亀田大毅選手KO勝ちおめでとうございますニコニコ

 兄の亀田興毅選手の世界戦の判定騒動で精神的にもきつい中、勝利をつかむなんてすごいです音譜


 それと、10月下旬に亀田興毅選手とファン・ランダエタ選手との再試合が行う方向に進んでいるらしいです。


 世界ボクシング協会(WBA)ライトフライ級王者、亀田興毅(19)=協栄=の弟大毅(17)=同=が20日、横浜文化体育館でスーパーフライ級8回戦を行い、インドネシア・フライ級王者、ウィド・パエス(27)=インドネシア=に一回1分45秒KO勝ちした。これで今年2月のプロデビュー以来5戦5勝(4KO)となった。


 亀田大はガードを固めて前進し、様子見の相手に左フックを上下に打ち分けて圧倒。左フックでダウンを奪い、さらに左フックで倒した。


 金平桂一郎・協栄ジム会長は「(兄興毅の世界戦の判定騒動で)心が乱れたことはあったと思うが、コンディションを作る精神力は並ではない」と評価した。次戦はWBA総会(東京)の一環として9月27日(後楽園ホール、対戦相手未定)に行う予定。


http://www.mainichi-msn.co.jp/today/news/20060821k0000m050072000c.html

 

AD

コメント(4)