CURRENT MOON
December 02, 2005

イギリスの悲しみ

テーマ:England
家で晩ご飯の支度をして居ると、
相方が元気の無く涙を浮かべてキッチンへ来た。
相方の大好きなサッカー・プレイヤー、
ジョージ・ベストが亡くなったというのだ。
相方程サッカーの知識が無い私には、
??のプレイヤーだった。

しかし当時まだ日本では、
マイナー・スポーツだったサッカーを見るのが好きだった私は、
的外れな時間に見たサッカー中継に映っていた或る人を、
相方の話を徐々に聞いていくうち、
段々と思い出していくのだった...。
(アレ、三菱ダイヤモンド・サッカーだっけなぁ?)

相方が全くの子供の頃、
イギリスで飛び切りのスター選手だったのが、
マンチェスター・ユナイテッドの
キャノン・シューターのボビー・チャールトン、
ジャック・ナイフ・ヘッドのデニス・ロウ、
そして最高のゲーム・センスと技術と美しい容姿を持った、
ジョージ・ベストだったのだ。

相方曰く、今のベッカムやルーニーなんて目じゃない、
神様と言われたペレ以上、
マラドーナなんてプーって言う位の選手だったそうで、
老若男女、エリザベス女王までもが知る、
英国サッカー界の、いや、
文字通り「世界のスーパー・スター」だったのだ。

黒髪を靡かせてフィールドを駆け抜ける美しい姿と、
奔放な発言は当時の時代の象徴のビートルズに掛けて、
エル・ビートル=5人目のビートルズとも言われた。
当時、皆が皆、「天はニ物以上を彼に与えた」と言わしめた位、
溢れる才能、劇的なゲーム展開、美しく撓やかな容姿は、
あっという間に彼を頂点へ連れて行ったものの、
頂点を極めたその後の彼の人生は、
そこから転げ落ちていく一方だった。

映画の中のリチャード・ギアを、
余裕で凌ぐ本物のプレイ・ボーイ振りは、
人間の快楽を貪り楽しい反面とても破滅的なもので、
そんな状態は彼をどんどん怠惰・消耗させ、
現役時代から止められなかった酒を、
止めるどころかどんどん煽るように飲ませていった。

依存症になったベストは、
何度も医師やカウンセリングに通い更生を計ったが、
どうしても止める事が出来ず、
2000年に倒れた際に、
「これ以上1滴でも飲めば死ぬ」と忠告されたにも拘らず、
そのまま飲酒を続け、とうとう2002年には肝移植をした。

だがそれでも飲酒が止められなかったベストは、
今年1月に飲酒運転で逮捕される始末。
勿論移植された肝臓は労わられる事は無く、
どんどん悪化の一途を辿り、
亡くなった方のこれ以上無い最高のプレゼントで手に入れた、
生きられるチャンスを無駄にして居た。

10月の初めに体調を崩して、
ロンドン市内のクロムウェル病院に入院し、
一時は状態が好転したが、
20日頃から危篤状態に...。
既に主治医は回復の見込みがない事を明かしていたが、
第一報が報道されてから沢山のファンが病院の外に駆けつけ、
ベストの回復を祈ったがそれは届かぬ願いとなった。








入院後のベストの状態を報道陣に語る、
担当医のDr.アキール・アリサ(L)と、
ロジャー・ウィリアム教授(R)。











ベストの入院している
クロムウェル病院に駆けつけた、
ボビー・チャールトン(L)と
デニス・ロウ(R)。








24日病院に駆けつけ、この24時間がヤマだと、
担当医から聞いた事を話す、
見舞いを終えたボーツマスFCの、
ミラン・マンダリック。







家族と親しい人に見守られて
亡くなった事を公表した遺族。
兄弟のバーブラ、父のディッキー、息子のカルム、
エージェントのフィル・ホール、
そしてデニス・ロウ






ベストの死後、クロムウェル病院を去る、
デニス・ロウ。
険しい顔つきが彼の悲しみを表している。












遺族が発表したベストの
訃報に接し涙する、
クロムウェル病院へ集まった、
ベストのファン達。








病院の外で最後の祈りが
届かなかった事を知り、
泣き崩れるファン達。












ベストのジャージに花と、
現役時代の彼のプレイに賛辞を送った。









亡くなった
クロムウェル病院の外に、
手向けられた花を
見詰めるファンの一人。
一体何を思いながら、
見詰めているんだろうか。






夜になっても
病院にファンが詰め掛け、
花を手向けたり、
キャンドルを灯していた。





病院の外に手向けられた
品々の中に見える夕刊紙。
亡くなった当日の、
トップ記事はベストの訃報。
一面の全面写真の大きさが、
彼の国民的人気の
不滅さを物語っている。




葬儀の写真に見立て
たマフラーと写真。
「7番目の神として召され、
そのポジションは
もう埋まっている」
と書かれている。






ファンのヴィクトリア・
ブラウンさんは、
北アイルランド・
東ベルファストの
ベストの実家を訪れ、
花を手向けた。






その後も次々と
ファンが実家を訪れ、
ベストの死を悼み、
花を手向けた。





訃報に接し、
マンチェスターの、
オールド・トラッフォード
競技場に駆けつけた
ファン。
マンUのマフラーを、
柵に掛けて帰った。







その後も続々と
ファンが競技場を訪れ、
夫々の思い出を
馳せていた。








よく晴れた空の下、
競技場の柵に、
メッセージを書き込んだ
ジャージを吊るした、
ベストのファン。







吊るされたジャージには夫々、
「思い出を有難う」
というメッセージが
入れられていた。








競技場の片隅で、
祈りを捧げるファン。
先に訪れたファンの
残したメッセージを、
祈りの後に読んでいる。




花のリースを手向ける、
小さな子。
柵に掛けられない程、
手向けられた品々。
こんな小さなファンも居る程、
彼の人気は
イギリスに浸透していた。








ベストを追悼して寄せられた花や、
ベストに関連した多くの品々。
ファンの愛情が彼方此方に感じられる。









競技場の外れの社で
祈るファン。
どの年代にもファンが居る
スター・プレイヤーなんて、
本当にレアだと実感する。





オールド・トラッフォード
競技場は、
あっという間に隙間無く
花や追悼のメッセージで
埋められた。








ベストの訃報を聞き、
兎に角競技場を訪れた
ファン。
59歳の死は、
皆に衝撃だった。





手向けられた花に
つけられたメッセージ。
「沢山の喜びを与えてくれて
 有難う。あなたは
 子供から大人になっても、
 僕のヒーローだった。
 あなたの事は決して
 忘れないよ。
 あなたとあなたの家族に
 愛を。」




オールド・トラッフォード
競技場で、
記帳に並ぶファン達。
イギリスにも日本同様、
記帳の習慣がある。




生まれ故郷の
ベルファスト市庁舎で、
記帳をするファン。
FCがするのではなく、
「市」が主導権を執り、
記帳所を設けていた。
地元の誇りだという事が、
よく現れている。




27日ロンドンの
アプトン・パークでの
対ウェスト・ハム戦前に、
ベストの死を悼み、
その功績に対して拍手を
送る
マンUの選手達。



当日は競技場内の
巨大モニターに
大きくベストが映し出され、
マンUのチーム・メイトだけでなく、
アプトン・パークの全ての人が、
ベストの功績に対して
拍手を送った。









セレモニー終了後ポジションについても、
まだベストが映し出されていた。











マンUの試合に同席した
嘗ての名プレイヤー、
ボビー・チャールトン(R)と
トレヴァー・ブルッキング(L)。






リヴァプールのグディソン・
パークでのエヴァートン対
ニューカッスルU戦でも
巨大モニターに
ベストを映し出して、
選手・観客・関係者の
全ての人が拍手を送り、
彼の死を惜しんだ。




グディソン・パークの
巨大モニターに
映し出されたベストに、
選手・観客・関係者皆が、
哀悼の意を表した。






ポーツマスの
フラットン・パークでの
チェルシー対ポーツマス戦の試合前に、
哀悼の意を表し皆で祈る
チェルシーの選手達。










厳しい表情のミラン・マンダリック
ポーツマス・チェアマン。














この日ゲームに勝った
チェルシーのマネージャー、
ホセ・マウリノは黙って哀悼の意を表した。









サンダーランドの
ライト・スタジアムでの
サンダーランド対バーミンガム・
シティ戦でも
選手・観客・関係者全ての人が、
哀悼の意を表した。






ロンドンの
クレイヴン・カッテイジでの
移籍した中田英寿の在籍する
ボルトン・ワンダラーズ対
フルハム戦でも。





マンチェスター・スタジアムの
マンチェスター・シティ対
リヴァプール戦で
黙祷を捧げる、
マンチェスター・シティの
嘗ての名手
マイク・サマービー。





リヴァーサイド・スタジアムでの
ミドルズボロウ対
ウェスト・ブロム戦でも選手は、
ベストに敬意と哀悼の意を
表した。




ロンドンのハイベリーでの
対ブラッカム・ローヴァーズ戦で、
黙祷を捧げるアーセナルの
選手たち。




ローマの
オリンピック・スタジアムでの
ローマ対フィオレンティナ戦で、
サポーター達が
海の向こうのイギリスへ向けて
「さよならジョージ、
君のサッカーは最高だ」と
伊語で書いたボードを掲げた。






1965年オールド・トラッフォードの
マンUのスタジアム前でのショット。
若いし、60年代そのもの!
相方の言う「超ハンサムだった!」
と言う言葉を信じる事が出来た一枚。
アラン・ドロンも顔負けやん!





1967年ファースト・
ディヴィジョン・マッチ。
マンUとアーセナル戦での
ベスト(右2番目)、
アーセナルの
ジョン・ラドフォード(右)、
フランク・マクリントク(右3番目)、
マンUのパディ・クレランド
(左4番目)。
見事に飛んでんでー、スゴッ!






1968年ユーストン駅で
ヨーロピアン・カップ優勝杯を、
笑顔で抱えるベスト(右)と
パット・クレランド(左)。
真ん中は監督のマット・バズビー。










1969年のベスト。
コレじゃ女の子は、
もうメロメロだなぁ...。
女の子にとっては、
正に「赤い悪魔」だな。













1975年NYの
セントラル・パーク
近くでリフティングをする
ベスト。
ビージーズを思わす
髪型と髭。
時代ですなぁ...。









1976年アメリカ
LAアズテック時代の
ベスト(L)。
ヤンキー・スタジアムで
NYコスモス時代の
ペレ(R)にパスを出した
北米サッカー・リーグ・
ゲームでの1コマ。






訃報の第一報後、花束を捧げ、
北アイルランド・ベルファストの
ウィンザー・パークに描かれた
ベストを見上げる、
No.7のジャージを着たサッカー少年。
北アイルランド・英国での、
サッカー人口とファン層の厚さを実感する。
オン・タイム世代じゃないのに、
それに一線を退いて何十年にもなるのに、
その存在を大切に思われているなんて。
彼の存在は、過去の人ではなかったのだ。









マンチェスターの、
オールド・トラッフォードの
グランドに有る、
ネーム・ブロックに供えられた写真。
こんなにも尊敬され、
愛されたサッカー選手は、
居ないと言っても過言ではない筈だ。
安らかに眠って下さい。












George Best

1946-2005




いいね!(0)  |  コメント(32)  |  リブログ(0)

コメント

[コメントをする]

32 ■感謝

死んで花実も咲くものか というけれど
死んで 花も実も咲くのです。
天寿を全うする というけれど
これこそ天晴れ、見事な天寿の全うの仕方だと思います。
大変素敵なブログをありがとうございました。
もう何年も経ちますが一言御礼をいいたくて
コメントさせていただきました。

31 ■>AMNESIac7さん

態々コメント有難うございました。
日本にいると、そう実感が無いでしょうね。
だけど本当にそのヒーローぶりは、
チャールズ皇太子以上のものです。
そしてどんなに小さな男の子でも女の子でも、
そして年寄りまでもが知るその存在。
破滅的であった事もあるでしょうが、
それ以上に見事なプレイヤーだったからこそ、
今でも彼を称えるんだと思います。
ダイアナが亡くなった時の同じ感じで、
如何に愛されていたかが良く解ります。

30 ■>samansaさん

態々コメント有難うございます。
私が一番驚いたのは入院が決まってから、
ずっと英メディアが中継や貼り付け取材が継続していた事です。
そこまでされる人なんて、
イギリスの有名人でもそんなに沢山居ませんよ。
それなのに常に10社以上は病院付きになってたみたいなので、
その人気が国民的なものだったんだと実感しました。
日本で言えば、美空ひばりや、石原裕次郎みたいな、
老若男女に知られ、愛されてる人ですね。
でももっと命を大事にして欲しかったですね。
他の人から譲り受けたものだから尚更です。

29 ■TBどもです

こちら(日本)にいるとそこまでとは思っていませんでしたが、ベストはまさにプレミアリーグ、ひいては英国全土の英雄だったようですね
掲載されている数々の写真から、たくさんのひとびとの落胆が伝わってきます
すべての最初のひとの死、こころよりご冥福を祈るばかりです(´-人-`)

28 ■はじめまして

トラバありがとうございました。自分がサッカー始めた頃はすでに引退して何年かたっていたのですが、その名前は子供の時から海の向こうから届いておりました。様々な問題を抱えていたのも当時から有名でしたが、こんなに早く亡くなられるとは・・・。サッカー選手であると同時にある時代の若者文化を代表していたのだと思います。残念でたまりません。

27 ■>Younissさん

態々コメント有難うございます。
名選手を称える事って言うのは、
大概後追いなんですよね。
でも彼は選手として満足してたと思うので、
人間として長く生きるより、
選手として生きた時間の方が、
大事だったかも知れません。
ま、真相はベスト以外判りませんが...。

26 ■>pomさん

態々コメント有難うございます。
イギリスでの捉われ方は、
長嶋って言うよりはスポーツ選手だけど、
長嶋みたいにスポーツだけって訳じゃなかったので、
やはり男女に好まれた、
裕次郎、ひばりって方が、しっくり来ますね。
その死後も愛されるキャラは、
正しくベストそのものだと思います。

25 ■>サスライさん

初めまして+態々コメント有難うございます。
相方の思い出を元に、
「ジョージ・ベストてんこ盛り」にしました!
日本でのサッカーの認知はほぼJリーグ以降ですので、
(勿論コアなファンは居ましたが)
海外選手が浸透すること自体珍しい事だったから、
その存在の実感は湧かないでしょうね。
只管イギリス人の相方が羨ましい限りです...。

24 ■>biscuit_boyさん

態々コメント有難うございます。
現役時代をオンタイムで見た相方が、
本当に羨ましいです。
それからbuiscuit_boyさんのページでの、
文字化け、申し訳有りません。
もし気になるようでしたら、
削除下さって結構です。
宜しくお願いします。

23 ■>しのしのさん

態々コメント有難うございます。
そして記事へ最高の褒め言葉も頂き、
大変嬉しいです。
また遊びに行きます!

22 ■>俺たちの日さん

態々コメント有難うございます。
記事を気に入って頂き、
何よりでした。
写真も気に入って頂いたみたいで、
探した甲斐が有りました。
また遊びに来て下さいね。

21 ■>tomoko0310さん

態々コメント有難うございます。
写真、記事ともに楽しんで頂いて、
何よりです。
冥福を祈るのみですね。
また遊びに行きます。

20 ■>さかなさん

態々コメント有難うございます。
本当に愛されてたんですよね、ベストって。
今まで色んな人が親身になって、
色々言ってあげたそうですが、
結局聞かなかったそうです。
他人の意見を聞かなかったからこそ、
出来上がった人物像だったのかもしれません。
そしてよく裏切られるんだけど、
憎みきれなくて、
それでも愛して止まない人なんですよね。
相方も大好きだったので、
未だに落ち込んでます。

19 ■>MIEさん

態々コメント有難うございます。
お出で頂いただけでも感謝です。
また遊びに行きます。

18 ■>nobutaさん

態々コメント有難うございます。
お久し振りですね。
私もチョコチョコ行ってますが、
最近忙しさが勝ってしまい、
コメント残すことが出来てません。
ごめんなさい...(TOT)
でも、今回nobutaさんに気に入って頂いた様で、
よかったです。
またお互いに行き来しましょう!

17 ■>YAMAさん

態々コメント有難うございます。
日本人の私には、
ベストの存在の大きさが解りませんでしたが、
イギリス人の相方には、
エリザベス女王が亡くなるよりも、
大きな悲しみみたいです。
実際、直接会った事が有るから、
尚更なんでしょうね...。
なので、未だに相方は気力が落ちてます。

16 ■>jenio10さん

態々コメント有難うございます。
記事を読んで頂いて有難うございます。
ただ冥福を祈るだけですね。

15 ■>PLANETSURFさん

態々コメント有難うございます。
仰る通り短命だけだったので、
余計に輝きを感じるんでしょうね。
オンタイムでその凄さを、
相方みたいに見て、感じたかったです。

14 ■エル・ビートルの死

TBありがとうございました。
彼の死後マンUのホームの前に銅像が作られ、新しいスタジアムに彼の名前をつけるという記事が載っていました。
生前にやっていたら、彼も生きる力がわいたかも知れませんね。全く残念です。

13 ■凄い扱いですね

英国での捉われ方は想像以上のものですね。想像するのが難しいのですが、石原裕次郎+長嶋茂雄みたいな存在だったのでしょうかね。

トラックバックありがとうございました。

12 ■初めまして。

この度はTBありがとうございました。
まさに「ジョージ・ベスト大盛り」な記事ですね。
とくに記事中の「エル・ビートル=5人目のビートルズ」ですが、ボクもそう聞いておりました。
これはビジュアル面での影響が大きかったのでしょうが、ジョージ・ベストの場合は
欧州最優秀選手賞(バロンドール)まで取っているんですから、実力もピカイチだったということを歴史が証明していますもんんね。
まさに「赤い悪魔」にピッタリな選手だったはずです。

11 ■TBありがとうございました

Blog拝見いたしました。
ジョージ・ベスト氏は素晴らしい選手だったのですね。リアルタイムで観たかったです。
それと、無事とべたのですが、うちに貼られているこちらのアドレス等がすべて文字化けしているので、お知らせまで…

10 ■トラバありがとうございました

このような素晴らしいblogを書く方にトラバされて光栄です。
感謝しています。

9 ■すみません!

写真は下から6番目と8番目の間違いでした。
ドリブルのカラー写真と、4人同時ジャンプのヘディングの白黒写真です。

8 ■TBありがとうございます

写真・本文とも素晴らしかったです。
ありがとうございました。
ところで、下から3番目と5番目の写真を私のブログに貼らせていただきました。
もし不都合がございましたら、コメントで連絡下さい。すぐに削除します。

7 ■TBありがとうございます

貴重な写真等、記事ともども楽しめました。
とっても楽しかったです。

ベスト氏のご冥福をお祈りします。

6 ■TBありがとうございました。

本当に愛されていたということが伝わってきました。
ほんとに残念ですが、これも彼の生き方
だったのかなとも思いました…。

5 ■TBありがとうございます♪

TBいただきどうもありがとうございます(感謝)

4 ■トラバありがとうございました

ご無沙汰しています(ちょくちょく覗いて入るんですけどね)。ベストのことを描いたブログは色々ありますが、この内容はとても良いですね・・トラバを頂いて感謝しています・・では、またお邪魔します

3 ■こんなに人気があったなんて…

記事には書きましたが、ベストがこんなに人気あったなんて驚きです。
勉強になりました。
…残念な死です…

2 ■TBありがとうございました!

素晴らしいモノを読ませていただきました!ありがとうございますた!

ベストのご冥福を祈っています。

1 ■TBありがとうございました。

輝いた瞬間が短かっただけに、
余計に鮮烈な印象を残していますね。

生で見たかったなぁと思います。

コメント投稿

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。