天才と称される方々の言葉を凡人が理解しようとしてもそれは到底不可能である。

視えているものからして別モノであり、解釈も答えに至るプロセスも何もかもが別次元なのだから。

ゆえに天才は常に孤高であり、並び立つものがいないのだ。

しかしだ。

世の中には天才の皮を被った凡人が多数存在している。

もちろん秀才とは異なる、紛うことなき凡人だ。

天才を装うために言動がエキセントリックになるが、それにインテリジェンス的な素養が内包されていることはなく、ただただ理解し難い言葉が羅列されるだけとなる。

つまり、意味不明な供述を繰り返すのだ。

バールのようなモノで殴るかのごとく。

夢野久作の狂気は夢野久作だからこそであり、とりあえずトラックにはねられて異世界転生してしまうクソラノベではあの境地へ辿り着くことはできないのだ。

てか、天下のN社製アプリで異世界召喚とか許されないだろ!

原作ファンはおこだよ!

えー。

前置きが長くなりましたが。

本日はゴジャグの推定6を終日打ち続けることができますた。

4じゃないよ?

こぜ6だよ?

やったね俺!

というわけで。

皆さま風邪など引かないようご自愛くださいませ。

theEnd
AD