ソーシャル系広報ブログ『蛙の目』

蛙の目という視点から社会を見てみましょう。バードアイ=鳥瞰ではなくフロッグアイ="蛙の目"なのです。


テーマ:

<福島第1原発事故>東電が独自賠償基準 転居時に打ち切り(毎日新聞) - Y!ニュース http://bit.ly/1mAuKWe

福島第1原発事故の被災者に対し、東京電力が立ち入り制限区域から転居した時点で賠償を打ち切る独自の基準を作成していることが、毎日新聞が入手した内部文書で分かった。

国の原子力損害賠償紛争審査会(原賠審)が定めた指針では、転居後も賠償を継続し「立ち入り制限の解除から約1年後」まで支払うとしており、基準はこれに反する。

東電は一般には公表していないこの基準を経済産業省資源エネルギー庁に提出。エネ庁は内容を容認しており、不当な賠償額の減額に「お墨付き」を与えている実態が明らかになった。


>東電は一般には公表していないこの基準を経済産業省資源エネルギー庁に提出。エネ庁は内容を容認しており、不当な賠償額の減額に「お墨付き」を与えている実態が明らかになった。

もう!何をやっているんだ!この国の国民として激しい怒りを禁じ得ません。

特定秘密保護法を巡って国会のお葬式ごっこを国会議員がやったそうだが、そんなパフォーマンスよりももっと現場で働いて!
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
今日からいよいよ福島第一原発4号機の燃料棒の取り出しが開始されます。

福島第一原発4号機 きょうから燃料取り出し NHKニュース

東京電力福島第一原子力発電所4号機の使用済み燃料プールから核燃料を取り出す作業が、18日から始まります。 散乱したがれきなど事故の影響が残るなかで、実際の作業が、計画どおり安全に進められるか注目されます。 福島第一原発4号機の燃料プールには、強い放射線を出す使用済み燃料が1331体、未使用の新燃料が202体と、福島第一原発で最も多い、合わせて1533体が保管されています。 これらの燃料を取り出すため、事故当時の水素爆発で壊れた建屋の上部やクレーンなどが新しく造られ、こうした設備の検査や操作の訓練を経て、東京電力は、18日から取り出し作業を始めることになりました。 燃料は燃料プールの水中で、キャスクと呼ばれる輸送用の容器に移され、キャスクごと大型クレーンで地上に降ろされて、およそ100メートル離れた共用プールという施設に運ばれます。 18日は午前中、キャスクをプールに入れる作業が行われ、実際に燃料をキャスクに移す作業は午後3時ごろから始まる予定です。 懸念されるのは、プールに残されている細かいがれきの影響で燃料が取り出せなくなったり、これまでの調査で分かっていなかった損傷した燃料が見つかったりしないかです。 また作業の過程で、万一、燃料やキャスクが損傷するなどした場合、強い放射線が出るおそれがあるため慎重な作業が求められます。 燃料プールからの燃料取り出しの開始は、廃炉の工程表で最初のステップである第1期の完了と位置づけられ、40年かかるとされる廃炉の最初の大きな節目です。 東京電力は、4号機のプールにある燃料の取り出しを来年末までに終える計画で、実際の作業が計画どおり、安全に進められるか注目されます。



実は
4号機の爆発は謎が多いのです。大量の使用済み核燃料棒と未使用の核燃料棒が大量に残っている4号機、大きな地震がきて崩れたら再びメルトダウンの心配があるといわれています。

先日の台風などは本当に怖かったわけです。

今回フィリピンを襲った高波を思うと警告のようにすら感じます。

運転は停止し定期点検中だった4号機がどのような爆発を起こしたのか、実は映像が残っていません。

福島第一原発4号機の爆発について taked4700

辛うじてインドの小さなテレビ局が福島中央テレビが撮影したものを流出させた!ものだけしか残っていません。不思議な動画ですが、それくらい謎に包まれているのです。



陰謀論はともかく以下のような事情がこの動画には隠されています。

福島4号機 奇跡の爆破映像とは: 世界最終核戦争への道程

映像の撮られたアングルや位置関係から推測すれば、どうやら地元、福島中央テレビによる撮影に思える。福島中央テレビで撮影された4号機の映像が、日本国内では一切放送されずに、インドに混在する600チャンネルの一つ、地方の個人テレビから放送されていた。

福島には福島中央テレビと福島テレビがあり、福島中央は日本テレビ、福島テレビはフジテレビをキー局とするFNS系列だ。情報統制により原発事故に関して放送を制限していたテレビ局だが、しっかり映像は撮っていた。

4号機爆発映像は、日本はおろか、アメリカ、ヨーロッパ、ロシア、中国、韓国など、全世界でまったく放送されない。しかし、その映像は確かに存在していたのだ。

このような情報メディアに対する徹底した圧力と統制力から察すると、世界に君臨する「闇組織」が介在していることが容易に理解できる。


このように福島中央テレビが映しているわけですから必ずほかの映像もあるはずです。それを隠ぺいしているということになります。

早く証拠を消し去りたいのでしょうが、果たしてそのようにことが運ぶことはないように思います。必ず隠したものがあらわになります。現代はソーシャルな目があるので、隠し通すことはできません。問題は私たちの無関心です。無関心にさせられていることにも気が付くべきかな。

小泉元首相の即原発ゼロ発言も何か隠ぺいと関係があるような気がしてなりません。疑って申し訳ないのですがね。

【参考】
解明されない謎 福島第1原発の1号機SR弁、4号機爆発映像 - 逝きし世の面影


Photos of the Day - Fukushima Dai-ichi Aerials | OregonLive.comより。左から1号機(部分的に写っている)、2号機、3号機(激しく壊れ白煙があがっています)、4号機(上部は残っていますが、爆発したことがわかります)
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
福島第1の停電、配電盤付近に異常か 東電復旧急ぐ  :日本経済新聞

東京電力福島第1原子力発電所の一部で18日午後7時ごろに停電が発生した問題で、東電は19日午前に記者会見し、所内の仮設配電盤に異常が発生した可能性があることを明らかにした。19日午前10時の時点でも復旧しておらず1、3、4号機の使用済み燃料プールの冷却装置などが止まっている。原因は調査中で半日以上が経過しても冷却装置復旧のメドはたっていない。  

故障箇所の修理に時間がかかる場合、東電は冷却装置への電線をつなぎ替えてプールの冷却を再開する対策を検討する。使用済み燃料は熱を発しており、19日午前10時のプールの水温はセ氏約16~31度とみられ、1時間に約0.08~0.37度ずつ上昇するとしている。最も水温が高い4号機で、社内規定のセ氏65度に達するまでは停電後4日半かかるため「時間的な余裕はある」(東電)という。



こんなことが起こっていたとは。

政府見解は

>菅義偉官房長官は19日の閣議後の記者会見で、福島第1原発の停電について「現場では復旧作業に全力で取り組んでいる。最悪の事態に備え、代替手段に万全を期す。まったく心配ない。対策を講じている」と述べた。

ほんとに大丈夫?

何か鈍感になっていますが、地震も心配なのです。汚染水もどんどんたまっている。

--------------------
さて

汚染水で検索するとこんな記事が、イランラジオの記事ですが…。

アメリカ核施設で汚染水漏れが続く

アメリカ西部・ワシントン州のハンフォード核施設で、放射能で汚染された水が漏れ続けています。

IRIB記者が17日日曜アメリカから伝えたところによりますと、ワシントン州にあるハンフォード核施設から、放射能により汚染された2000リットル以上の水が流出した、ということです。

しかし、この量は1940年代からこれまでに漏洩した400万リットルと比較すると、ごく少量とされています。

アメリカ政府は最近、汚染水を貯蔵している地下の6つのタンクから年間2000リットルの汚染水が漏れていることを明らかにしました。




迷走するハンフォードの核廃棄物処理 | 日経サイエンス

米ワシントン州の南東部にあるハンフォードはプルトニウム製造施設の集合体であり,第二次世界大戦で長崎に投下された原子爆弾の原料となったプルトニウムを作ったことで知られている。冷戦の終結を受けて1989年にエネルギー省(DOE)は,ハンフォードの諸施設の解体と除染を開始した。作業が必要な場所は約1400カ所あるといわれる。これらの場所のうち,数百カ所については,すでに液体と固体の廃棄物が計画的に捨てられていた。  

除染作業がどのように進んでいるかを知るために,Scientific American誌は関係方面を集中的に取材した。その結果,以下の事実をつかんだ。

・地区内には,高レベル放射性廃液の地下貯蔵槽が177基あり,漏洩しているも  
のも,熱を帯びているものも,引火性の気体を発生しているものもある。
・少なくとも12トンの危険なプルトニウムが,土壌中か,あるいは不安定な状  
態で放置されている。
・使用済み燃料からプルトニウムを抽出したため,ひどく汚れた巨大な5つの建  
物がある。
・2100トンの使用済み燃料がプールの中に沈んでおり,地震が発生した場合,致  
命的な放射能のごみ箱となるだろう。




ハンフォード・サイト - Wikipedia




[追記]

福島第一、1号機プールの冷却を再開 : 科学 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

東京電力福島第一原子力発電所で使用済み核燃料の一時貯蔵プールの冷却装置などが停止しているトラブルで、東電は19日午後、1号機のプールの冷却装置が復旧し、冷却を再開したと発表した。  

また、3、4号機プールは同日中に、共用プールは20日に冷却を始められる見通しという。 (2013年3月19日15時43分 読売新聞)





AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
「セシウムさいた」抗議受け削除 講演タイトル、埼玉県教組 - 47NEWS(よんななニュース)

さいたま市で10日開かれる「国際女性デー埼玉集会」(事務局・埼玉県教職員組合)のチラシで、講演タイトルが「さいたさいたセシウムがさいた」とされていることに「福島県民を傷つけている」などの抗議が30件以上あり、県教組がタイトルを削除したことが8日、分かった。  

県教組によると、タイトルは講演者の米国出身の詩人アーサー・ビナード氏が提案。県教組には「誤解を招くのでは」との声もあったが、ビナード氏の「本来なら花が咲き喜ばしい春の訪れを台無しにした原発事故の大変な状況を伝えたい」との意向で決まったという。




見出しを見て気になったのでニュース検索しました。上記の記事がそのようです。ことばの問題は難しいのですが、確かに日本人の感覚からして「さいたさいたセシウムがさいた」はやはりキツイ!
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
クウェート:原発断念 福島事故で安全性疑問視 - 毎日jp(毎日新聞)

日本などと原発分野で協力を進めてきたペルシャ湾岸のクウェートが昨年3月の東京電力福島第1原発事故を受けて、原発建設を断念したことが21日、分かった。地元当局者らが毎日新聞などの取材に明らかにした。世界有数の産油国クウェートは発電や海水淡水化を化石燃料に依存しており、代替策として原発導入計画を追究していた。しかし、現時点では原発の安全性を確保できないとの判断から、国家元首のサバハ首長が原子力委員会を解体した。  クウェートは1970年代に原発の研究・開発に着手した。79年3月のスリーマイル島原発事故(米ペンシルベニア州)で中断したが、その後の世界的な「原子力回帰」の流れの中で、09年3月に原子力委員会を設立。原発建設に向けた予備調査を続ける最中に福島原発事故が起きた。  

クウェートは10年9月に日本と原発に関する協力文書に署名したほか、米国やフランス、ロシア、韓国とも同様の協定や覚書を交わしている。5基前後の原発を建設して、30年までに全発電量の約20%を原発でまかなう計画だった。


賢い判断だと思います。福島第一原発の事故を見て原発に固執する人がいること事態が信じられません。未来の世代に対してどのように責任を取れるのでしょうか。






いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。