メロメロパーク

毒ガエル

テーマ:生物
2006年03月23日

 下記のカエルの写真を見ると、普通のカエルに見えますが実はこのカエルは「モウドクフキヤガエル 」と言い猛毒がある、とても恐ろしいカエルなんです。

 このカエルの体皮に分泌する毒で、ネズミだったら2万匹、大人の人間だと100人相当が死んでしまいます

 まさか、人間も殺してしまうほどの毒ガエルがいたなんて驚きです

 ちなみに、自分は小さいころオタマジャクシ を育てていました。

 しかも、成長したカエルがなぜか乾燥していてカラカラの状態になって飼育ケースに張り付いていました。

 小さいころの自分には、あまりにもショッキングすぎる光景だったせいか、今だにその時の事は鮮明覚えています

 スイスのチューリヒにある動物園で、ひときわまぶしい黄金に輝くカエル。モウドクフキヤガエル(学術名:Phyllobates terribilis)と呼ばれるこのカエルは、鮮やかで美しい容姿とは裏腹に、その名の通り猛毒を持っている。


 成体が体皮に分泌する毒ではネズミ2万匹、大人の人間だと100人相当が殺傷できるという。


 熱帯雨林に生息するこのカエルは、熱帯雨林破壊が進むなか、その将来が危惧(きぐ)されている。


 この動物園には、同じく毒を持つコバルトヤドクガエル(学術名:Dendrobates azureus)も展示されている。

 

 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20060323-00000228-reu-ent

 

内山 りゅう
ケロコレ
吉里 勝利
オタマジャクシはなぜカエルになるのか

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

ヤモリ

テーマ:生物
2005年12月10日

 なんと、我が家の中で壁に張り付いているヤモリを発見(*゚o゚*)

 

 ヤモリなんて、田舎の方に居る生き物だと思ったので、自宅内でヤモリを発見して驚きましたヽ(*'0'*)ツ。

 気になったので、手にとって触ってみることに

 

 ヤモリを触ってみての感想は、背中は少し硬くザラザラし、 はキューバンみたいで柔らかく素早かったです=ε=ε=┳( ゚з゚)┳。

 再び家の中に逃がした(家の守り神なので)のでまた、ヤモリに合えたら良いな・'(*⌒―⌒*)~。

 

 ヤモリ・・・はちゅう類  ヤモリ科 、世界に約930種類、大きさ10cm前後。

 ヤモリが住んでいる家には悪いことが起きず、アジアでは家の守り神と呼ばれています。

 ヤモリとイモリの違い

 ヤモリはちゅう類で家の周りや山に生息。指の数が5本。

 イモリ両生類で水の中に生息。指の数が4本
 

 いろいろなヤモリが紹介されているサイト

 

 ヤモリの館  日本のヤモリ  やもり通信

 

海老沼 剛, 川添 宣広
爬虫・両生類ビジュアルガイド トカゲ〈1〉アガマ科&イグアナ科
海老沼 剛, 川添 宣広
爬虫・両生類ビジュアルガイド トカゲ〈2〉ヤモリ上科&スキンク上科―カナヘビ上科、ヨロイトカゲ上科、アンギストカゲ上科


AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

ミナミゾウアザラシのみなぞうくん急死

テーマ:生物
2005年10月06日

 江ノ島水族館(神奈川県藤沢市)の人気者だったミナミゾウアザラシのみなぞうくん(美男象、オス)が4日午後5時過ぎ、急死ししました。

 ニュースで、何回かみなぞうくんの生きている映像を見て、芸達者で、人気者だったと言うことがわかりました。

 急死の原因にはストレス・疲労も関係していると思います。

 長い間お疲れ様でした。

 (みなぞうくんの年齢は11歳で、人間の年齢だと30歳代後半、体長4.5メートル、体重は約2トン。)

 

 

吉野 信吾, 原 忠城
ぼく みなぞう
AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

コウノトリ5羽を放鳥

テーマ:生物
2005年09月24日

 24日(土曜日)に、兵庫県豊岡市の「県立コウノトリの郷公園」から人工飼育した国の特別天然記念物コウノトリ5羽を、世界で初めて放鳥しました。

 それにしても、絶滅しかけた(1985年にロシアから6羽の個体を導入)コウノトリをここまで復活させることができたなんて本当にすごいです。

 

 兵庫県豊岡市の「県立コウノトリの郷公園」は24日、自然界への復帰を目指し人工飼育した国の特別天然記念物コウノトリ5羽を、世界で初めて放鳥した。

 県が1965年に人工飼育を始めてから40年。

 同市で国内最後の野生個体が捕獲された71年以来、34年ぶりにコウノトリが再び大空に舞った。


 自然界に定着すれば、新潟県佐渡市で計画が進む国の特別天然記念物トキの野生復帰に向けた参考になり、周囲の期待は大きい。

 今後、詳しい生態の把握や環境の確保、都市化が進む人里で危険に巻き込まれた際の対応策などが課題となる。


 放鳥式典には秋篠宮ご夫妻も出席。

 午後2時半、紅白のテープを切って最初の1羽が入った箱のふたが開けられると、コウノトリは黒い縁取りのある大きな翼を力強く羽ばたかせて飛び立ち、ぐんぐん高度を増した。

 

 http://flash24.kyodo.co.jp/?MID=MYZ&PG=STORY&NGID=main&NWID=2005092401006477

 

ジャン=クリストフ グランジェ, Jean‐Christophe Grang´e, 平岡 敦
コウノトリの道


いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

埼玉の土手に4mのニシキヘビ

テーマ:生物
2005年09月09日

 こんなに大きい(体長約4メートル)ニシキヘビが埼玉県の土手にいたなんて驚きです( ̄Д ̄;)。

 毒はないとは言え、大きな口に噛みつかれたらひとたまりもありません。

 でも、ケガ人が出なくて良かったです(^^)。

 9日午前7時半ごろ、埼玉県上尾市戸崎の土手で「胴回り50センチのヘビがいる」と通行人が110番した。

上尾署員が駆けつけると、体長約4メートルのインドニシキヘビが土手にいた。約2時間かけて捕獲した。

 上尾署によると、署員が駆けつけた際、暴れて逃げようとしたため、5人がかりで頭としっぽを押さえ、ごみ箱を使って捕獲した。

 インドニシキヘビはインド、スリランカから東南アジア、中国南部にかけて分布。毒はないが肉食で、危険動物に指定されており、許可がないと飼育できないという。

 同署は、ペットとして飼われていたものが逃げ出したか、飼い主が捨てたかのいずれかとみて調べている。

 


 http://www.sankei.co.jp/news/050909/sha051.htm

 

カール・H. アーンスト, ジョージ・R. ズック, Carl H. Ernst, George R. Zug, 岩村 恵子
最新ヘビ学入門―90の疑問
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

黄金ナマズが琵琶湖に~

テーマ:生物
2005年07月09日

 巨大ナマズでもすごいと言うのに、そのナマズが黄金だからもっとすごいです(*゚o゚*)。

 しかし、本来は日本にいないはずの外来種です、きっとナマズの面倒が見切れなくなって逃がしてしまったんでしょう、でも自分が一度飼うと決めた生き物は責任を持って飼ってほしいです(・`ヘ´・;)。

 そうしないと、外来種ばかりになってしまい、日本の生物がいなくなってしまいます(´□`。)°。

 被害はそれだけではなく、日本にいた生物と外来種が交尾をし、存在しない生物まで生まれてきています。

 大津市瀬田南大萱町のびわこ文化公園の池で、黄金色をしたナマズが見つかったが、体長5メートルにも成長する肉食魚・ヨーロッパオオナマズの「アルビノ」と分かり、池を管理する滋賀県公園緑地事務所が対処に困っている。

 珍しい「黄金ナマズ」を「何とか生かしてほしい」という市民の声もあり、同事務所は引き取り先を探す一方、「コイが食べられては大変」と捕獲して処分することも検討している。

 ヨーロッパオオナマズは本来、体の色は黒っぽく、アルビノは10数万分の1の確率で生まれるという。

 環境省によると、6月施行の外来種被害防止法で、ヨーロッパオオナマズも輸入や飼育を禁止する特定外来生物に指定することを検討したが、被害報告がなく、対象外になったという。

 

 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20050709-00000011-kyt-l25

 

日本生態学会, 村上 興正, 鷲谷 いづみ
外来種ハンドブック


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

蚊の秘密

テーマ:生物
2005年06月17日

 暑くなってきたと同時に、もだんだん出てきました、顔・腕などに刺されてかゆいです(人の血を吸うのはだけでは吸わない)。

 

 に関していつも疑問に思っていたことがあったのですが、なぜ水がないのにが現われるかと言うことです。

 

 調べてみたところ、防火用水・どぶ・下・空きカン・空きビン・と、あまり人の目の着かないところでボウフラ(蚊の幼虫)が繁殖しています。

 

 蚊の一生

 

 

 何としても蚊を家に入れないために、蚊よけとして効果がある花があります。その名もローズゼラニウムです。可愛い花なので育てて損はないと思います。

 

 ローズゼラニウム

 

 http://www.kincho.co.jp/gaichu/g_index.html

 

 

 


 


著者: アンドリュー スピールマン, マイケル ド・アントニオ, Andrew Spielman, Michael D’Antonio, 奥田 祐士, 栗原 毅
タイトル: 蚊・ウイルスの運び屋―蚊と感染症の恐怖
いいね!した人  |  コメント(12)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。