去年放送された、紅白歌合戦の視聴率が7年ぶりに上がりました。

 みのさん効果は、やっぱり大きいです。

 昨年大みそかに放送されたNHK「第56回紅白歌合戦」の第2部(午後9時30分~)平均視聴率が42・9%(関東地区、ビデオリサーチ調べ)だったことが2日、分かった。

 民放の格闘技番組などに押されて低落が続いていたが、7年ぶりに第1部、第2部ともに前年を上回った。

 民放からの“救世主”みのもんた(61)は「50%を目標にしていたのに、非力を嘆いている」とけんそんしたが、“視聴率男”の面目はなんとか守った。

 吉田対小川、曙対ボビー・オロゴン…。強力な裏番組を相手に、ギリギリで踏みとどまった。

 関東地区では、午後7時20分からの第1部が35・4%で、前年より4・6ポイントアップ、第2部も過去最低だった前回より3・6ポイント増えた。関西地区でも第1部が32・0%、第2部39・4%で、ともに前年よりアップした。

 一方、紅白の裏番組として定着した格闘技番組はTBS「K-1Dynamite!!」が14・8%、フジ「PRIDE男祭り」が午後8時~11時台で17・0%といずれも前年を下回った。

 格闘技ファンを食い合ったことや、放送時間の長さなどが影響したとみられる。

 http://www.mainichi-msn.co.jp/entertainment/news/20060103spn00m200003000c.html