政府が22日の閣議決定を目指す財政健全化計画の全容が18日、明らかになった。2011~13年度予算の骨格を示す「中期財政フレーム」では、新規国債発行額について11年度は10年度の約44兆円以下を努力目標とし、それ以降も「着実に縮減させる」との方針を盛り込んだ。国・地方の公的債務残高が10年度末には国内総生産(GDP)比1.8倍の862兆円に膨らむことから、国債の大量発行を極力抑制する姿勢を示す。
 また、中期財政フレームでは、消費税を含む税制の抜本改革について「早急に具体的内容を決定」と明記。政策経費である一般歳出と地方交付税を合わせた「歳出の大枠」については、「実質的に前年度以下に抑制する」との指針を打ち出した。これにより、10年度予算で一般歳出(53.5兆円)と地方交付税(17.5兆円)を合わせた71兆円が、13年度までの歳出の上限となる。ただ、菅直人首相が掲げる「経済、財政、社会保障の一体的強化」のための施策については、恒久的な財源を確保すれば歳出の増額を可能とする。
 また、中長期的な財政規律の在り方を示す「財政運営戦略」は「国民の安心と希望のために」との表題を付け、基本方針に「安心と成長のため必要な費用を国民の間で分担する」と掲げて、増税の必要性を改めて強調。そして、国・地方の基礎的財政収支(プライマリーバランス)について、遅くとも15年度までに赤字幅の対GDP比を半減させ、20年度までに黒字化を達成。21年度以降は公的債務残高の対GDP比を安定的に低下させるとした。 

【関連ニュース】
「首相は頭冷やせ」=国民新・森田氏
選挙でマイナスにならない=首相の消費増税発言で
消費増税なら衆院解散=仙谷官房長官
みんなの党公約要旨
国家公務員、10万人削減=みんな公約

梅雨晴れ間、各地で真夏日=九州では大雨も―気象庁(時事通信)
赤信号でエンジン切る→下り坂、7台と接触(読売新聞)
<大相撲>大嶽親方から警視庁が聴取(毎日新聞)
「予選突破だ」応援ツアー出発=岡崎選手の家族も―成田空港(時事通信)
岡田監督が菅首相に「コンディションは徐々に上がっている」(産経新聞)
AD
 企業のトップに、読者からのさまざまな悩みについて答えてもらうシリーズ「“働く”について聞いてきた」。職場で尊敬できる先輩がいない……という人の悩みに対し、佐川フィナンシャルの長尾秀樹社長はどのように答えたのだろうか。

<男性24歳Kさん、不動産会社>
職場で尊敬できる先輩がいません。社会人になる前に、ある人からこのようなことを言われました。「会社で尊敬できる人を見つけろ」と。しかし上司の仕事を見ていても「ああいう人にはなりたくないなあ」と思ってしまうことばかり。無理に尊敬する人を見つけなくてもいい、とは思うのですが……。○○社長は尊敬できる先輩はいらっしゃいましたか? もしいらっしゃれば、その方のどんなところを尊敬していましたか?

●いいところを吸収していけば

 「尊敬」できる会社の上司・同僚を見つけろ、という知人のアドバイスはなかなか妙案ですね。もしかしたら、Kさんはそのアドバイスをしてくれた方を尊敬しているのではないでしょうか? しかし残念ながら、同じ職場ではないことから、今回のような悩みを抱えているのかもしれませんね。

 やはり長い人生、尊敬できる人はたくさんいたほうがいいです。職場、趣味の集まり、大学同窓などKさんのさまざまな生活場面で尊敬できる人をキープしておくことが大切でしょう。中でも一番生活時間の長い会社は重要な場面ですね。

 ただ、尊敬とはどういうことでしょうか? 会社では上司と部下、先輩と後輩、同僚といったさまざまな関係の中で仕事をしています。Kさんがイメージしている人物は、どうも上司・先輩といった目上の人のような気がしますが、同僚などにも目を向けてみてはいかがでしょうか。もし会社で同期がいれば、世代的にも同じなのだから、単純に「いい奴だ」とか「話が分かる」というレベルでもいいと思います。

 ひょっとして、Kさんは尊敬という言葉を重く考えているのかもしれません。「能力的にも、全人格的にも優れている」などと思わずに、あくまで会社の中の話と割り切って、思考・行動などで参考になる、と考えるのはどうでしょうか。

 私はこれまでの社会人人生で、4人の方にインパクトを受けました。それは今も、私の仕事のスタイルに残っています。ただ、その4人が全員「人格的に優れている」とは言えません。

 こんな方法を試してみてはいかがでしょうか。Kさんがすごいなあと思う、仕事のやり方や接し方などを書き出します。そしてそのことを実践している人を見つけ、いいところを吸収していけばいいのです。尊敬する人を見つけることはできないかもしれませんが、きっと仕事をしていくうえでプラスになると思いますよ。

【関連記事】
上司が“無能”で困っています……どうすればいいでしょうか
人は能力さえあれば、成功を手にすることができるのか?
「結婚=生活が苦しくなる」と考えない方がいいですよ

<3人死亡>心中か 車内で女性と男児 秋田・横手(毎日新聞)
線路脇に三脚、「撮り鉄」異例の書類送検(読売新聞)
大阪市営バスが乗用車に追突、3人けが(産経新聞)
都内や神奈川で被害総額3600万? 窃盗容疑で中国籍の男ら逮捕(産経新聞)
ネット選挙の現場 「県内ブログの上位にランク」自民党・高野光二郎氏 高知(産経新聞)
AD
 北海道の陸上自衛隊矢臼別演習場(別海、厚岸、浜中町)で行われている在沖縄米海兵隊の実弾射撃訓練が1日、報道陣と地元関係者に公開された。前回訓練のあった08年は「指揮官を職務に専念させたい」などの理由で公開が中止され、地元自治体や道が公開を要請していた。

 公開は報道陣約30人と、自治体担当者や住民ら約40人との2班に分かれて順番に実施。155ミリりゅう弾砲の射撃訓練では、約10キロ先の着弾地に向け、3門の砲が地面を震わす「ドン」というごう音とともに火を噴き、十数秒後に「ズーン」と低い着弾音が届いた。

 5月26日から始まった今回の訓練では、29日と31日には、実弾射撃が原因とみられる野火が相次いで発生した。【山田泰雄】

【関連ニュース】
普天間:北マリアナ知事が親書 海兵隊受け入れで会談要請
那覇・米兵タクシー強盗:特殊部隊希望の米兵、起訴内容認める--那覇地裁
特集ワイド:今さらですが 在沖縄米軍の7割占める海兵隊 有事の「殴り込み部隊」
米軍岩国基地:新滑走路の運用開始 関係者ら、思い交錯--完成式典 /山口
米軍岩国基地:新滑走路、きょう運用開始式 /山口

500株のバラまとう 大手町のオフィスビル(産経新聞)
<自殺>乗用車内に練炭、男女が死亡 埼玉・毛呂山(毎日新聞)
国交省、国道など移管に前向き=出先機関改革で公開討議―地域主権会議(時事通信)
殺処分した家畜、空自新田原基地の用地に埋却へ(読売新聞)
民主・辻氏、検察審への問い合わせは「当然」(産経新聞)
AD