札幌生命保険相談室  by(株)ぶらんけっと

確かな知識と真摯な対応をモットーに、お客様の声を大事にしながら保険のプランニングを行う会社、株式会社ぶらんけっとの生命保険に関するブログです。

NEW !
テーマ:

株式会社ぶらんけっとは生命保険を専門に扱っており、損害保険は扱っていません。

お客様から火災保険や自動車保険のご相談をいただくこともありますが、その時は信頼できる損害保険のプロ代理店をご紹介させていただいております。


いま多くの保険代理店は生命保険と損害保険の両方を扱っている中で、なぜ当社は生命保険のみを扱っているか、

簡単に言うと、「餅は餅屋」の考え方からです。


生命保険は、自身や家族の身に何かが起こった時の備えや、将来の貯蓄のために加入します。

通常、長期間の契約を結び、長く保険料を支払っていくため加入時のプランニングがとても重要となってきます。


一方損害保険は、車や家などに何かが起こった時の備えとして加入をし、目的の大部分が保障のためです。

事故が起こったときは迅速に事故対応を行う必要があり、また相手がいる場合も多いので交渉も必要となってきます。

通常、1年更新の契約でありプランニングは保険料が安いかどうかの違いで、それよりも事故が起こった時の対応がとても重要となってきます。


このように、一見同じ保険でも加入時のプランニングが最重要の生命保険と、事故が起こった時の対応が最重要の損害保険と、それぞれ仕事の重点が違い、代理店に求められるスキルも大きく変わってきます。


株式会社ぶらんけっとは生命保険の商品知識はもちろん、加入時に検討が必要な周辺知識にも精通し、

加入時にお客様の意向をしっかりとお聞きして、不安を取り除くプランニングが出来る保険代理店として生命保険のみを取り扱っております。


是非、「生命保険について詳しいコンサルタントと話がしたい」という方は、弊社の生命保険相談をご利用下さい。

 



 

 


 

 

生命保険は相談料無料です、どうぞお気軽に

株式会社ぶらんけっと
TEL 011-522-7618

お問い合わせフォーム
 


遺言書作成・会社設立のことなら

ぶらんけっと行政書士事務所  

TEL 011-522-7632

 

貴社に合った税理士を無料で紹介します

札幌大通税理士紹介センター  

011-522-7678 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

「無選択型終身保険」という商品があります。


持病のある方でも、医師の診察や健康に関する告知をすることなく加入できる死亡保障の保険です(入院中の方、余命宣告を受けている方を除きます)。

保険会社によっては満90歳の方まで加入できる商品があります。


ほとんどの商品が一時払の終身保険で、

  保険金額=一時払保険料

となっています。


お金を増やす効果は望めませんが、法定相続人数×500万円の相続税非課税枠を利用するためや、

現金や預金を保険金に変えて受取人を指名することによって「争続」を回避するために活用されています。


「年を取って、病気もしてしまったが、保険にまったく加入していない」という方にはお勧めです。




 

 

生命保険は相談料無料です、どうぞお気軽に

株式会社ぶらんけっと
TEL 011-522-7618

お問い合わせフォーム
 


遺言書作成・会社設立のことなら

ぶらんけっと行政書士事務所  

TEL 011-522-7632

 

貴社に合った税理士を無料で紹介します

札幌大通税理士紹介センター  

011-522-7678 


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

契約した当初から、予算が大きく違ってきて

保険料が支払えなくなった場合にどのような方法があるのでしょうか。

そのまま解約してしまうと、

今まで払い込んだ保険料より少ない金額をもらうだけで、

以後の保障も無くなってしまいます。


そんな時は払い込んだ保険料を無駄にしない、二つの方法があります。


①払済

払済とは、今まで払った保険料を元に解約返戻金があれば、

もともとの保障額を減らしつつも、保障期間を維持するというものです。

以後の保険料は払わなくて良くなります。


②延長

延長とは、今まで払った保険料を元に解約返戻金があれば、

もともとの保障額を維持できる期間だけ続けるというものです。

同じく以後の保険料は払う必要はないです。


どちらも、今まで払い込んだ保険料を元に計算した保障を以後も続ける

というものですが、保障期間を優先するか、保障額を優先するかの違いです。

まとめると以下の図になります。



払えなくなったからといって、早々に解約を考えるのではなく

まずは今まで払った保険料から続ける方法がないかを考えると良いでしょう。


ご相談は無料です。

お気軽にお問い合わせ下さい。



 

生命保険は相談料無料です、どうぞお気軽に

株式会社ぶらんけっと
TEL 011-522-7618

お問い合わせフォーム
 


遺言書作成・会社設立のことなら

ぶらんけっと行政書士事務所  

TEL 011-522-7632

 

貴社に合った税理士を無料で紹介します

札幌大通税理士紹介センター  

011-522-7678 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

法人経営者の中でも、医療保険は個人で加入しているという方も

多いのではないでしょうか?

今回は終身医療保険の短期払いを、法人契約にて加入した場合のメリットについて2つお伝えしたいと思います。


①「保険料が全額損金算入できる」

もともと医療保険は、短期で支払った場合、保険料のうち何割かを資産計上する決まりがありました(法ー個 4-99,4-100 払込期間等によって割合は異なります)。

一方で終身がん保険の短期払いの法人契約については、H24年4月27日

以後の契約から「保険料払い込み期間終了後、解約返戻金が少額の場合

全額損金に算入してOK」という通達が出されました。

それに伴い、H25年より各保険会社が国税庁に対して「終身医療保険も同じ扱いで良いのではないか」という伺いを立て、額損金に算入出来るようになったのです。



②「名義変更が出来る」

法人で契約をして、短期で払い込みを終えた後、役員の方が個人で解約返戻金相当額でその契約を買い取ることが出来ます

医療保険も、少額ですが解約返戻金があります。

その少額を支払うことで、個人での名義に変更し、その後保障は一生涯得られるということです。


つまり「個人で契約するよりも、税務上のメリットがあり、かつ払い込みを終えたら少しの金額で個人に名義変更が出来て一生涯の保障となる」ということです。



具体的な商品内容や税務の取扱いは保険会社や商品によって異なります。

より詳しいご説明をご希望のお客様は、是非お気軽にお問合せ下さい。





 

生命保険は相談料無料です、どうぞお気軽に

株式会社ぶらんけっと
TEL 011-522-7618

お問い合わせフォーム
 


遺言書作成・会社設立のことなら

ぶらんけっと行政書士事務所  

TEL 011-522-7632

 

貴社に合った税理士を無料で紹介します

札幌大通税理士紹介センター  

011-522-7678 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

死亡保障の被保険者が自殺で亡くなった場合、保険金は支払われるか。


結論から言うと、免責期間を過ぎた後の自殺は、保険金の支払い対象となります。


ある保険会社の最新の約款には、「保険金を支払わない場合」の中に「責任開始の日からその日を含めて3年以内の被保険者の自殺」と記載されています。

つまり、この約款の商品の場合は加入から3年超が経過していた場合は、自殺でも保険金が支払われることになります。

※ここに言う「責任開始」「加入」については、復活や保険金増額の場合の責任開始も含まれます。


もちろん、自殺はイケマセン。

自殺のために保険に加入するなんてのは論外です。


ですが、一つの知識として知っておいて欲しいのと、

お客様からよく質問を受ける事柄なので、記載させていただきました。






生命保険は相談料無料です、どうぞお気軽に

株式会社ぶらんけっと
TEL 011-522-7618

お問い合わせフォーム
 


遺言書作成・会社設立のことなら

ぶらんけっと行政書士事務所  

TEL 011-522-7632

 

貴社に合った税理士を無料で紹介します

札幌大通税理士紹介センター  

011-522-7678 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。