野田佳彦財務副大臣は21日、民放の報道番組に出演し、4月に実施予定の「事業仕分け」の第2弾に参加する国会議員の人数について、「(昨秋の第1弾は)少なすぎる気はした。倍くらい(の国会議員が)必要ではないか」と述べ、15人前後に増やすべきだとの考えを示した。
 第1弾では、当初、民主党の国会議員30人程度が、事業の必要性を評価する「仕分け人」として参加する予定だったが、党側が難色を示し、7人に減少。国民新党から1人が加わったが、計8人にとどまった。そのため、民間人の比重が高まり、判定結果の正当性に疑問があるとの批判が省庁などから上がっていた。 

首相動静(2月22日)(時事通信)
<裁判員裁判>検察側は無期懲役求刑 鳥取強殺事件(毎日新聞)
自称霊能力者ら再逮捕=女性に薬物、殺人容疑など-大阪府警(時事通信)
日米「核の傘」初協議、「密約」検証も議題か(読売新聞)
予算案 与党3党、3月1日の衆院通過で一致(産経新聞)
AD