政府の拉致問題対策本部が昨年末に改訂した拉致被害者救出を訴えるパンフレットから、「拉致被害者の速やかな帰国」や「真相究明」といったこれまでの政府が最重要課題として掲げてきた項目が削除されていたことが15日、衆院拉致問題特別委員会で明らかになった。

 中井洽(ひろし)拉致問題担当相は答弁で「初めて見た。何もわからない」などと困惑。事務局の報告を受けて再度、答弁に立ち「作り直す」などと釈明した。

【関連記事】
田原氏のめぐみさん死んだ発言 家族会、BPO結果に大きなズレ
「闘う弊害になると感じる」 BPO審査に家族会・飯塚代表
寺越さん家族が拉致被害者認定を政府に要請
金賢姫元工作員と面会 韓国で警察庁担当者 日本招致めぐり
政府、金元工作員来日に向け韓国と協議
20年後、日本はありますか?

政権半年で首相「前に出て意思決定見せる」(産経新聞)
<東京大空襲>世話した孤児320人 きっと立派に(毎日新聞)
<清水建設>放射性コンクリ量100分の1に 削減技術開発(毎日新聞)
トランス社架空増資、鬼頭被告も逮捕(産経新聞)
主に陸で活動した両生類=3億年前の化石発見-米国(時事通信)
AD