本日のまとめ。

できたら毎日いい日を過ごしたい。んです。


テーマ:

”ニューカマーにベタぼれ”というのを高校生のとき以来久々にやっちまったので書きます。


Wolf Gang

<iframe width="560" height="315" src="//www.youtube.com/embed/6bpPyRPnnRs" frameborder="0" allowfullscreen></iframe>


↑埋め込みなんかやったことないわ。これでいいのか。


youtubeでたまたま発見して今日で3日しか経ってないけど、狂ったようにリピしてます。

この場合のたまたま発見した理由というのは

・wolfmotherを探そうとする。500days of summerのvagabond聴こうと思って…

→ぼんやりしていて、某NYのレストランと混ざる

→検索ミスに気づかない

→ただ、wolfmotherの顔も知らなかったので、新譜かと思ってうっかり再生してみる

→中毒

まぁ運命だね!ちょうど久々の新譜出した直後だったみたいだし、多分なにかに引き寄せられた!


新譜にもfall in love!

<iframe width="560" height="315" src="//www.youtube.com/embed/EzLcwArjooE" frameborder="0" allowfullscreen></iframe>


UKロックとUSロック?の違いはよく知りませんが、この人らの曲聴いてると、去年行ったロンドンの、あの薄曇の空から僅かに差し込んだ夕日が眩しくて、テムズ川とブリッヂがキラキラっと輝いていた光景が蘇ります。

シンセサイザーが入ってるせいだと思うけど、なんかこうキラキラっとしたイメージがする。

あと若さだね!←いや、20代前半(予想)と20代後半には深い溝が。。。

単語だと”brighting”"sparkring""twinkl""spic and span"…うーん難しい。私にもっと英語力があればいいのに。


ところで、彼らの日本語の情報がぜんっぜん出てこない。原因はわかっている。ウルフギャング(※ステーキ)さん、どう考えてもあなたです。その他

wolf gang NY

wolf gang pack

wolf gang japantour

odd future wolf gang kill

wolf gang ※ギター

wolfgangさん※ドイツ人

wolfgang phoenix※フランスのバンド

wolfgang※※フィリピンのバンド←ちょw


と私のネットサーフィンを妨害する検索がわんさか。なんでこのバンド名にしたんだ。そしてそもそも日本語のページがない…誰かwikipedia編集してください…。

とりあえず、coldplayとかbastilleのサポート?オープニングアクター?しているというのは読んだぞ。


で、ツイッターをフォローしたら、もっと若いバンドにフォローされたので(たぶんwolfgangのフォロワーを片っ端からフォローしてる)聴いてみたらこっちもいい感じです。もっと地味だけど…何回も聴くとじんわり沁みこんで来る。雨の日っぽい音楽。雨の日か。まさにイングランド!

が、こんな渋いのに、多分この子たちはもっと若いぞ。ティーンじゃない??

House of Lions 

<iframe width="560" height="315" src="//www.youtube.com/embed/rdpQXHL_hQE" frameborder="0" allowfullscreen></iframe>


こちらもこちらもおすすめ。

ところで公式動画って貼っていいんだっけかな…。。ダメなら消そう。













AD
いいね!した人  |  コメント(10)  |  リブログ(0)

テーマ:

昔、知り合いに

「なんで女の子って海外行きたがるの?」

という質問をされて衝撃を受けたことがある。

・なんで

・海外に

・行きたいのか

そう長くもない人生で、衝撃を受けた質問というのがいくつかあって、そのうちのひとつがこれ。もうひとつは類語ならぬ類質問で

「なんで英語(もしくはフランス語)覚えたいの?」

ちなみにコレ↑はここ1年ほどのうちに訊かれたこと。

自分にとって当然と思っていることって改めて疑問に思われると、そりゃもうびっくりする。

と同時に自分が大事にしていることを否定された気がして(相手にもよるけど)そりゃーもう腹が立つわけだ。


あまりに腹が立つことは、分析のうえ、自分が傷つかないような結論を出したうえで納得することにしている。もう言い返すには遅いからね。

多分、海外に興味の無かったR先輩は、日々の生活に十分満足していて、異文化に飛び込むことで得る刺激なんかノーサンキュー。別に現地に行かなくても景色はネットや本なんかで見れるし、買いたいものがあればネットで頼めるし、ウチの近くが一番いいよ、落ち着くからね!なんでわざわざお金と時間掛けて言葉の通じないとこ行くの?という若者と呼ぶにはあまりに達観老成されたお人だったんじゃないか。

多分、語学の習得に意義を見出さないKさんは、えー別にハワイとかシンガポールとかぁ日本人いっぱいいるし日本語も結構通じるしー、片言の英語でも全然いけるしー、現地に住むわけじゃないんだしっていうか現地人となんか話さないだろうし、友達一緒だからなんとかなるでしょ。という海外はガイドブックの3D版だと思ってる人なんじゃないだろうか。


小心者でジェットコースターに乗れないどころか、鉄棒の逆上がりさえ怖いと思う私ですが

その刺激はほしい!といつの頃からか追い求めるようになりました。

日常は大多数の方と同じく繰り返しばかりで、それはそれで素晴らしいことなんだけど

「また違った日常がある」という感覚を味わいに行くのが楽しい。非日常じゃなくて。

なんかで見たんだけど、しかもどこの国の人の意見かも忘れちゃったんだけど

「旅行に来てくれるのは嬉しいけど、あなたが来たのは巨大なテーマパークではなく、そこで生活を営んでいる人がいるのを忘れないでほしい」

っていう意見が、当然のことのようでありながら目から鱗でした。

自分が普段観光地に住んでないからびっくりした意見なのかもしれないんだけど、

例えフランスだろうとインドネシアだろうとロシアだろうと、観光を産業としているだけであって、

観光客のために人が住んでるわけではない、という…

そりゃそうだ。

できれば、その国の観光地とかそういう予め用意された”お客さん用”の風景じゃなくて

普段この人たちどういう生活して、私の生活と何が同じで何が違うんだろうというのが断然見たいと思います。


んでまたこういうこと言うと

「なんで見たいの?」

という突っ込み入れる人がいるんだろうなぁ…

うるせー要はおまえらみたいな言葉は通じるのに気持ちが通じない人たちとのうんざりする日常からの現実逃避だよクソが!と一息で言えるように今から練習しておこう。

そして忘れないうちに旅行の覚書書くんだ。



AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

ちょっとずつあったかくなってきたなぁ。

冬は寒すぎてもうほぼ省エネモードで過ごしたけど、あったかくなってきたので、太陽電池のごとく、春の空気吸いまくって、結果浮かれて活動しまくり。たのしいなぁぁぁ。

裏の土手で菜の花が満開。早咲きの桜はもう葉桜に(!)なってました。

犬のお散歩だって積極的に行けちゃうよ!だって春だもん!あったかーい!


というようななあほっぽいことを、友達に延々カラオケでマイクを通して語ったところ、まるっきりの子ども扱いで「よかったねぇ。はしゃいでるねぇ」と褒められました。え、ダメ?


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。