前国際通貨基金(IMF)副専務理事で元財務官の加藤隆俊氏はインタビューに応じ、「世界経済は回復の緒に就いた」との認識を示した上で、米ワシントンで今月開催される20カ国・地域(G20)財務相・中央銀行総裁会議については、各国の回復度合いに応じて景気刺激策を縮小する「出口政策」が論点になるとの見方を示した。
 加藤氏はまた、先進国が抱える巨額の財政赤字に関し「具体的な目標に基づいて計画的に減らす姿勢を示すことを市場が期待している」と強調。「その意味での『出口』対応を詰め、国内的合意を得る段階にきている」とも述べた。
 ただ、財政支出の削減は「直近の景気見通しとの関係で検討する話」であり、直ちに行う必要はないとし、「(財政再建は)5~10年の単位で考えるべきだ」と指摘した。 

堺の男児死亡 「4~5日前から数回繰り返し腹を押さえた」 同居男を送検へ(産経新聞)
セフカペン製剤の特許訴訟で勝訴―沢井製薬(医療介護CBニュース)
<田辺三菱製薬>業務停止25日…子会社が製剤データ改ざん(毎日新聞)
官房長官、高速上限制度反対は「理解に苦しむ」(産経新聞)
<小沢幹事長>党内結束を訴える(毎日新聞)
AD