ソーシャル系広報ブログ『蛙の目』

蛙の目という視点から社会を見てみましょう。バードアイ=鳥瞰ではなくフロッグアイ="蛙の目"なのです。


テーマ:
一連のリーンスタートアップシリーズの最初の本。

ヤフオクで買いましたが、やはり高かった。
渡辺千賀さんの解説も楽しみです。

著者 アッシュ・マウリャ
USERcycleの創業者。7年前に最初の会社をブートストラッピングして以来、5つの製品と1つのピアツーウェブアプリケーションフレームワークをローンチしている。テキサス州オースティンに妻と2人の子どもと一緒に住んでいる
『Running Lean 実践リーンスタートアップ THE LEAN SERIES』より
今年はここから出発します。昨年リーンブランディングという起業時のブランディングについて読みましたが、とてもいい本でした。それでシリーズの最初の本をもう一度読んでみようとおもいました。最初の読書は図書館でしたので2冊目は買いました。ヤフオクですが1900円と高かったです。
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

 

『ビンとこいしのぼうけん』
読み聞かせです。
友だちのあんどうゆたかさんが子どもために使った作品です。
実はホーチミンで家具デザインの会社をやっておられます。

Linen sofa - Arreda Home Styling

 

作者が自分の子どもたちのためにつくった愛の詰まった絵本の読み聞かせです。

誰も一人では生きていけない。

そばにいてくれるともだちを大切にしよう。

そんなメッセージが込められています。

現代は人と人とのつながりが希薄だと言われています。

でも、人生のうえで最も大切なものは大切な誰かなんですよね。

子どもの時にできた友だちを、

ぜひ大切にしてもらいたいと思います。
 

AD
いいね!した人  |  リブログ(1)

テーマ:

本の紹介です。この前紹介した吉田彩(よしだあや)さんの新作の小説です。

Kindleでもオンデマンド版書籍でも読めます。

 

前作の小説「Miss&Mister Idol」を読んでファンになったので、新作も早速kindle版を購入。

 

前作と同様に現代の若者の文化・生活様式・流行を丁寧に書きながら揺れ動く複雑な心理を描写を細かく描く手法は変わっていないが、より病んでいる心理に深く入り込んでいて気軽によくという感じでありません。確かに表紙も感じも違います。

 

親にせよ企業にせよどこか病んでいてやはり生きづらさを感じずにはおられないし、真面目であればあるほど、真剣であればあるほど苦しむのだろうなと思います。

 

『毒からの解脱 ー毒親・DV・ブラック企業とゲシュタルト療法ー』


goo.gl/7QORgl

 


kindle版でいま発売中です。10月3日に紙版出版予定(予価1500円)
「毒親から如何に逃げるか」、また「何故毒親になったのか」、「自分に自信を持つためには」、「ブラック会社からどう逃れるか」、「DVはどうやめられるか」といった悩みに対処する本にもなっています。

***********************************
【著者】吉田彩(よしだあや)
【あらすじ】
 「毒親からの解脱」:小さい頃から絵理と僕は親と一緒に居るのが息苦しく、何をするにも干渉された。お互い一緒に住み始めると絵理は何か気に入らない事があれば僕に対して暴言や暴力を振るうようになった。次第に2人共過剰労働でうつ病になってしまい、僕は自殺を図り、警察が家に来るようになる。
 絵理は精神安定剤を飲んだりカウンセラーを受けても一向に直らなかったが、ある時「ゲシュタルト療法」に出会う。
 「ブラック企業からの解脱」:草太は過剰労働が嫌で転職を繰り返すが、どこの会社に行っても過酷な労働を強いられてしまう。そんな時産業カウンセラーから「それは草太さんがアダルトチルドレンの『責任を負う子供』だからである」と言われる。
 「毒親から如何に逃げるか」、また「何故毒親になったのか」、「自分に自信を持つためには」、「会社からどう逃れるか」、「DVはどうやめられるか」といったあらゆる悩みに対処するにはどうするかストーリーと共に読者も一緒になって自分を紐解いていく「体験型小説」。
【目次】
1 親からの解脱
2 父の根源と面白い先生
3 二人は出会う
4 生きてりゃ御の字
5 テーブル
6 彼は私が今迄見てきた人間の中で一番強いし面白い
7 ゲシュタルトセラピー
8 恨みからの解脱
9 またやってしまった
10 自信とは何か
11 要らない人間関係は捨てる、たとえ肉親でも
12 恋人へのワーク
13 「毒親」の定義と「親になる事」に対する恐怖
14 母の根源
15 ブラック企業からの解脱
16 あとがき①この本を書くに至った経緯②毒親、ブラック企業、DVって繋がっている問題 ③Amazonレビュー者への「空いすの技法」④執筆はやめたくない ⑤謝辞
17 参考文献

*******************************
★吉田彩さんの本。
「人生を制限させないADHD・うつ病」
(Kindle版)http://ur0.work/pTLm
(紙版)http://ur0.link/xhtB

「Miss&Mister Idol」
(Kindle版)http://urx.mobi/xhKA
(紙版)http://goo.gl/DpTTDA

 

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。