むなぁ。

ほんとマジで。


これはやられたぜい・・。(´・ω・`)





ブリック  浅井 博貴
AD

まかせた!!

あぶない・・・。
週一更新がもう崩れるところでした 
 
一週間って、本当に早いです。あっという間。
大事に一日を過ごしたいですね

さて、本日の現場。中津川市茄子川にて新築工事物件の屋根工事です。
こちらの物件、地元設計士様による設計の現場で、建物も非常に斬新
 平屋造りの大きなお宅なんですが、屋根がいたる所にある・・。といった感じです。
先日、屋根の荷揚げが終わり、まずは「唐草」という役物を、
軒先からグルグルっと屋根面の端っこに取り付けます。

 
こちらが「唐草」
きっと建築に携わっている方でないと、なかなか見受けることはありません。
というか、気にされる方はまず居ないと思いますが、板金の屋根がある所には、間違いなくこれが取り付けてあります。
一度ご自宅に板金屋根や、板金庇がある方は気にして見てみてくださいヾ(@°▽°@)ノ 

・・・。
また、絵文字が貼り付けられない・・。なんでだろ?
誰か原因を教えてぇっっ!。・゚゚・(≧д≦)・゚゚・。 



さて気をとりなおして、
先日の荷揚げ終了後、ひと段落して唐草を取り付けているところ。
    
 まだ、施工前の屋根材が丁寧に積んであります。

   
なんだ?これ。自分で撮っておいて、よくわからない写真ですが・・。



 
 こちらは、屋根面がたくさんあるのがわかります。
写真の中でも、5面の屋根があるんですよ(°∀°)b  

皆さん、わかりますか?(*^-^)b 


さて、今日の現場の状況は・・・といいいますと!

 
遠くからのショット!
面の半分くらいは施工済みです。

こちらの現場で使用している材料は、

横葺き 
 
 という材料を使って施工しております。
非常に汎用性があるといいますか、どんな建物にもマッチして、使い勝手もよく、見た目もかっこいい!!

素材は、カラーガルバリウム鋼鈑 厚さ0.4ミリで、今回の屋根の働き幅は195ミリです。
色はパールブラックをチョイスされました:*:・( ̄∀ ̄)・:*: 
落ち着いた印象を与え、屋根の重厚な感じもありますp(^-^)q 

先ほど「働き幅195ミリ」といいましたが、それがどの部分の事かというと、
横葺きの場合、横に線が入っているように見えますが、この線と線の間の長さが195ミリあります!ということなんですね。
この働き幅ってぇのが、なかなかの曲者・・というか、印象がガラッと変わります。
建物の規模によって変えていますが、現在世の中に出回っている屋根の形と働きの種類の組み合わせが豊富にありまして、大きな建物には働きの大きいのが合うと思いますし、規模が小さければ、働き幅も狭くした方がカッコいいと思いますね(・∀・) 

もし悩まれている方がおみえでしたら、やっぱり専門業者に意見を聞くのが、早いかと思います(^ε^)♪ 
もし、知り合いにそういった方がいないようでしたら、弊社にお電話いただければ、どんなことでもご相談に乗らせていただきますよ(‐^▽^‐) 

弊社電話番号はこちら

0573-64-8035

お待ちしております( ̄▽+ ̄*) 

さて、先ほどの現場の職人たちの仕事っぷりをちょっと覗いてみます・・

    



    
 
 どれが誰だか、あえて紹介はいたしませんが、じつはこの現場は社員の内木くんに今回初めて現場を任せました。
内木くんはウチに入社して、たぶん7年ほど。
いままで、下が入ってこなかったためにいつも親方衆についてばかりでしたが、新入社員も増えてきたため、ぼちぼちと小さな物件を任せていました。
彼も2級建築板金技能士の資格保持者ですので、先日の役員会議で一つ現場を任せてみようということとなり、今回、こちらの物件を任せてみることにしましたo(゜∇゜*o)(o*゜∇゜)o~♪ 

多分、たくさんの壁にぶち当たると思います。
何度もやり直しをさせられるかもしれません。
頭が混乱して、訳が分からなくなるかもしれません。
だけどどんどんぶちあたって、悩んで欲しい。
だけど、その先には必ず成長している彼がいると信じて、任せようと。

彼には、お客様に喜んでもらえるものづくりを目指して欲しいと思います。


がんばれぇぇ!

ヽ(゜▽、゜)ノ 

                     <浅井 博貴>
 
 
 

 
AD

裏方。

テーマ:

今週初の投稿・・・。

週一にしといてよかった・・毎日!なんていった日には、きっといきなり挫折していたかも

さて、今日は現場リポートではなく、私のお仕事を少しだけ覗いてみましょう
そんな大したことをしているわけではございません。
ですので、何か新しい発見や情報があるわけがございませんので、あしからず

私の普段のお仕事といえば、簡単に言うと、
「現場に入った職人さんが、すぐに仕事に取り掛かれるようにすること」
です。
職人たちが現場についたら、材料もそろって、各所の納め方も大体決まっていて、割り付け方法や、どの材料をどこの場所に施工するのか・・。
ということをほぼ決定しておくことなんです。
ですので、現場で監督と打ち合わせをして、納め方や、使う材料の選定、足場が必要か、荷揚げ用レッカーを頼まなければいけないか、材料の搬入ルートは?どこに仮置きしておこうか?
他の業者さんとの取り合いや、現場の進み具合・・
それら把握しながら、今度は屋根だったら、まず実際にのぼって下地の確認をして、寸法を測って、会社に戻り図面を描いて割り付けをして、そこから材料の拾いだし、材料メーカーさんに発注。その際にはいつ、どこの現場に何時に搬入してほしいかを伝えて。
同時に各現場ごとに見積もり書を作って、監督と金額の相談をしながら、材料の変更があればまた見積もりし直して、最終金額を決定。
またまた同時に、今度は工事に入る日が近づいてきたら、監督とまた現場の進捗状況を確認しつつ、弊社の職人に割り付け図面などで、各現場ごとの納め方を指示して、送り出す・・。

そんな感じです・・


・・・たくさんやることありましたね。
だけど現場が始まると、今度は職人たちがいよいよ頑張ってくれる番です!
真夏の太陽がどれだけ照りつけようが、真冬の芯まで冷え込む寒さであろうが、一日中外で作業してくれます

あくまでも私の仕事は裏方

そんな一部を少しだけお見せしたいと思います

屋根のリフォーム物件

    
 
こちらの屋根は現在、FRP製の小波が施工してあります。
実はこの建物・・・。
畜産関係の建物でして、屋根の下は見渡す限りの牛さんのフン。

  
写真では伝わりにくいですが、結構まあ、そこそこのね。
鼻がさ・・・。

うん。
まあ、察してください。  

黒いの全部そうです。
実はこの物件は1期工事が終了していますが、それを施工したのが真夏!!
そりゃあもう!!!!
今は冬なので、まだどうにかなります。

そんな建物の屋根の上に上がって、屋根の長さを測るんですが、アンモニアがきついため、ところどころ、鉄骨下地が腐食しているところもあり、スリル満点でした。
屋根が抜けて落ちた日には、きっとあの黒い山の中に全身ズッポリなんだなと想像して、頭がパンパカパーンでした

今度は新たに、耐アンモニアの材料を使用して、屋根の葺き替え工事です 

ちなみに高さはというと、
 
これくらい。

これは軒先での撮影ですが、およそ4m位です。
まったくわかりづらいですね・・スミマセン

屋根はななめの勾配になってますので、一番高いところで、8~9m位です。
まだ足場も何もないため、風はビュンビュン吹いているし、これまたスリルが・・というか、男性にしかわからない感覚・・・。
キュッ 
って感じです 
高所恐怖症の方は、動けなくなってしまうかもしれません。
以上、ほんの一部ですが普段誰も見ていない、建築板金屋さんの裏方の仕事の紹介でした 


ではでは。


                                 <浅井 博貴>


 
 

2014年。明けました。

テーマ:

改めまして、新年あけましておめでとうございます

昨年は、特に年末にかけてですが、ありがたいことに非常に忙しくて、
工事に職人の手配がままならず、最終的には年明けになってから・・といったことになってしまい、お客様には大変ご迷惑をおかけしてしまいました。

ずっと不景気といわれているなかで、ほんの少しですが明るい兆しが見えたように思います。
ただ、これが消費税が上がる前の駆け込み需要なのか、はたまた景気回復の第一歩なのかわかりませんが、私どもは今年も、お客様に喜ばれるものづくり集団として、職人としての誇りと魂をもって、まっすぐ突き進みたいと思います!

この中津川に、現社長たちがブリックを創立してはや25年が経とうとしております。
世代交代も順に進み、まさに温故知新といったところでしょうか。
社長たちが築きあげてくれた地盤をより強固にして、また、新しい時代に取り残されないように、新しい取り組みにすすんでチャレンジしたい。
そう思っております。

実際、お客様は本当によく勉強してくださっていて、ネットなどでたくさんの情報を仕入れた上で、家づくりを楽しんでおられるように思います。
私たちは、建築板金のプロとして、そんなお客様のニーズにできる限り応えられるようにしていかなければなりません。

そんなわけで新年一発目ですので、多少はお堅い挨拶を入れながら、今年はこちらのブログもできる限り継続・・・というか、最低でも週に一回はアップする!
これを目標にします!




やっぱりネット社会ですよね。
自分でも何か調べものをするときには、googleで検索しちゃいますもん
ほんとスマホとか便利!
PCも便利!
だったら、お客様に見つけていただいて、少しでも興味を持っていただけるようにしなきゃな

そんな感じで、本年もよろしくお願いいたします。


                             株式会社ブリック 
                               取締役 浅井 博貴





    
 
 
この写真は、年末の大掃除の風景です
一年間、苦楽を共に戦った工場の中を、社員全員で大掃除
ピッカピッカにして、無事に新しい年を迎えることができました

なるほど!

本日の中津川・・雨です

5月に入っても、雨が降ると肌寒いですね

午後には上がる予報ですが、職人たちは雨で作業ができない現場がほとんどのため、みんな工場内で、片付けやら、加工やらしております

昨日の現場の紹介でもしようかな

昨日は中津川市内で、喫茶店の屋根替え工事に伴う板金工事でした。
屋根には瓦を乗せかえるんですが、パラペット立ち上がりがあったり、下り谷があったりして、瓦屋さんが工事に入る前の準備です

まずは谷樋!
箱樋ともいいますね。

 
使用した材料は、

カラーガルバリウム鋼鈑(茶色) t=0.35

です。

現場に合わせた長さ、形状で納めます。
この物件、新築ではなくリフォームに近い工事なので、建物が建ってからはや25年ほど・・。
下地も腐食している部分があったりして、一筋縄ではいかないようで・・ 
それでも、経験と知識を活かして施工中です!

谷樋といえば、八千代折りというのを必ずします。
まあ時と場合によったりするんですが、ほぼこの納め方をします。
というか、これをしないと雨漏れの原因になるわけでして 
それに、板金職人の腕の見せ所でもあります 
   
 わかりますか?
一枚の平板に、一切切れ目を入れることなく、箱を作ることによって、漏水の危険性を限りなく0にします。
簡単に見えて、このようにきちっと作り上げるのは、熟練の技が必要なんです 

 続いて、瓦谷ですが、これは結構瓦屋さんがご自身で施工される方も多いですね 

どのようなところに施工するかというと・・・。



 
 
 お分かりいただけるでしょうか?
画像は、瓦棒という瓦の下地になる部分とあわせて、瓦谷の下地になる部分です。
これをきちんとしておかないと、曲がってしまったり、漏水の原因になったりしますガーン 

私たちは常に雨漏れとの戦いです戦い 

形状はこちら。

 
なかなかこうやって見る機会は、おそらく一般のかたは少ないんではないでしょうか。
だって、瓦が施工されると、ほとんど見えなくなっちゃうですもんほろり 

たとえみていただけなくても、気付いてもらえなくても、雨漏れがしないようにしていくのが板金屋の仕事です!
見えないから手を抜くわけではなく、ただひたすら水との戦いに勝つために、精進いたします!!


しかし。

ホント寒いデス、今日。


皆様、良い週末を。


                                  <浅井 博貴>


http://www.blik.co.jp

 
 

金週後。

テーマ:
いやはや・・・ 継続は力なり・・・
身に沁みます( ̄_ ̄ i)

  ネタはたくさんあるのに・・

「ブログ用に」、なんつって写真を撮ってみたりしてるけど、ちっともアップしないという・・・汗


そういえば、絵文字が復旧?してましたね。ちゃんと選択できるように戻ってた。<br>ま、この件と私がアップしないのは全く関係のないことなんですがガーン



先週の、GW前のことですが、久しぶりに会社で社員とBBQをいたしましたBBQ

5月2日のGW直前でしたが、現場も早く済ませてきて、夕方5時前から肉を焼き始める社員たち・・

こういうときは早い!

とにかく仕事が早い!!
ビックリ ビックリ ビックリ

全員参加はできませんでしたが、おいしいお肉、生ビール、タラの芽やこんてつの天ぷら、堀田てのタケノコなどに舌鼓を打ちながら、社員たちも楽しそうに過ごしてくれていたようで、良かったと思います。

ただ、夕方から風が冷たくて、日が落ちると寒いくるくる


昨年BBQをしたときは、生ビールがまったく足らなくて、酒屋さんに急きょ追加してもらったこともあり、昨年の倍の量を注文したら半分余ってしまいました。<br>天気を読むって難しいですね・・

 


それでも火を囲みながら、社員みんなでたわいのない会話をして過ごせたことが、本当によかったと思います

みんな酔っぱらって、最後はグダグダもいいとこでしたけどね('-'*)(,_,*)('-'*)(,_,*)

そんなゴールデンウィーク前の出来事でした


そしてGW後は、順に忙しくなるかと思いますので、また社員たちには頑張ってもらわなければいけません(。-人-。)


急に暑くなったり、夜は寒かったりで、体調管理が難しいところですが、そこをきちんとするのもまた、プロだと思います

みんな、たのみますよっ

                            <浅井 博貴>

なんでも屋。

テーマ:
早くこれ治んないかな・・・。(@ ̄Д ̄@;)




相変わらず、リンク貼り付けもできないし、絵文字も貼り付けできないや。。


( ・д・)/--=≡(((卍


゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚**:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*☆*:;;;:*☆*:;;;:゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆




一人ごとはさておき、先ほど工場のほうで作業してた風景を隠し撮りしてきました(´∀`)
ええ、盗撮です(・∀・)/

堂々とね。


私どもの会社、建築板金という仕事です。
トタンの屋根(いまどきトタンではなく、ガルバリウム鋼鈑ですが)、壁や、雨樋なんかを取り扱っておりますが、全然違う作業もしたりしちゃいます。

それがこちら!


$Blik Blog ~建築板金職人たちの戦い~

なんでしょう?
わたしもよくわかりませんが、コンパネを均等にひき割りしてる風景です合格
実はこの工程、気にしなければなんてことないんです。
きっと大工さんや、プレカット工場なんかでは当たり前の風景なんでしょうグッド!

でも?うちは、建築板金。

大工さんじゃありません。

このひき割る機械、会社にあった部材などでつくった機械なんです!!!ε=ε=ε= ヾ(*~▽~)ノ

キター Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒(。A。)!!!


なんでもやっちゃいます!やらせてください!

なんて。


こんな風にできるうちの社員たち。


自慢ですドキドキ




                         <浅井 博貴>

古えの。

テーマ:
なかなかアップを続けるって大変ですね・・。ガーン
先月から一回もアップしていないという・・・けど、あまり気にせずぼちぼちやります!

今日は現場打ち合わせに行ってきたのですが、ちょっと特別な場所だったので、ご紹介させていただきたいと思いますクラッカー

私が住むこの中津川は、かつては中山道の宿場町として栄えていました。
$Blik Blog ~建築板金職人たちの戦い~



かの有名な文豪、島崎藤村も中津川の町にきっときていたんでしょう合格
馬籠出身のかたですから・・・。

さて、そんな歴史あるこの中津川、もちろんいたる所に歴史的建造物もたくさんありまして、
今回現場調査させていただいたのは、「庄屋跡」でございます。

ウィキペディアで、「中津川宿」と検索するとでてきます!音譜

ほんとは、ここにリンクを張りたいんですが、前はできてたのに全然リンク貼り付けができなくなっちゃいまして・・ガーン
絵文字も貼り付けるのが限られてて、なんだかよくわからないデスむかっ
誰か原因を教えてください(´_`。)


気分を取り直して、外観はこちらカメラ

$Blik Blog ~建築板金職人たちの戦い~    $Blik Blog ~建築板金職人たちの戦い~

でっかい家ですね・・・ひらめき電球

家の前にはこんな立札が目

$Blik Blog ~建築板金職人たちの戦い~

「中津川指定文化財」とはっきりありますね。
しかも中津川村って・・・。
私の記憶では、中津村だったような??
まいっか。


玄関をはいると。
$Blik Blog ~建築板金職人たちの戦い~

土間があって、おじいちゃんの家に来たような、懐かしいような感覚ですねo(^▽^)o


さきほどの立札を読むと、この建物は江戸時代に建てられたものだそうで。

江戸!?!?

マジッスカ・・。



確かに中に入ると、そりゃもう、タイムスリップですよ。
今回、雨樋の改修や、板金屋根修繕なんかの見積もり打ち合わせでしたので、屋根の上に上がると、下からでは確認できないような破損部がいたる所に見受けられまして、監督さんにご報告してきました♪

屋根に上がると、こんなものも間近で見られるんです。なんだかわかりますか?
下からだと・・。$Blik Blog ~建築板金職人たちの戦い~


うだつですべーっだ!
$Blik Blog ~建築板金職人たちの戦い~

このうだつも、現代建築ではまずお目にかかれません。
昔からの建物しかありませんよねグッド!


このような建造物が立ち並ぶ、中津川宿。
工事するにも一苦労。
見積もりする際にはいろんな縛りがありまして、景観を損なうことはご法度!!
そのため、材料選定から気を遣います。
これがホントに大変で、頭を悩ませてくれますが、頑張らなくてはニコニコ
だけど、昔の職人さんが手掛けたものに、今なお携わることができるのも、この仕事をやっているおかげかもしれません。じゃなきゃ、ほとんどの人は、見るだけですものね。

観光にきてくださった方が、感動していただけるようなものにするために、出来てしまえば絶対目に留まらない工事だとしても、一生懸命取り組みたいと思います。



                         <浅井 博貴>


http://www.blik.co.jp

夢。

テーマ:
突然ですが、皆様夢はもっているんでしょうか?

私は、夢ばかりです得意げ
宝くじが当たったら、あれしてこれして・・。
それだけで幸せな気分になって、宝くじを買うことすらしていないという・・。

そりゃ当たんねえよ(T▽T;)

なぜこんなことを言うかというと、このアメブロ、みなさんそれぞれ自分のページの管理をしてらっしゃると思います。
そんで、自分でアップしたブログに、昨日は何人見に来たとか、どっからとんできたきたとかわかりますよね?
そのなかに、「検索ワード」なるものが・・・はてなマーク
たぶんヤフーだとか、グーグルとかの検索で、どんな文字を入れて、自分のブログを覗いてくれたかわかるんですよね目
そこをみると、うちの社員の名前だったり、屋根のおさめ方だったり、材料だったり音譜
いろんな検索してるなぁとみていると・・・。


・・・・?



・・・・?



ん?




なんだ?






建築板金業 一攫千金 えっえっ

( ゚-゚)( ゚ロ゚)(( ロ゚)゚((( ロ)~゚ ゚


なぜだぁっっっ!!

まったく意味が分からない??

建築板金業が、すごく儲かると思って検索した方がいるんでしょうか??Σ(=°ω°=;ノ)ノ

だとしたら!!


ぜっっっったい!


やめたほうがいい!!

断言しちゃいますショック!

いやほんと・・ビックリしましたヨΣ(゚д゚;)


それから以前、このブログを覗いてくれた方の人数が、一日だけ1000人を超えていたということがありましたが、しばらくして、今度は500人近い方が・・・Σ(=°ω°=;ノ)ノ


これも・・・謎。


                          <浅井 博貴>