真紅の薔薇に囚われて

真紅の病んでる心のままに…


テーマ:

ほの暗い部屋・・・----・・・・

咽返るような薔薇の香り

「ここは何処・・?」

「クフフ・・・目が覚めましたか?」

ドアが開いて男がひとり、部屋の中に入って来た。

「・・・貴方は誰?」

その時、有紗は自分の足首に付けられた銀の鎖に気付いた・・・---・・・

「クフフ・・・私は六道骸。貴女にはその鎖がよく似合いますよ。」

有紗は、骸と名乗った男の、燃えるような赤い右目に六の字を見た。

「あたしを殺すの・・・?」

恐る恐る聞いてみる。

「貴女を・・ですか?いいえ殺しませんよ。」

「それじゃあ貴方の目的は何?」

妖しい微笑みを浮かべながら、骸は答えた。

「貴女と愛し合うことです。」

・・・・----・・・???

あたしと愛し合う・・・・???

「何を冗談・・・・・・」

「冗談ではありませんよ。現に貴女は鎖で繋がれ、私から

逃れる術はありません。」

そう言いながら、骸は有紗に近づいてゆく。

「・・・やめて。来ないで。」

逃げ場を失った有紗の唇に、そっと触れる骸の唇・・・

「んん・・・・ん・・」

あたしは夢を見ているのだろうか?

でも、唇に触れる柔らかい感触は夢じゃない。

「教えて・・・貴方は何故あたしを?」

微笑みながら、骸は答えた。

「貴女は私の下僕だからですよ。」

言いながらも、骸の行為は止める事なく先に進んで行く。

「あ・・ん・・ふぅ・・」

有紗の快楽を、的確に引き出してゆく様は、やはり霧の

守護者の特性なのか・・・---・・・・

「クフフ・・・有紗、貴女は私のおもちゃ・・・」

骸・・・貴方はあたしをおもちゃにして、自分だけ満足してしまうのね。

切れない銀の鎖。

切れない貴方との関係。

そんな貴方が憎らしいのよ・・・----・・・・

でも、愛してるわ心から。

六道骸・・・貴方だけを。




-----・・・Fin・・・----


゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚


おしまいにゃ( ̄▽ ̄)=3

大体骸の夢書こうなんて無謀極まりないからね~(だよね~)

文章・・・てか小説自体成り立ってんのかこれ?

AD
いいね!した人  |  コメント(0)

[PR]気になるキーワード