北海道の陸上自衛隊矢臼別演習場(別海、厚岸、浜中町)で行われている在沖縄米海兵隊の実弾射撃訓練が1日、報道陣と地元関係者に公開された。前回訓練のあった08年は「指揮官を職務に専念させたい」などの理由で公開が中止され、地元自治体や道が公開を要請していた。

 公開は報道陣約30人と、自治体担当者や住民ら約40人との2班に分かれて順番に実施。155ミリりゅう弾砲の射撃訓練では、約10キロ先の着弾地に向け、3門の砲が地面を震わす「ドン」というごう音とともに火を噴き、十数秒後に「ズーン」と低い着弾音が届いた。

 5月26日から始まった今回の訓練では、29日と31日には、実弾射撃が原因とみられる野火が相次いで発生した。【山田泰雄】

【関連ニュース】
普天間:北マリアナ知事が親書 海兵隊受け入れで会談要請
那覇・米兵タクシー強盗:特殊部隊希望の米兵、起訴内容認める--那覇地裁
特集ワイド:今さらですが 在沖縄米軍の7割占める海兵隊 有事の「殴り込み部隊」
米軍岩国基地:新滑走路の運用開始 関係者ら、思い交錯--完成式典 /山口
米軍岩国基地:新滑走路、きょう運用開始式 /山口

500株のバラまとう 大手町のオフィスビル(産経新聞)
<自殺>乗用車内に練炭、男女が死亡 埼玉・毛呂山(毎日新聞)
国交省、国道など移管に前向き=出先機関改革で公開討議―地域主権会議(時事通信)
殺処分した家畜、空自新田原基地の用地に埋却へ(読売新聞)
民主・辻氏、検察審への問い合わせは「当然」(産経新聞)
AD