1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2017-03-28 11:40:53

今日の色 3月22日、23日、24日、25日

テーマ:今日の色

 

3月22日。朝7時に家を出て成田へ。

吏句4年ぶりのグアム旅行。

3時間ちょっとのフライトで夕刻のグアムへ到着。

ホテルに着くなり、吏句は服のままプールに入ってしまう。

夜は定番のポリネシアンショーを見ながらBBQ。

 

 

3月23日。朝早くから出発し、イルカウォッチングへ。

2歳の時も行ったけれど、もちろん覚えていない。

イルカは少し小ぶりだったけれど、結構いた。

途中船から海に入り、シュノーケリング。

吏句は初めてで、怖がって顔をつけられず。

確かに口だけで息をするのは怖いかもね。

船から釣りも出来た。

戻ってからジェットスキー、パラセーリング、バナナボートと盛りだくさん。

夕食を食べに出かけて、タモンを散策。

水族館で宝探しをする。

 

 

3月24日。また朝から出かけて潜水艦に乗る。

私はもう3回目。もうこれで最後でいいな。

思ったより魚が少なかった。

ホテルに戻ってカヤックに乗る。

散々プール遊び。1つ上の男の子としばらく遊ぶ。

夜はサンドキャッスルでマジックなどのショーを観る。

帰りにハードロックカフェで高カロリーなデザートを食べる。

 

 

3月25日。帰る日だというのに、朝からホテルのプールへ。

波のプールでボディボードもする。

お昼ご飯を食べて空港へ。

飛行機が荷物の管理のシステムトラブルで1時間遅れる。

成田に到着したら20時過ぎ。

3泊4日、よく遊んだなあ。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017-03-22 00:05:03

すべての猫はセラピスト 猫はなぜ人間を癒やせるのか

テーマ:本のデザイン

カバー写真の白い猫、ヒメ。

アニマルセラピーの飼い主の元で生まれ、

赤ちゃんの時からセラピードッグと暮らして来たヒメは

自然とセラピーキャットになっていった。

人間が教えるよりも犬が教えてくれたのかもしれない。

人間よりも犬や猫はずっと感覚が鋭く、

お互いに分かり合っているのかもしれない。

 

ヒメちゃんはスタッフや他の人にはそんなに寄り添わないのに、

患者さんには自ら膝に乗ったりする。

抱きしめられても、触られてもじっとしている。

違いがきちんと分かっているのだろう。

自分のやるべきことを理解しているに違いない。

 

著者は福島の原発事故以降、その土地の調査、

残された動物たちのことを追っている。

警戒区域に残された動物たち。

ペットだった犬や猫のうち、

犬はひと夏を越えられなかったものが多いそう。

しかし、猫はそうでもなく、生き残った子も多いらしい。

それは食料の捕り方の本来の性質の違いのようだ。

被災地の猫のことも多く書かれてある。

 

アニマルセラピーの現場の話、

実際の研究に基づく「癒し」の効果などを読み、

私は元々その力があると思っている人間なので、

そうそう、と頷いてしまう。

 

私は小さな頃から動物を飼っていた。

覚えてないが、小さな頃に動物園で

ビスケット(動物用の)を猿にあげているときに、

引っ掻かれたらしい。

それでも懲りずに猿に近寄っていたという。

犬に噛まれたこともあるけれど、嫌いになったりもしなかった。

向こうにしてみれば噛む理由があったのだろう、と思う。

動物は人間が思っている以上に、こちらの気持ちを理解している。

だから、セラピーキャットの存在がある。

雑誌などでもよく猫特集を見かけるが、

見た目の愛らしさだけでなく、温かさ、柔らかさ、仕草といった全体に

人間は惹かれて癒されているのだろう。

 

ただ、ヒメちゃん、なかなか鋭い目をしているなあ(笑)と思う。

 

『すべての猫はセラピスト 猫はなぜ人間を癒やせるのか』 講談社

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017-03-21 22:08:58

今日の色 3月19日、20日、21日

テーマ:今日の色

 

3月19日。昨夜の謝恩会はそんなに飲まないで帰ったので、

普通にすっきりとした朝で良かった。

聞いたところだと最後まで残った人たちは帰宅したら3時だったそう。

吏句は空手の送別会などで出ていたので仕事する。

吏句の帰宅が10時過ぎでびっくり。

 

 

3月20日。吏句がトリックアートに行きたいと言うので横浜へ。

人生において、トリックアートって大して気にも止めてなかったのに

結構行ってる。

高尾、お台場、京都…。

横浜は2つあって、みなとみらいと中華街にある。

今回は中華街の「横浜大世界」にある「アートリックミュージアム」のほう。

企画展で「ベルサイユのばら」もあった。

オスカルの手の平に乗ったり、アンドレの壁ドンがあったり。

吏句に撮ってと頼んだけれど、嫌がられて撮ってもらえず…。

レーザーアートシアターでのレーザーショーは、なかなか見応えあり。

トリックアートも今までの所とはまた違った作品で

それなりに面白かった。

中華街に来たことだし、中華でお昼ご飯と思ってたのに、

吏句はこの雰囲気がイマイチ好きでないらしく、

みなとみらいへ移動して、MARK ISのビルへ。

結局そこで飲茶とか食べる。

そのあと、Orbiへ。もう3回目。

動物と触れ合えるコーナーが出来てからは初。

イグアナなどに触っていた。

ミミズクも間近で見ると面白い。

真ん丸な目でガン見するので、私もじっと見てしまった。

疲れ切って帰宅。でも、昼も外食だし、ご飯作らねば!

 

 

3月21日。朝から雨。

吏句は卒園後初の預かり保育。

仲の良いクラスの子も来ていて楽しそう。

15時に迎えに行って、そのまま英語教室へ。

まだ雨だったのでタクシーで帰る。

初乗りが安くなって(410円)、家までの運賃も安くなった。

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017-03-18 23:25:44

今日の色 3月16日、17日、18日

テーマ:今日の色

 

3月16日 卒園式を翌日に控え、謝恩会のセッティング。

午後は夕方までリハーサル。

 

 

3月17日 卒園式。

着物を着るのでお天気だけが心配だったけれど、無事快晴。

午前中、卒園式。10時から12時半。結構長丁場。

椅子の座面が固くて、おしりが痛い。

泣いている子もいたけれど、吏句は泣いてなかった。

午後は客殿に移動して謝恩会。

私はDVDのプロジェクター担当だったけれど、

初め、あまり音が出なくて焦る。

客殿での狭さに、どっと疲れる。

帰宅したら17時前。長い…。

お祝いの夕食を食べに出かける。

帰ったらもう疲れて、すぐに寝てしまう。

 

 

3月18日。午前中、荻窪の駅ビルの文房具屋さんで

小学校の必要なものを買おうと思って行ったのに、

屋上のあおぞらパークで、同じ園の子もいて、

吏句の遊びで終わってしまった。

夕方は謝恩会の二次会。場所は中杉通り沿いの新東京会館。

そもそも、どういう雰囲気なのか初めてで分からなかったけれど、

先生も来るのでそれなりの格好で、と聞いていた。

どうせだからと着物で行く。

みんな結構きちんとした格好で来ていて、

着物にしておいて良かったと思った。

洋服だったらカジュアルになりすぎてたかも…。

みんな、これで最後とばかりに飲んではじけていたけれど、

アルバムはこれからなのよね…。

なので、私はまだ盛り上がる気分になれなかった。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017-03-15 23:47:51

今日の色 3月11日、12日、13日、14日、15日

テーマ:今日の色

毎日やることが山積み。

 

 

3月11日。吏句、お別れ会食で登園。

年長さんが昼食を作って

年中さん、年少さんと食べるというもの。

メニューは卵サンド、ソーセージサンド、イチゴ。

最後の土曜日の登園。

 

 

3月12日。午前中美容院へ。

その後、吏句のホワイトデーのお返しの買い物。

帰って小分けして8人分のラッピング。

これで半日終わった気がする…。

 

 

3月13日。もうお弁当がなくなったので

幼稚園は午前迎えに。

昼食後、今度は吏句の美容院。

卒園式近いので整えておかないと。

夜は仕事関係の方と神楽坂のイタリアン「ステファノ」へ。

 

 

3月14日。ホワイトデー。

今どきの幼稚園児は大変だ。(いや、親が大変だ)

午前中は卒対のリハーサル、そのまま打ち合わせで蔵前へ。

夜、着付け教室へ。

吏句が眠った後に、仕事しているけれど、はかどらない。

卒園アルバムの写真セレクトもしないといけないのに、

睡魔に襲われて途中で断念。

 

 

3月15日。小雨が降ったりしてかなり寒い。

幼稚園のお迎えに行き、年少の時から時々一緒にお昼を食べていた

女の子とママと一緒にお昼ご飯。

帰る時に「もうお昼ご飯を食べる機会も、これが最後になるかもね」

と言われて確かに…と。

小学校も違うし、習い事も違うし、会う機会もほとんどないかも。

色々と変わってくるね。

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017-03-14 01:12:28

新潮45 3月号

テーマ:本のデザイン

もう4月号校了したというのに、3月号の紹介…。

色々と遅れがち…。

 

黒川祥子さんの

「中高生52万人が陥った『ネット依存症』地獄」という記事。

ゲームをやっていて、学校に行かなくなり、

外にも出ず、食事も摂らないで、身体に変調をきたしている子供がいるという。

2013年8月時点で、厚生労働省研究班の調査で

「インターネット依存」に陥っている中高生は51万8千人いるという。

あれから3年以上経っているし、

ネット環境もその間にずいぶん変化している。

吏句が生まれた時にはすでにスマホが存在していた。

指でタッチして操作するのも当たり前に行う。

 

私は家でのテレビを観る時間も制限している。

まだゲームも買っていない。

上にお兄ちゃん、お姉ちゃんのいる子は年少からゲームをしている。

家に帰ったらゲームが当たり前になっている子もいる。

本当に怖いと思う。

 

子供がぐずっていたら、すぐスマホで動画などを見せる。

よく見る光景。私もやったことがある。

小学生で見守り携帯、中学生ではもうスマホでLINEという時代。

 

そういえば、先日読んだ林真理子さんのエッセイで

スマホによって忙しくなっているというのを読んだ。

確かにそう。

 

幼稚園のママとのやり取りもLINE。

卒対をやっていると頻繁に入る。

私はイマイチLINEの使い方がよく分かっていない。

最近良く見る「Apple Pay」もついていけない。

普段の仕事メールだけでも多くて、読み忘れもあるのに、

LINEまでとか無理…。

 

記事の最後に書いてある。

「子どもたちが、ゲームケーカーの利益のために食い物にされている」と。

ネット依存の治療をしている先生も

「国も、何の規制もかけようとしてない。おかしい」と。

これからの未来を繋いでいく子どもたちが、こういう社会でいいのかなと

やはり疑問に思う。

 

その他、短期集中連載の「食の賢人たち」。

北海道・十勝から都立大学に支店を出した町のパン屋「満寿屋」を紹介している。

国産小麦100%のパン作りをしていて、

副原料の水は大雪山系の雪解け水、牛乳、バター、チーズ、

砂糖、卵、小豆、じゃがいも…とすべてが国産を使用。

現社長の父親が国産小麦でパンを焼こうと決めてから、

すべてを国産にするのに25年かかったそう。

 

パンを作る小麦とうどんを作る小麦は違う。

国産小麦をパン作りに合うように育てていくのは難しいらしい。

それを安定供給させるのはなおさら。

初めのうちは嫌がる農家の人たちを説得して、作ってもらったそう。

外国から入ってくる小麦というのはカビや虫を避けるために

大量に防虫剤、防腐剤が散布されている。

身体にいいわけがない。

 

私も一時期、パン作りにはまって国産小麦を購入し、焼いていた。

都立大学はめったに行かない場所だけれど、ここのパンを食べてみたい。

 

イラストは信濃八太郎さん。

表紙の人はグレン・グールド。

『新潮45』3月号 新潮社

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017-03-13 23:50:22

人を探しています

テーマ:子供

3月13日15時過ぎに阿佐ヶ谷駅で降りた時に、

子供の上着を忘れたことに気づき、取りに戻ったところで

ドアが閉まり、ホームに子供だけ残されました。

高円寺で折り返したものの、10分位の時間があります。

戻ったら、20代後半〜30代のスーツ姿の男性が

吏句と一緒にいてくれました。

慌ててお礼は言ったものの、もっときちんとお礼すべきだったと

悔やんでいます。

名前も分からないですが、ご存知の方、ご本人、

連絡くださるとありがたいです。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017-03-11 21:12:14

今日の色 3月8日、3月9日、3月10日

テーマ:今日の色

 

3月8日。午前中は卒対の打ち合わせ。

お迎えの後、帰宅して吏句と昼食とってまた幼稚園へ。

午後からは保護者会。

先生のお話の後に、お母さん達からの一言で

泣き出す人が続出。

泣かない私は愛情が薄いのだろうか。

私は無事成長してくれてホッとしているだけだけど。

コスモの体操クラブも今日で最後。

吏句達の卒園と共に、担当だった先生も辞められることに。

皆で寄せ書きとプレゼントを渡す。

年少の4月から3年間続けた子供達に賞状が。

吏句は年長になって空手と時間が近いからと一度辞めたので

もらえなくて、残念そうだった。

かわいそうなことをした。

だって、また体操クラブに戻りたいと言うと思わなかったし。

 

 

3月9日。午前中、謝恩会でみんなに渡すタオルの袋詰め作業。

二次会の人たちも集まってたりと、段々慌ただしくなってきた。

午後は吏句の英語へ。

4月からは新しいクラスになるので、

今同じクラスの子の何人かとは

あと数回しか一緒に学べないね。

 

 

3月10日。吏句とディズニーシーへ。

もっと早く行くつもりだったけれど、

なかなか仕事の段取りがつかず、

でも、17日までのチケットだったので決行。

前の晩も仕事を遅くまで頑張り、

朝早く起きて、無理して…感はあるけれど、

前から行く約束をしていたからね。

普段あまりべったりと遊んであげられないから

強制的にでも吏句との時間は作りたいと思っている。

身長が117cmを超えているので、もう全ての乗り物もOKに。

でも、「タワー・オブ・テラー」は怖がってまだ乗ってくれない。

なので私も一度も乗ったことがない。

「インディジョーンズ」は吏句は初めてで

怖かったようで、目をつぶっていたらしく、

最初と最後くらいしか分からなかったらしい。

高校生以上はもう春休みなので、結構混んでいた。

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017-03-08 23:21:04

今日の色 3月5日、3月6日、3月7日

テーマ:今日の色

 

3月5日。吏句の空手の型試合。

来なくていいと言うので5時半起きでお弁当だけ作る。

仕事も終わってないので、私もその方が助かる。

1回戦で負ける。本人は勝ったと思ったらしい。

でも動画を観るとやはりキレがない。

本人も悔しかったらしい。

次に繋がるといいけど。

 

 

3月6日。まだ肌寒い。

お迎えの後、親子で卒園式で先生に贈る歌の練習。

卒対主導のものなので、子供とかの引率で参加。

小さい頃から「おかあさんといっしょ」で何度も聞いた

「虹のむこうに」という歌。

歌の指導は小学校の音楽の先生のママがやってくれる。

さすが、子供を引きつける技術がすごい。

帰る頃には冷たい雨。

 

 

3月7日。スタイプの誕生日。

生きていたら15歳。

朝、お水をあげながら挨拶する。

お迎えの後、また歌の練習。

帰りにはまた雨が。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017-03-05 16:27:48

今日の色 3月4日

テーマ:今日の色

 

3月4日。残り少ない幼稚園生活の思い出を増やすために

3月の土曜日は登園することになっている。

昨日の遠足の疲れから行くのを渋っていたけれど、

私も仕事したいし、行ってもらう。

降園後は友達たちと児童館へ。

吏句は夕方からパパと卒園の靴を買いに新宿へ。

その後、ドラえもんの新作映画。

私は仕事関係の友人家族(変な言い方かも)と

麻布十番のフレンチ薬膳「シェル ヴ サカイ」で猪のしゃぶしゃぶを。

月に3組しかディナーの予約を承ってないらしい。

猪もまったく臭みもなく、脂も美味しかった。

料理教室もあるそう。

デザートのレモンケーキもベーキングパウダーは使ってないそう。

しっとりして美味しかった。

お店の看板のイラストが柿崎こうこさんで、驚いた。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。