メロメロパーク
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

日本代表 1-0 イエメン代表

テーマ:スポーツ
2006年09月06日

 現地時間6日(水曜日)AFCアジアカップ2007予選・グループAのイエメンと日本の一戦が行なわれ、日本はロスタイムの我那覇選手のゴールで1対0と勝利を収めました。

 標高約2300メートルと言う慣れない場所で苦戦していましたが、なんとか勝つことができて良かったですニコニコ


 サッカーの日本代表は6日、イエメンのサヌアでアジアカップ予選A組第4戦のイエメン戦を行い、1-0で辛勝した。日本は後半ロスタイム、交代出場の我那覇が値千金の決勝ゴールを挙げた。日本は3勝1敗で勝ち点を9に伸ばした。


 日本の布陣は3-5-2。先発はGK川口、最終ラインに坪井、闘莉王、阿部、中盤に三都主、加地、鈴木、遠藤、羽生、前線に巻、田中達が名を連ねた。


 慣れない高地と劣悪なピッチコンディションの中、日本はしばらく試合の組み立てに苦慮した。狙いとする細かいパスまわしはボールの不規則な弾みでたびたび途絶え、イエメン陣内で試合を進めながらもゴールに迫れない時間帯が続いた。


 それでも、前半23分、巻、羽生、田中達の間で連携プレーを見せると、同32分には、右サイドを突破した田中達のクロスから巻がヘディングシュート。同37分にも田中達のスルーパスからペナルティーエリア内で巻がシュートを放ち、ようやく連動した攻撃を見せた。


 日本は後半の立ち上がりも前半終盤の勢いを維持。後半3分に闘莉王、同6分に交代出場の佐藤寿がシュートを狙い、セットプレーなどからも立て続けにゴールを狙った。しかし、全体的に運動量が落ちて中盤が間延びしてくると、効果的な攻撃の回数が徐々に減少。同27分、佐藤寿の低い折り返しからゴール前でフリーの遠藤が合わせた決定的なシュートもゴールには至らなかった。


 その後も何度か迎えた好機を生かせなかった日本だったが、後半ロスタイム、ゴール前の混戦から我那覇が押し込み、土壇場で勝ち点3を手にした。


 http://www.mainichi-msn.co.jp/sports/soccer/news/20060907k0000m050126000c.html

AD
いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)

早実、悲願の初優勝

テーマ:スポーツ
2006年08月21日

 第88回全国高校野球選手権大会の37年ぶりとなる決勝再試合は21日(月曜日)、阪神甲子園球場で行われ、早稲田実が4-3で駒大苫小牧に勝利し初優勝を飾りました。

 早実4―3駒大苫小牧(決勝再試合=21日)――第88回全国高校野球選手権大会は21日、甲子園球場で決勝再試合が行われ、早実(西東京)が4―3で駒大苫小牧(南北海道)を下し、3度目の決勝進出にして悲願の初優勝を果たした。

 早実の先発は4連投の斎藤。駒大苫小牧は前日に続き菊地が先発した。

 早実は一回、内野安打と四球などで二死一、三塁とし、船橋の中前適時打で先制した。駒大苫小牧は早くも菊地に代わって田中が登板。後続を打ち取った。

 早実は二回にも、四球と犠打などで二死二塁とし、川西の左翼線への二塁打で、リードを2点に広げた。

 駒大苫小牧はようやく四回に中沢が右前にチーム初安打を放ったが、後続が倒れた。早実もその裏、相手の失策と安打で得点機を得たが、生かせなかった。


 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20060821-00000004-yom-spo

 

AD
いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)

亀田大毅がインドネシア王者に1回KO勝ち

テーマ:スポーツ
2006年08月20日

 亀田大毅選手KO勝ちおめでとうございますニコニコ

 兄の亀田興毅選手の世界戦の判定騒動で精神的にもきつい中、勝利をつかむなんてすごいです音譜


 それと、10月下旬に亀田興毅選手とファン・ランダエタ選手との再試合が行う方向に進んでいるらしいです。


 世界ボクシング協会(WBA)ライトフライ級王者、亀田興毅(19)=協栄=の弟大毅(17)=同=が20日、横浜文化体育館でスーパーフライ級8回戦を行い、インドネシア・フライ級王者、ウィド・パエス(27)=インドネシア=に一回1分45秒KO勝ちした。これで今年2月のプロデビュー以来5戦5勝(4KO)となった。


 亀田大はガードを固めて前進し、様子見の相手に左フックを上下に打ち分けて圧倒。左フックでダウンを奪い、さらに左フックで倒した。


 金平桂一郎・協栄ジム会長は「(兄興毅の世界戦の判定騒動で)心が乱れたことはあったと思うが、コンディションを作る精神力は並ではない」と評価した。次戦はWBA総会(東京)の一環として9月27日(後楽園ホール、対戦相手未定)に行う予定。


http://www.mainichi-msn.co.jp/today/news/20060821k0000m050072000c.html

 

AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

日本代表 2-0 イエメン代表   AFCアジアカップ2007予選

テーマ:スポーツ
2006年08月16日

 サッカーのAFCアジアカップ2007予選は新潟スタジアムで行われ、日本はイエメンに2対0で勝利しましたニコニコ


 この調子で9月3日(日曜日)のサウジアラビア戦、6日(水曜日)のイエメン戦(共にアウエーの試合)に勝利してほしいです音譜



 サッカー日本代表は16日、新潟スタジアムでオシム監督の就任後初の公式戦となるアジアカップ予選のイエメン戦を行い、2-0で勝った。日本は後半25分に阿部のヘディングシュートで先制。終了間際に佐藤寿が追加点を挙げ、ねばるイエメンを振り切った。

 J1千葉、ガ大阪の選手も加え、ベストに近い国内選手をそろえた日本の布陣は4-4-2。先発メンバーは、GK川口、最終ラインに加地、坪井、闘莉王、駒野、中盤に三都主、鈴木、阿部、遠藤、2トップに巻、田中達が名を連ねた。


 全員が自陣に引いて守りを固めてきたイエメンに対し、日本は立ち上がりから試合の主導権を握った。前半14分、左サイドの駒野のクロスから巻が放ったヘディングシュートは惜しくも右ポストをたたき、詰めた田中達のシュートはイエメンのGKサイードにはばまれた。


 初戦のトリニダード・トバゴ戦で2得点を挙げた三都主もゴール前でのワンツーから立て続けにシュートを放ち、鈴木、遠藤らも中距離からゴールを狙いにいったが得点にはいたらず、前半は無得点のまま終了した。


 後半から駒野に代えて羽生を投入した日本は、前半と同様に試合を支配した。後半9分、ペナルティーエリア手前でパスを受けた田中達がバーをかすめる鋭いシュートを放てば、CKやFKからは闘莉王らが高さを生かしたプレーでゴールを狙い、イエメンを一方的に攻めた。


 日本は同25分、三都主の右CKから二アサイドへ走りこんだ阿部が頭で合わせて先制。ようやく均衡を破ると、ロスタイムには三都主のFKから交代出場の佐藤寿が追加点を奪い、試合を決めた。

 http://www.mainichi-msn.co.jp/today/news/20060817k0000m050077000c.html

いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

日本代表 2ー0 トリニダード・トバゴ  キリンチャレンジカップ2006

テーマ:スポーツ
2006年08月09日

 今日の試合(キリンチャレンジカップ2006)はオシムジャパンの最初の試合だったので楽しみにしていました(しかも、対戦相手がトリニダード・トバゴ)。

 しかし、疲れていた成果気がついたら途中で寝てしまいぐぅぐぅあまり見ることができませんでしたしょぼん

 でも、勝つことができたから良いかなぁニコニコ


 サッカーのキリンチャレンジカップ2006は9日、雨の東京・国立競技場で行われ、日本代表は2-0でトリニダード・トバゴ代表を降し、オシム監督体制の初戦を飾った。日本は中盤の左で先発した三都主が前半17分、同22分に得点を挙げた。


 日本の布陣は4-4-2。注目された先発には、GK川口、DF田中隼、坪井、闘莉王、駒野、MF三都主、長谷部、鈴木、山瀬、FW我那覇、田中達が名を連ねた。


 最終ラインを深く敷いてきたトリニダード・トバゴに対し、日本は右サイドバックの田中隼が積極的に攻め上がるなど、立ち上がりから一方的に押し込んだ。前半17分には、ゴール正面で得たFKを三都主が右すみに決めて先制。同22分には、左サイドバックの駒野が最終ラインの裏に通したパスに三都主が抜け出し、GKの頭上を抜くシュートで2点目を奪った。


 後半はトリニダード・トバゴがやや盛り返したが、それでも試合は日本が優勢に展開。後半12分には、中央でのパス交換から右サイドの田中隼につなぎ、深い位置からの折り返しを田中達がシュート。


 同33分にも、左サイドから小気味よくつないだボールを中村直がシュートし、GKがはじいたところを佐藤寿がシュート。どちらも得点にはいたらなかったが、“オシム流”を思わせる数人での連動したプレーが少ないながらも見られた。


 http://www.mainichi-msn.co.jp/today/news/20060810k0000m050100000c.html

いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

亀田興毅、新王者に

テーマ:スポーツ
2006年08月02日

 試合(ライトフライ級王座決定戦)を見てて亀田興毅選手がフアン・ランダエタ選手にダウンを奪われていたので、もう負けだと内申思っていました。

 なので、判定を聞くのがとても恐く聞きたくありませんでしたしょぼん(試合後にフアン・ランダエタ選手がガッポーズをしていたし)。


 しかし、勝ったのが亀田興毅選手と知りすごく嬉しくなりましたニコニコ


 亀田興毅選手本当におめでとうございます。

 世界ボクシング協会(WBA)ライトフライ級王座決定戦が2日、横浜市の横浜アリーナで行われ、世界初挑戦の同級2位、(19)=協栄=が、同級1位のフアン・ランダエタ(27)=ベネズエラ=に12回判定で勝ち、03年12月のプロデビューから12連勝で新王者となった。


 ◇親子の夢かなう


19歳8カ月での世界王座奪取は、井岡弘樹(グリーンツダ)の18歳9カ月(ミニマム級)、ファイティング原田(笹崎)の19歳6カ月(フライ級)に続く若さで、日本選手として3人目の10代世界王者。


 また12戦目は、世界ボクシング評議会(WBC)ミニマム級のイーグル京和(角海老宝石)と並ぶ国内歴代5位タイのスピード出世となる。


 WBAミニマム級元暫定王者のランダエタは2階級制覇に失敗した。


 http://www.mainichi-msn.co.jp/sports/battle/news/20060803k0000m050105000c.html


 

 

亀田 興毅
エグいほど強いで!!
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

欽ちゃん球団存続

テーマ:スポーツ
2006年07月22日

 欽ちゃんが野球を続けると言ってくれたので安心しましたニコニコ

 これからも、今までどうり楽しい野球をもっとうに頑張ってほしいです。

 所属選手の不祥事から、監督でタレントの萩本欽一さん(65)が解散を表明していた社会人野球のクラブチーム「茨城ゴールデンゴールズ(GG)」(茨城県稲敷市)の存廃問題で、萩本さんが22日、一転してチームの存続も示唆した。


 茨城GGは同日、新潟県魚沼市内での「魚沼市震災復興野球大会」で、新潟市出身のスポーツキャスター・青島健太さん(48)が監督を務めるセガサミー(東京都)と対戦。


 萩本さんは試合前のあいさつで観客を前に「(チームを)やめると言ったのは悪い夢だったのかもしれない。これだけたくさんの人から応援されたら、大好きな野球をやめちゃったらいけない。わかった。やるよ」と話した。

 http://www.mainichi-msn.co.jp/sports/feature/archive/news/2006/07/22/20060722dde041050085000c.html

いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

サッカー・ドイツW杯 イタリア優勝

テーマ:スポーツ
2006年07月11日

 サッカーのワールドカップドイツ大会は9日(日本時間10日)、イタリアの24年ぶり4度目の優勝で幕を閉じました。

 ベスト4は欧州勢のみで、守り優先チームの強さが目立った大会でした。


 それとフランスのジダン選手がイタリアのマルコ・マテラッツィ選手に頭突きには衝撃を受けましたえっ



 今回日本は1次リーグ敗退で終わりましたが良く頑張ったと思います。次回、4年後の南アフリカ大会に期待ですニコニコ

ドイツ大会成績

優勝    イタリア    欧州

準優勝   フランス    欧州

3位    ドイツ     欧州

4位    ポルトガル   欧州

ベスト8  アルゼンチン  南米

      ウクライナ   欧州

      イングランド  欧州

      ブラジル    南米

ベスト16 スウェーデン  欧州

      メキシコ    中米

      オーストラリア オセアニア

      スイス     欧州

      エクアドル   南米

      オランダ    欧州

      ガーナ     アフリカ

      スペイン    欧州

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

中田英寿:現役引退を表明 

テーマ:スポーツ
2006年07月03日

  テレビを観ていて、「中田英寿引退を表明」と言うテロップ(字幕)を見てビックリしましたえっ


 個人的には、まだ中田英寿選手のサッカーをする姿を見ていたかったので少し残念ですしょぼん、でも新らしい中田英寿選手っていうのも気になりますねニコニコ



 詳しくは中田英寿オフィシャルホームページ を読んでみてください。読んでいてジ~ンとしてしまいました。


 

 サッカー日本代表MFの中田英寿選手(29)=イングランド・ボルトン=が3日、現役引退を表明した。自身の公式ホームページ(HP)上で明らかにした。


 中田選手は「何か特別な出来事があったからではない。その理由もひとつではない」としつつ、「プロサッカーという旅から卒業し“新たな自分”探しの旅に出たい」と、引退理由について語った。


 HPによると、中田選手は「半年ほど前からこのドイツワールドカップを最後に約10年間過ごしたプロサッカー界から引退しようと決めていた」と、日本代表が1次リーグで敗退したワールドカップ(W杯)ドイツ大会を最後に第一線から退く決意を固めていたという。


 中田選手の所属事務所・サニーサイドアップ(東京都渋谷区)は、W杯での日本代表敗退後に話し合って慰留したが、中田選手の意思は変わらなかった。


 http://www.mainichi-msn.co.jp/today/news/20060704k0000m050124000c.html

いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

巨人、31年ぶりの10連敗

テーマ:スポーツ
2006年06月30日

 巨人は阪神にで0-11で敗れ、31年ぶりの10連敗を記録しました。


 10連敗は長嶋監督の就任1年目だった75年に球団記録の11連敗を喫して以来です。



 開幕後は、巨人は貯金もいっぱいあって勢いもあったので、少し気が早いが今季は巨人が優勝するんじゃないかと思っていました。それが、今では・・・。


 

 阪神が投打に圧倒。一回に敵失に乗じ先制すると、その後も3本塁打などで小刻みに得点を重ねた。巨人は拙守に加え、打線も阪神・下柳のテンポよい投球の前に無策。


 五回1死満塁の好機も小坂のゴロ併殺で逃し、75年9月以来の10連敗。


 連敗はついに「10」に達し、75年の長嶋監督1年目で記録した球団ワーストまであと「1」となった。6勝19敗に終わった悪夢の6月だが、月が替われば目覚めるという保証はない。


 http://www.mainichi-msn.co.jp/sports/pro/news/20060701k0000m050109000c.html

いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。