電車男も今週で最終回を迎えます。

 それとうれしい事に、劇団ひとりさん (松永勇作)を、主人公にした特別ドラマ「電車男・アナザーストーリー」(仮題)が放送されることが分かりました。

 劇団ひとりさんは、すごく演技が上手で正直主人公と同じぐらい、いやそれ以上注目していました。

 今後も、ドラマなどでも活躍してほしいと思います。

  

 22日に最終回を迎えるフジテレビ系人気ドラマ「電車男」(木曜後10・0)で劇団ひとり(28)が演じているアニメオタク、松永勇作を主人公にした1時間半の特別ドラマが制作されることが19日、分かった。

 松永がかつて掲示板を賑わせた『ギター男』だったという大胆な発想で描くオリジナルストーリー。

 10月6日に「電車男・アナザーストーリー」(仮題、後10・0)として放送される。

 今月15日の放送が同ドラマ最高視聴率となる24・1%(ビデオリサーチ関東地区調べ)を記録し、最終回に向け盛り上がりをみせる「電車男」。

 伊藤淳史(21)扮する「電車男」こと山田剛司と主演の伊東美咲(28)演じるエルメスの恋愛を見守り応援してきた脇役の松永がメーンに躍り出る。

劇団ひとりが演じる松永は名古屋在住のアニメオタク。上京して秋葉原に通い、友人の剛司に様々なアドバイスを与える師匠のような存在だ。

同局の若松央樹プロデューサーが「松永はサブキャラクターとしておもしろく視聴者の人気もあったが、電車男とエルメスという本線のストーリーを追わなければならず、十分にそのキャラクターを生かしきれなかった」との思いから、松永をメーンに据えた。

 

 http://www.sanspo.com/geino/top/gt200509/gt2005092001.html

ビデオメーカー
劇団ひとり/YOU THE ROCK★ ヤンチャ黙示録(5)

ビデオメーカー
劇団ひとり×YOU THE ROCK☆ ヤンチャ黙示録vol.4

  

AD

 ドラマ「女王の教室」の最終回の視聴率が驚きの25.3%を記録。

 「女王の教室」は、途中から見たのですが、内容が少し残酷で、批判もありましたが、話が進むにつれて、「女王の教室」のとりこになっていました。

 やっぱり、阿久津先生は良い先生だったんですね(やりすぎですが)ヽ(=´▽`=)ノ。

 日本テレビが17日に放送した連続ドラマ「女王の教室」の最終回の視聴率が25.3%(関東地区、ビデオリサーチ調べ)を獲得した。

 同ドラマでは初の20%超えで、今クールのドラマの中では、今のところ最高の数字を記録。

 ドラマは女優、天海祐希(38)演じる小学校の“鬼教師”に立ち向かう児童を描く。内容の過激さにスポンサーの降板が取りざたされるなど、話題になるドラマだった。

 視聴率は初回14.4%から最終3話でジワジワと上がり、最終回では、一気に5.6ポイントも上昇した。

 

 http://www.zakzak.co.jp/gei/2005_09/g2005092009.html

 

日本テレビ
女王の教室 The Book
AD