Blackbyrd McKnight プログレッシブ・ファンク・ロック・ブログ

伝説のギタリスト、ブラックバード・マックナイト。その一環した職人気質な音作りとは裏腹にお茶目なブラックバードの一面を、日本生まれの日本育ち、ミセス・マックナイトがご紹介します。


テーマ:

ブギが亡くなって、5年経つんですね。

 

もう、ずっと前の話のような気もするし、ついこないだ、会ったとこのようにも思える。

 

今日、ブギのご家族に頼まれていた、ビデオ撮りをしました。プレインフィールドでブギのメモリアルイベントが開催されるのですが、残念ながらブラックバードはマイルス・エレクトリック・バンドとツアー中のため参加できないので、ビデオメッセージをお送りしたんです。

 

こちらがイベントの案内状。

 

 

ブギのこの顔、大好き。お茶目で、少しすましてて、いい写真です。

 

ブギがPファンク・エンジェルとして生まれ変わる少し前、彼のご家族がブラックバードに電話してきてくれました。ブギはもう、話をすることはできないけれど、ブラックバードの言うことは聞こえるから、何か話しかけてやってって。

 

一生懸命話しかけるブラックバード、奇跡が起きることを信じて。

 

その後、ブギは安らかに旅立ちました。

 

”ブギ、ブラックバードの声が聞けて、幸せそうだった!”

 

後日会った時、そう、ご家族の方がおっしゃってくれた。

 

多分、医学的見地から言えば、もう、昏睡状態で、人の話が聞こえるはずないって言われてしまうんだろうけど、この世の中には、科学的に証明できないし、する必要もないことが一杯ある。

 

集中室に運び込まれたママ、恐らく脳死という状態だったんだと思うのですが、足を動かしたと姉が言っていた。でもドクターにしてみれば、それはただの痙攣。我が家が会いに来るまで頑張れよと、ママを励まし続けていた姉やおば達にはわかるんですよ。それはママが頑張っていた証拠、家に帰ろうと闘い続けていた姿。父が亡くなる少し前、コットンでお水を飲ませてあげると、うんうんと頷いた。本当にはっきりと、何度も何度も頷いた。昏睡状態に陥ってからは、ピクリともしなかったのに。

 

だから我が家にはわかる。ブギは本当に微笑んだんだ、ブラックバードの声が聞けて。ブギのご家族には、心から感謝します、ブラックバードに電話して来てくれたこと。どんなにブギのことを思い出して悲しくなっても、いつも通り、にっこりと微笑むブギの姿が浮かんで来て、我が家の悲しみを和らげてくれるよ。

 

優しいブギには、天使という言葉ぴったり。メモリアル、行けないけど、We Always love you、いつも見守ってくれて、本当にありがとう、ブギ。

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

ジョージの奥様、カーランから再度ご連絡があり、Pナットは今も闘い続けてくれているとのこと。さすがファンカティアです。Pナット、ありがとう!We Love You!!!!!

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

我が家のウェディングフォトを写してくれた、HAYATO君とTAKAちゃんが、ビルボードライブ大阪にいらしていた事は、以前のブログでご紹介しました。そう、踊るフォトグラファーです。

 

超売れっ子で、いつもご多忙のHAYATO君から、ライブ写真が届きました。

 

 

やっぱり、いい雰囲気に撮れてる。なんで、プロの写真って、こんなに素敵なのかな。

 

 

 

 

わぁー、笑っちゃうよ、Mrs.のQドッグです。TAKAちゃんが踊りまくっていたので、つられた。

 

 

それにしてもHAYATO君、これに目をつけるとは、さすがです。でも、阿波踊りと思ったかな?まだ、完璧に肘を外に張れない状態だったので、Qドッグと言いつつも、ちょっとウサギの耳に近い・・・。

 

話、それちゃいますが、阿波踊りって、一回見に行きたい。見るというか、あの衣装着けて踊ってみたいよ。体力もたないかな。でも、ねぶたでも、結構、最後まで跳ね続けることできたからな。

 

ねぶたって、何のこととおっしゃる方、昔、ミクシィ日記でご紹介しましたが、リトルトーキョーにねぶた祭が来た時、Mrs.、跳ね人をやったんですよ。こちら、その時の写真。

 


ラッセーラ、ラッセーラ、と言いながら、ひたすら跳ねるのがお仕事。でも練習の時、あっという間に息切れしちゃって、えらいこと、引き受けてしまったと思ったのですが、本番はお囃子やフロートも繰り出して、楽しかったからでしょう、全く疲れることもなく、観客の中にいたカイロの先生も、あれには驚いていた。

この日、ブラックバードは付き人。シャンシャンなる鈴のついたハチマキが、ねぶた風。参加者に大受けだった。

 

 


話を写真に戻しましょう。Mrs.のお気に入りはこちら。

 

 

 

ファンカティア達と談笑するブラックバード。

 

HAYATO君は、本当に、その場の雰囲気まで切り取って写してしまうからすごい。後ろ姿のファンカティア達の笑顔までが見えるようです。

 

写真といえば、NAMMショーで、我が家に声をかけてきた男性がいたんですよ。NAMMショーでは、よくある光景なんだけど、この方の場合は、ちょっとノリが違ったんです。

 

ファンカティアというわけではなくて、Mrs.の持っていたカメラを褒めてくれていたんですよ。見るとこの車椅子に乗った御仁も、カメラを持っていて、写真好きのようです。そしてこの方は、Mrs.に色々と、設定の事を尋ねます。Mrs.が適当にやっている事を、一発で見抜いた御仁、写真講義を始めました。だんだん、調子が出て来たのか、しまいにはMrs.のカメラを取り上げ、色々とセッティングを始めます。

 

”うちの母親もそうだけど、よく、このカメラ、ダメだ、いいのを買わなきゃって言う人がいるけど、みんな、いいカメラを持っているんだ。使いこなせてないだけなんだよ。”

 

ブラックバードに向かっても、色々と教えてくれます。分かりやすい説明です。見るとブラックバード、大きく頷きながら、聞き入っています。面白いよ、いつも被写体になるばかりなのに、真剣に聞いています。

 

残念ながら、時間がなく、またの再会を約束してその場を去る我が家。でも20分くらいは話してたかな。もちろん、この御仁に教えていただいたことを、全部を覚えているわけではないのですが、なんか、楽しかったし、これからも、色々と勉強したいなと思いました。

 

素人ながら、また、今年も、たくさんの写真をみなさんにご紹介して行きますね。いつも我が家のブログにお付合いいただき、ありがとうございます。

 

 

Photographer: HAYATO (吉田速水)

 

 

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。