ごちそうさまでした

ときどき食べるおいしいものをブログに残そうと思います


テーマ:
手術翌日の朝は、点滴と血圧計が外されました。
先生の回診があり、いきなり「じゃ、起き上がってみようか」と。
自力ですか?と思わず聞き返してしまいました。
先生が補助していただきながら起き上がると、立ちくらみのようにクラクラしました。
そしてものすごい勢いでドレーンから胸液が流れ出し、左肺が引っ張られる感じでした。
痛くはないのですが、ちょっと苦しい。
「これで肺が膨らみますよ」と言われましたが、私はやっとの思いで起き上がっている状況でした。

傷口の確認と消毒を行ってくださいましたが、丸1日動かしていなかった左腕を頭の上に乗せる格好をするのがこれまた辛かったです。
可能な限り動かす方が、後日楽になるそうです。

8時には酸素チューブが外れ、朝食をとりました。
ごはんがおかゆになっただけで、おかずは通常のものでした。
尿道にカテーテルが入ったままなので起き上がっている姿勢は辛いのと、やはり術後1日目のため食欲はありませんでした。
鎮痛剤を飲みたかったので頑張っておかゆ3口、お味噌汁のお汁を飲んで、ヨーグルトを半分いただきました。

食後、看護師さんがいらしてカテーテルを外し、手術着から患者着に着替えを手伝ってくれ、体も拭いてくださいました。
やはり午前中は起き上がるとフラつくので、最初のトイレへはナースコールをし付き添っていただきました。

お昼近くにレントゲン撮影をしに歩いて行きました。
苦しいことはなく、体力が落ちてしまってゆっくりしか歩けませんでした。

この日は、動くたびにドレーンが痛くて朝、昼、晩と鎮痛剤を服用。
動いてもしばらくすると痛みは落ち着いてくるので、手術当日に比べたら天国でした。
ドレーンの先には持続吸引機があり、どこへ行くにも一緒のためちょっとメンドウ。
常にコンセントにつないでおかねばならず、充電も30分までなのでうっかり忘れないように気をつけていました。

続く

AD
いいね!した人  |  コメント(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。