環境省は21日、新潟県佐渡市で放鳥されたトキのうち、卵を温める姿が確認されていたペアが20日に抱卵を中断したと発表した。長時間巣を離れており、この巣の卵はふ化しないとみられる。
 20日には、別のペアがカラスに卵を奪われている。ほかに抱卵しているペアはないが、同省佐渡自然保護官事務所の笹渕紘平自然保護官は「巣を作っているペアもおり、ふ化の可能性は残っている」としている。 

【関連ニュース】
期待のペア、ひな誕生困難=放鳥トキの卵、カラス奪う
トキ、ひな誕生の可能性=餌与えるしぐさ
放鳥トキの営巣確認=5組目、抱卵は確認できず
放鳥トキの卵、カラスが奪う=ペアの巣に飛来
放鳥トキ、卵捨てる=カラスがつつき割る?

東国原知事「殺処分の49頭まだ生かしている」(読売新聞)
殺処分、埋める場所ない…ワクチンは時間稼ぎ(読売新聞)
大久保元秘書を聴取=小沢氏処分近く協議―陸山会虚偽記載・東京地検(時事通信)
「いつか宇宙へ戻りたい」 宇宙飛行士の山崎さん帰国会見(産経新聞)
元横綱朝青龍から事情聴取 知人への暴行で警視庁(産経新聞)
AD